上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
どうも、復活の狼煙を上げてたぶんすぐ下げるU1です。
今の仕事で久しぶりに「アルゼンチンアリ」の単語を見かけたのでついつい記事にします。
こんなところにも外来生物の影響が!っていう感じで面白いですよ。

今私は不動産業界にいるわですが、宅建(宅地建物取引士)試験に合格すると、(一財)不動産適正取引推進機構のメルマガに登録できるんです。そこでは行政やマーケットの動き、トラブル事例の紹介やトラブル予防のための知恵・心得などが配信されています。

今日送られてきたそのメルマガのトラブル予防の知恵・心得に、アルゼンチンアリが出てきたんですよ。
内容をまるっと書き写すと何か問題が起きそうなので、概略で説明しますね。

Q:戸建て住宅で部屋の中まで侵入してくるアリ(アルゼンチンアリ)がいるけれども、その状況って住宅を売るときに説明が必要ですか?
A:アルゼンチンアリの駆除にはすごい時間と費用がかかりそうですね。買った人が事前にそれを知らされてなかった場合、訴えられる可能性もありますからちゃんと買主や仲介業者さんには説明して了解をもらっておいてくださいね。

不動産取引では「口頭で説明しましたー了承もらいましたー」では済まず、重要事項説明書に残していかなければならないような内容ですから、不動産屋さんは私の概略を鵜呑みにせず専門家に相談したり調べなおすと思いますが、アルゼンチンアリが侵入してるお宅の売却を検討している方も必ず専門家や不動産屋さんに相談してほしいと思います。
まあ概ねこんなことがあるわけですね。

つまり、アルゼンチンアリのせいで不動産取引に手間が増えた。というか、住宅内にアルゼンチンアリがいることで、ちゃんと説明しないと訴訟を起こされる可能性が増えた。ということです。
場合によってはアルゼンチンアリがいるのが嫌で住宅の売買が滞ったり、購入者が付きにくくて住宅価格が若干下がるかもしれない、なんてことがあるのです。

外来生物の意外な影響を見た気がしました。昔は生態系への影響ばかりに目が行ってましたが、経済活動へも地味~に影響を与えていたのですね...。
アルゼンチンアリの殺虫剤を作る会社はそれはそれで儲かるのかもしれませんし、研究開発費を回収できるほどではないのかもしれませんので、どの程度その業界の経済活動に影響があるかは知りませんが、住環境に近いとそういった業界(ペストコントロール的な)へも影響を与えると思います。というか実際に影響しています。

いろいろ言いましたが、業界が変わらないと見えないものもあるんだなぁということでした。
以上!
スポンサーサイト
2016.11.01 / Top↑
大変お久しぶりです。U1でございます。
かれこれ3年ぶりの記事投稿になります。ブログは開設してから11月28日で9年になりますが、さすがに私も大学生から大学院生を経て社会人になり荒波に揉まれ、諸般の事情で転職し、いろいろと環境が変わりました。

経歴としては、農学系大学生→農学系大学院生(NPOで研修したり、科博でSC研修したり)→環境系公務員→不動産業、と最後だけ謎の転身を遂げていますが、概ね自然環境についてやってきたわけであります。
今から思うと、学生のときは社会を全く知らなかったため、外来生物対策は全て理想論でしかなかったなぁと思います。
社会に出て、お金のことや契約のことや予算のことや、現場のことや関わっている人々やそれぞれの立場や、様々な法律や条例や規則や、個体数調整か根絶かといった目的の違いなど様々なことを目の当たりにすると、問題解決には非常に多くの細かい作業や調整が必要になっているんだなぁと感じました。

かつてはお金かけて一気にばーんと駆除しちゃえばいいんだよ!なんて言ったこともありましたけど、そう簡単には行かないですね。
お金の出どころは?市?県?国?行政は予算を組まないと支出できないし、その予算が付くかどうかわからない。一般ピーポーがひょこひょこ役所に行って、「外来生物を駆除したいからお金出してください!」って言ってもそう簡単につくことはない。その年の支出内容は前年に決まっていますからね(例外もまれにありますが)。「どこそこの外来生物が大発生しているから、いまのうちにお金かけてやっちゃえばいいと思います!」といったところで、「大変貴重なご意見として承ります」といわれるだけ(次年度には動くかもしれませんが)。これは、やる気がないのではなくこの国の行政システム上やむを得ないことなんです。あと、本当にヤバイ外来生物はすでに対策が打たれており、行政も優先順位をつけて作業してます。お金も人員も限りがありますから。

お金もさることながら、作業員はどう集めるのか?ということも問題になりますね。最近では各地で駆除イベント(石垣島のオオヒキガエルの駆除イベントのような)がありますが、啓発活動の面もあり、それだけでは根絶には少し道のりがかかります。駆除は一日にして成らずなので、頻繁に罠を見回ったり、頻繁に捕獲活動してくれる人が必要なのです。そのような人をうまく確保できるのか?という問題もあるわけです。

ついでに、その作業が本当に効果的かを検証しなければいけません。極端な例えですが、外来植物が花をつけて実をつけて散布した後(例えば秋の後半)に、外来植物本体の駆除作業をしたとします。来年春にはたくさんの芽がでるでしょう。まったく知識のない状態で始めてしまうと、いたちごっこなわけですね。その知識を持てる人も必要ですし、検証できる人も必要です。必ずしも検証しなければならないわけではありませんが、検証なしで根絶できた場合、他の場所でも導入したいのにうまくできないということもあるでしょう。

いきなり重めの内容になりましたが、まあそのような感じで現場のあれこれを体験して、外来生物対策ってなんだろうか、どこに向かうのだろうか、やり遂げられる事なのだろうか、このブログの意味ってなんだろうか...と迷宮に入り込んでしまい、全く書かなくなってしまったわけです。
環境系公務員時代に書いてしまうと守秘義務云々や(もちろん今でもその守秘義務は守らなければいけませんが)、同じ職場の方々からあれこれ言われる可能性があったり、単純に「調べて書く」という時間が取れなかったりというのもありますが...。

そんなわけで、ここ数年間気ままに追わない外来生物の時代がありました。
今では仕事がまったく自然とは無関係の業界になり、入ってくる知識や情報が別物になりましたが、こんな時間にブログを更新してるくらいに以前よりも調べて書く時間と心のゆとりが出てきましたので、チマチマと気ままにやれる範囲でやろうと思います。

今日この記事を書いたのも、今の仕事で外来生物にかかわる情報を得たから久しぶりにブログ見てみるか~、という軽い気持ちですし。

気になったら調べるし、やる気がなければやらない感じでまた気ままにやっていこうと思います。以前のような専門性も使命感もありませんので、素人がまたなんかやり始めたな、くらいで見ていただければと思います。

なお、コメントについても気ままにお返事しなかったりしますし、ブログ上で議論するつもりも毛頭ありません(前述のように昔ほどの使命感がなく、単なる趣味)ので、ご容赦ください。

それではまた気長によろしくお願いします。
2016.11.01 / Top↑
あけましておめでとうございます。
昨年はあまり記事が書けず、ほぼ更新ストップ状態でした。

一応いろいろなニュースはチェックし、「こういう記事を書こうかなぁ」くらいまでは行っていたのですが、どうにも手がつかず・・・。
やってみたいこと、書きたいこと、まだまだ沢山あるのですが、すみません、少々多忙につき再度ブログの更新をストップいたします。

また不意に再開すると思いますが、ちょっと心身多忙につきお休みさせてください。
といってもどれだけの方がご覧になっているかわかりませんが・・・。

ブログ自体をやめるわけではありませんので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
乱文失礼いたしました。
2013.01.05 / Top↑
こんにちは、U1です。

ツイッターで「上海ガニがドイツで大繁殖」というニュースが流れてきたので、調べてみました。

まずは、日本で流れたニュース。

テレ朝news ドイツで上海ガニ大繁殖…思わぬ高値取引に歓迎も(2012/10/14)
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221014012.html

上海ガニ、つまりチュウゴクモクズガニは日本でも特定外来生物に指定されており、生体の飼養運搬はもちろん生体での輸入も禁止されている生物です。
そのチュウゴクモクズガニがドイツで大繁殖しているようです。あまりにも大繁殖したため、中華料理店に卸し始めたところ、結構売れるようで、輸出するようになった、というニュースでした。ニュースでは、漁業関係者が「外来生物による損失よりもそれを売って得た利益の方が大きい」と言っていると報じています。

これだけではいまいち状況が理解できないので、もう少しインターネットで調べてみました。

レコードチャイナ 上海ガニがドイツの生態系を破壊、損失額は80億円に―中国紙(2012/09/04)
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=64367

こちらの記事は1か月前に書かれていますが、もう少し詳しく書かれています。チュウゴクモクズガニがヨーロッパに持ち込まれた時期や、それによる損失額も記載されています。また、こちらの記事でドイツには淡水ガニはいないというのをはじめて知りました。ただ、効果的な対策ということで漁師が中華料理屋に卸すということは書いてあります。
ドイツではカニを食べる習慣はないのでしょうか?

ほかには、このような記事も。

サーチナ 中国の上海蟹がドイツで繁殖、損失は8000万ユーロにも(2012/09/03)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0903&f=national_0903_040.shtml
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0903&f=national_0903_041.shtml

こちらの記事は上の2つの記事よりもさらに詳しく書かれていました。ミュンヘン大学の生物学教授のコメントも載っております。ただ、その内容に「自然界の発展における正常な過程」とあり、そうなのかなぁ?と疑問を呈したい部分もあります。他にはドイツ漁民が今までどのように上海ガニを扱ってきたかも載っておりました。
最終的にはやはり上海ガニを売り出すようになった、というところで締められています。

ドイツだけじゃありませんでした。
レコードチャイナ 上海ガニがテムズに氾濫=生態系を破壊する可能性も―英国(2010/11/18)
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=47138

こちらは2年前の記事ですが、この時点でイギリスのテムズ川で大繁殖しているというのが報じられています。しかも、移入された時期も100年前であると報じています。チュウゴクモクズガニはドイツやイギリスといったヨーロッパに100年前に渡っていたんですね。さらに、こちらの記事でもチュウゴクモクズガニの駆除として「食べてしまうこと(アジアへの輸出)を検討している」旨書かれておりました。イギリスでも食べる習慣はないため、食べる習慣のあるアジアへ輸出しようという計画のようでした。現在はもう輸出を始めたのでしょうかね・・・?

イギリスのサイトで、こんなものも発見しました。
Mitten Crab Recording Project
http://mittencrabs.org.uk/
イギリスにおけるチュウゴクモクズガニの分布状況を調べているサイトのようです。
Mitten Crabはモクズガニのこと。毛がもじゃもじゃ生えた第一鋏脚(はさみ)を、ミトンに見たてているのですね。

他の国にどこまで分布しているのかは知りませんが、下記の記事にはDuring the 1920s and 1930s the crab flourished, spreading throughout Europe. It has invaded waterways from Scandinavia in northern Europe to the Atlantic coasts of France and Portugal in the south.と書いてありますので、1920~30年代に増殖し、ヨーロッパへ広がっていったのでしょう。北欧スカンジナビア半島(ノルウェー・スウェーデン)から、南はフランスやポルトガルの大西洋沿岸に侵入しているようですね。また、同じ記事には北アメリカやイギリスでも数が増えていることを伝えています。
ロンドン自然史博物館 Chinese mitten crabs
http://www.nhm.ac.uk/nature-online/life/other-invertebrates/chinese-mitten-crabs/index.html

さてさて、こんなに大西洋に幅広く分布しているチュウゴクモクズガニ。中華料理屋の上海ガニは世界広く進出しているとは思いますが、まさか生体の方もこれほどまで世界に侵出しているとは思っていませんでした。世界の侵略的外来生物ワースト100に入っているだけのことはあります。
ドイツは環境先進国でもあり、近自然河川工法も確か盛んだったと思いますので、それがさらに住みやすい環境だったのかも知れません。

一番最初にニュースを見たとき、歓迎しているという部分になんだかもやもやしましたが、ここまで大西洋全域に拡大しており、また、漁師にとっては生活がかかっているので、そのようなコメントは仕方がない部分はあると思います。
日本においては、この方法はあまり成功していません。特に対外輸出となると、実例としては戦後の外貨獲得のため、ウシガエル養殖とその輸出をした過去がありますが、結果は現在の状況です。

自分たちが消費しないものを歓迎して輸出しても、相手国が輸入しなくなれば、その方法は使えなくなります。実際、中国は上海ガニの生産国ですし、中国への輸出は中国の規制があるようですね。
おそらく、今は上海ガニの儲けが良くても、どこかで相手の輸入が止まり、あるいは価格が下落して売れなくなれば、また利用はストップすると思います。地産地消のように、できれば継続的に捕獲が続けば良いと思うのですが。

上海ガニの捕獲を続けて、数が減った頃に在来生物の数が回復し、漁師さんたちも上海ガニで儲けて、そのあと引き続き自分たちが消費する魚をとれるようになればいいのですが、世の中そううまくは行かないのでしょう。
チュウゴクモクズガニが大繁殖している国の地元住民や行政はどのように考えているのでしょうか。問題視して取り組もうとしているのか、あるいはあまり気にしていないのか。

今後、世界的に広がっているチュウゴクモクズガニを諸外国はどうしていくのか、動向を見守りたいですね。
2012.10.14 / Top↑
みなさまこんにちは。U1です。

前回の外来生物特別展示に引き続き、またまた名古屋港水族館で特別展をやっていました。
外来生物に特化していたわけではありませんが、名古屋の港の外来生物も展示されていると聞いたので、ついつい見てきてしまいました。水族館好きだし、家から自転車で行けちゃうので、行ってまえ!と思い立っちゃったのです。

それでは、名港水族館に行く過程と水族館の展示をご紹介しますね!

去る8月26日(だいぶ前だなぁ)、自転車で周囲をうろつきながら、名古屋港水族館を目指しました。
私は現在名古屋市港区在住で、水族館に行くまでに運河をひとつ越えます。

その運河とは、中川運河

IMGP2539.jpg
奥に見える観覧車がある方向が海です。
観覧車は名古屋港シートレインランド(入園無料、アトラクション有料)のものです。

この中川運河は、外来ガニの「ミナトオウギガニ」が日本で初めて確認された場所です。
何の変哲もない、ただの川に見えます。・・・いえ、ただの川ですね。
このミナトオウギガニは後ほど水族館で出てきますので、お楽しみに。

さて、中川運河を渡り、名古屋港水族館を目指しました。

入館してから、相変わらず海獣類の南館を素通りしようとしましたが、ベルーガに赤ちゃんが生まれていたようで、チラ見してみました。しかし残念ながら公開時間ではなく、見ることはかないませんでした。

というわけで、やっぱり素通りとなり、意気揚々と南館を目指し、開館20周年特別展「名古屋港水族館20年の歩み」というパネル展示や常設展を見た後、あの場所を目指してやってきました。

IMGP2575.jpg
あそこだ!

南館1階「海のギャラリー」にて、「名古屋港の生きもの 都会で見つけた命」の特別展が行われていました。

さっそく中に入ってみると、名古屋港の生きものたちやその情報が書かれています。
その一角に・・・、ありました!外来生物展示コーナー!!

IMGP2590.jpg

前回のように外来生物に特化していたわけではないので、コーナーは大きくありませんでしたが、前回展示されていなかった名古屋港の外来生物が展示されております!!

特に、普通ではお目にかかりにくいイッカククモガニと、まだ一般的には知名度の低いミナトオウギガニは必見です。イッカククモガニの生体は始めてみました。

IMGP2581.jpg
イッカクさん。

IMGP2585.jpg
ミナトさん。これがあの中川運河にいたのですね・・・。
ちなみに、中川運河以外の名古屋港周辺でも、ミナトオウギガニは見つかっています。
近くの藤前干潟でも発見例があるようです。

IMGP2584.jpg
言わずと知れたチチュウカイミドリガニ。でかー。

その他にも、ムラサキイガイやミドリイガイ、コウロエンカワヒバリガイなども展示してありました。
外来生物は、いくら数が増えているからとはいえ、専門外の方が意識して見ようとしても、なかなか見られるものではありません。見分けられませんし。このように展示して生体を見る機会があるのは、とてもよいことだと思います。

展示の中で気になったのは、それらの生きものの影響についてはほとんど書かれていないことでした。
無論、水族館や特別展という性質から、あえて書かなかったのだと思います。

しかし、私はそれ以外にも思うところがあります。
それは、海の外来生物の影響がどのようなものか、研究があまり進んでいないことではないでしょうか。
イガイにしろ、フジツボにしろ、何かしらの影響は与えていると考えられているけれども、数値化されていないのではないでしょうか。イガイなんかは水質浄化という「イイ」側面も持っていますし・・・。
チチュウカイミドリガニも、特段獰猛というわけではありませんし、イッカククモガニもどのような影響があるかわかりません。ミナトオウギガニも同様です。

何かしら影響が数値化されて、客観的に「まずい」と判断できる状況にない、というのが実情ではないでしょうか。もしどなたかこれらの生きものの影響について、客観的に判断できる情報をご存知でしたら、是非ともご教示ください。

さてさて固い話はこのあたりにしておきましょう!
記事を書いているうちに気になったので、今回展示してあった生きものたちの法律、条例、各種指定を調べてみました!
特定外来生物(外来生物法)
要注意外来生物(外来生物法)
条例に基づく移入種(愛知県「自然環境の保全及び緑化の推進に関する条例」)
日本の侵略的外来生物ワースト100(日本生態学会)
世界の侵略的外来生物ワースト100(IUCN)
無:指定なし

■甲殻類
チチュウカイミドリガニ
ミナトオウギガニ
イッカククモガニ
タテジマフジツボ
■軟体動物
コウロエンカワヒバリガイ
ムラサキイガイ
ミドリイガイ

うん、要注意外来生物が多かったですね!
要注意外来生物は、法律で規制されているわけではないので、飼育可能です。
県条例公表種は飼育可能ですが、野外に放つことは禁止されています。
特定外来生物は飼育も運搬も基本的にはだめですからね~。

何を隠そう、実は私も家でミナトオウギガニを飼っていたのですよ!何を食べるのか知りたかったのです。
チチュウカイミドリガニも飼っています。今でも飼育中です。
もし今度時間があれば、飼ってた生きものたちを記事にしたいと思いますので、期待せずに(笑)お待ちください!

それでは今日はこの辺で。


名古屋港水族館HP:http://www.nagoyaaqua.jp/aqua/index.html
2012.09.23 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。