上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
お久しぶりです。ゆーにです。更新が1ヶ月もないという非常事態でした。

将来のために就職活動(試験)がつづいており、その勉強のために更新をストップさせておりました。ご心配をおかけし、まことに申し訳ございませんでした。

今後も就職先が決定しない限りは不定期の更新となりうるかもしれませんが、是非寛大なご容赦をお願い申し上げます。


・・・と、のっけから堅苦しい文章になってしまいましたね。

今日の記事は、外来生物研究者のジレンマについてです。
研究者全員が思っているとは限りませんが、私が常々実感していることを文章化してみたいと思います。思いっきり自分のトウネズミモチ研究のことなのですが、自分が研究していく上で少しだけ悩んでいる部分なので、どうぞお付き合いください。


外来生物研究のジレンマ

このジレンマは特にまだ問題になっていない種を研究しており、かつ予防法や駆除方法の効果を調べている人に起こりやすいと思われます。

それはなぜでしょうか。

研究、特に実験というのは、用いる材料を多くしなければなりません。
なぜなら、1つの材料でAという結果が出たとしても、それは本当にその実験の効果なのか、それともたまたまAという結果がでただけなのかわからないからです。
つまり、ある1本の外来樹木を駆除実験をして、その結果枯死したとしても、その枯死した要因が行った作業によるものなのか、はたまた弱っていたところに作業した結果枯死しただけなのかわからないということです。

生物を用いる以上、その結果には生理的なもの、生態的なもの、その生物の個性などで結果が大いに変わってしまうのです。

この結果は、実験に用いる材料の数を増やせば、真に近い結果が出るといわれています。
例えば、ある駆除実験を100本の同じ大きさの樹木に施し、その結果大部分が枯死したら統計的にも駆除実験によって枯死した、といえるようになるのです。

ここで問題になるのが、その実験に用いる数。
統計解析からその結果を真というためには、限りなく条件の同じ個体をたくさん用意しなければなりません。
信頼性のあるデータにするためには、莫大な数の材料が必要になるのです。

樹木を駆除する実験にあたって、その結果を効果的or効果がないとするためには、同じ樹齢同じ大きさほぼ似た形の個体を数十本、かつその樹齢や大きさを変えて繰り返し実験しなければ、どの大きさでは効果的で、どの大きさでは効果的でないかもあらわせないのです。

逆に言えば、たとえば樹高5mのもの数十本駆除実験したとし、その結果効果的であると判明したとします。しかし、それは樹高5mのものには効果的だが、それ以外には不明である、例えば樹高10mには効くかも効かないかもわからないし、樹高1mのものにも効くかどうかもわからないのです。

つまり、私は現在外来樹木の駆除方法を体系化しようとしていますが、さまざまな方法の実験を行い、かつ大きさもかえて統計的に真という結果を出して体系化するためには、それはもう莫大な個体数が必要となるのです。

では莫大な個体数を得て実験するにはどうするのか。

われわれ生態系分野の研究者は、基本的には実験室内ではなく、フィールドに出て調査・実験を行います。外来生物駆除を研究する人々もそうです。

そこで、フィールドで外来種研究者が実際に駆除実験を行い、結果が統計的に真と言え、信頼に足りうる実験データが得られたとしましょう。

それはつまり、実験で非常に多くの個体を使うことができたということです。

それが何を意味しているかわかりますか?
個体数が莫大で、生態系にすでに多大な影響を与えていると共に、もはや根絶は不可能ということなのです!

個体数が増えすぎ、日本中に蔓延してしまったブラックバス・ブルーギルは、もはや根絶は不可能といわれております。セイタカアワダチソウなんかはアレロパシーを持っており、他の植物に影響を与えておりますが、数が多すぎて特定外来生物に指定されておりません。

特定外来生物ではなく、要注意外来生物にせざるをえない生物の理由の一つに、広く分布してしまっており、もはや駆除が困難、というのがあります。

単純に個体数が増えれば駆除が困難になるのは、自明の理です。

ジレンマというのは、信頼に足る駆除結果のデータを得るためには、莫大な個体数を材料として用いなければならないが、信頼に足る駆除結果が出たとき、それはもはや根絶不可能ということをさしているのです。

逆をいえば、根絶可能ならば信頼に足る駆除結果は得られないのです。

外来種は予防が原則です。予防法を講じるために実験を行いますが、その結果は統計上は信頼し得ない。
研究し、納得のいくデータを得るには相当な個体数が必要である。
しかし、その個体数が国内にある場合、もはや根絶が不可能である。


という外来生物駆除研究者のジレンマでした。


解決方法としては統計を用いないことなんです。
そうすれば個体数は気にしなくて済みますからね。

ただ、現在の実験の研究界では、統計による手法が一般的過ぎるんです・・・。
おそらく統計を使わなければ、単なる参考のデータとしてしかとらえられないでしょう。

私は参考になるなら、実際に使ってくれる人が現れるならば参考のデータでも構わないのですが、修士という立場上、論文を書かなければいけないという立場上それも難しいところなのです。

日本には昔から匠のワザ、といわれるように科学的根拠ではなく経験的根拠を認めることがありますよね。
まさか匠のワザについて全てが偶然だ、なんていわないでしょう。

研究の世界でもそこまでとはいいませんが、もう少し経験的根拠を認めてくれてもいいのではないかと希望してしまいます。
経験は科学ではないから難しいのでしょうけれど・・・。

経験を何とか科学的に証明できるようになれば、より科学の幅が広がるかもしれません。

頭の片隅で、経験を科学的に認められる方法、考えてみようかな。
スポンサーサイト
2009.05.11 / Top↑
どもー、ゆーにです。珍しく本日2つ目の更新。

トウネズ酒、正式名称女貞酒。

忘年会および新年会で飲んでみましたよ!

仲間数人を生贄に巻き込んで・・・。


忘年会では、仲間のお酒マスターに何で割るべきかを聞き、皆で割って飲んでみました。

割るドリンクは水、サイダー、ウーロン茶、野菜ジュース。

結果からいえば、当たり外れの大きいこと大きいこと。
むしろ当たりなんてなかった。


トウネズ酒はやっぱりニオイが独特です。
なんだろう、豆みたいな。。。生の小豆みたいなニオイがします。決して御汁粉のニオイではないですよ!豆みたいなニオイ。

味は・・・記憶のかなたです。味よりもニオイがきついです。
ただ、最初から薬酒ととらえて飲むならばそんなにきつくないですね。
あぁ、こんなもんか程度です。

さぁ、上記の割る液体のなかで、はずれはどれでしょう!

正解は・・・ウーロン茶。

・・・カオス!

なんていうか・・・青汁以上のひどさ。

ウーロン茶の独特の風味、トウネズ酒のニオイそれぞれが手を取り合って不協和音をばら撒いてるイメージでした。本気で不味いと思った、20代の夜。昼だったけど。

他の割りものの感想は・・・
水は普通です。少し飲み易くなります。
サイダーはニオイを打ち消してくれるので、抵抗が少しなくなります。
野菜ジュースはそっちのほうが強すぎて、トウネズ酒かどうか怪しくなります。ただ、野菜ジュースの中からひょっこりトウネズ酒が顔を覗かせてるイメージですね。

割る量を変えたりすると相当雰囲気が変わると思いますので、あくまでも参考ですけれど。

個人的には少量をお湯で溶かして寝る前に飲む、見たいな感じがいいのかなと思いました。

決して酒盛りで出すものではないと思います。
中国で薬酒として用いられていたので、当たり前ですけれどね。

試そうとして試せなかったのですが、アセロラとか柑橘系のもので割るとどうなるか、果たして飲みやすくなるのか、今度やらないといけませんね。

また研究室などで飲み会があるときに、ダークホースとして持っていきましょう。
単なるダークかもしれませんが。

滋養強壮のために飲む、そんなお酒でした。
2009.01.19 / Top↑
どもー、ゆーにです。ついこの間、雪が降ったといわれる大雨の日、実験してまいりました・・・。実験といっても作業ですけど。

なので、そのご報告を。
NPO法人の生態工房さんと公園のサービスセンター長に協力していただき、実験をすることができました。感謝です。

巻き枯らしとは、樹木の樹皮をぐるっと一周剥ぎ取り、木を立ったまま枯らす、という方法です。
環状剥皮して枯らすことを言います。
除草剤などは使わず、ナタやノコを使うので環境面では安全ですね。

スギやヒノキ林で間伐するとき、あまりにもやりにくい場所であるとか、伐採木を運び出せない場合で用いたりします。

重機を投入しない、チェンソーも使わないので危険が少ない、当分は木が立ったまま次第に枯れていくので、積雪や風などに前と同じように耐えられる、などといったメリットがあります。

逆に、枯れた木に虫がつく、倒木した際に周りの木を傷つける、環状剥皮に失敗すると枯れない、などのデメリットもあります。
また、環状剥皮をすることで着果量を増やす、というグイマツやトチノキの実験もありましたし、果樹の世界では実をつけさせるために環状剥皮が用いられるようです。
なので、もしかすると雑木の着果量が増えちゃってるかもしれませんね(´ー`)


巻き枯らしのメカニズムはこうです。

20センチ幅くらいの環状剥皮をすることで、形成層と師部をとりのぞく。
師部は葉でできた養分を樹木の各部(その枝より下)に送るので、根への養分移動をなくすことになる。

根の機能は水分吸収と無機塩類吸収。木を成長させる養分そのものを吸ってるわけじゃなく、葉でできた養分で成長するのである。
なので、上からくる成長する養分が途切れることになり、成長はおろか、維持すらできなくなる。

根が弱っていくことは、つまり水分吸収ができなくなるということ。
水が吸えない木は枯れる。

こういうことなのです。

さてさて、じゃあ巻き枯らしされてる木がどんな感じなのか、見てみたいですよね?

ちゃんと写真をとってあります!ご覧ください!

IMGP3746.jpg

こんな状態になっても、小笠原のアカギは萌芽するそうな。

環状剥皮した部分より下から萌芽したら、そこで光合成を行い、養分を根に送り続けるので理論的には枯死しないですね。実際は枯れるやつもあるでしょうけれど。

トウネズは若い個体だとそういう風に萌芽するみたいです。今までの自分の実験結果がそうです。が、統計処理できるほどには実験をしていないので、あくまでも少ない対象から予測されることですが・・・。

対して、大きな個体では巻き枯らしが成功しつつあります。
萌芽は基本的に若い個体の生存戦略なので、そうなるのも頷けます。

なら大きな個体を伐採するだけでも枯死させられるのでは?と思うかもしれません。
しかし、不思議なことにトウネズは大きい個体を伐採すると萌芽するのですよ・・・。

もちろん萌芽数も少ないですし、中には萌芽しなかった個体もあります。
もしかしたら大きな個体の若い部分が萌芽したのかもしれません。

考えられることはたくさんありますが、どういう形にせよちゃんと論文にしますので、気長にお待ちくださいね。

ちなみに、本来巻き枯らしは樹液の流動期である夏にやるもので、冬にやるものではありません。

おととし夏に実験したのですが、一応対照実験としうことで冬にやることにしたのです。
夏の環状剥皮時間は個体差あるけれど長くて20分、冬の環状剥皮は短くて40分・・・。

トウネズは雪や寒さに弱いと一般的に言われているので、冬にやったらもしかしたら枯れやすいかもしれない!と思ったのですが、こんだけ時間がかかるのは考え物ですよね。
2009.01.12 / Top↑
こにちは、ゆーにです。
今日の記事は久しぶりにトウネズミモチで行こうかと思います。

たまには自分の研究対象も書かなきゃね!

書く内容は自分の論文テーマとは全く関係ないんですけど。

とりあえず写真をご覧ください!↓
IMGP3502re.jpg

なんだこれ。

これは、トウネズミモチの小さな切り株を掘り起こし、水槽の中で育ててみているんです。
何でこんなことしてるのか、というと・・・ただの興味本位です(^^;)なんだろ、知的好奇心みたいな。どうなるのかなーみたいな。

本当は別の目的で栽培していたんですよね。

元々は、今切り株から出ている枝(萌芽枝)がありますが、それを発生させ伸長させるのにどのくらいのエネルギーを使うのかを調べようとしていたんですよ。

一般的に樹木がこの萌芽枝をのばすには、樹体に貯めてある栄養分、すなわち貯蔵でんぷんを用いて成長させるため、萌芽枝発生前と、発生した枝を取り除いた後の重量を比較し、どのくらい減ったのかをみればよいと考えていました。


・・・しかし、そうは問屋も製造元もおろさなかった・・・。

樹木の根系、特に水分吸収を担う根毛などは、絶えず入れ替わりがあります。栽培しているうちに古いものは脱落し、新しいものが出てきてしまうんです。これでは正確なデータがとれない!

さらに、これは予想の範疇に過ぎませんが、樹木上部を無くしたことで、植物ホルモンオーキシンによる根系の成長が阻害されなくなると思います。つまり、どんどん根も成長していってしまうのではないか、ということです。

そうなると、蓄積されていた糖類が各方面の成長に使われてしまいますので、純粋に萌芽枝だけにどのくらいエネルギーが使われているのかはかれない、とここまでやった上で考えました。

もうそうなったらあとはずっとこれがどうなるか見てるだけ。
でも失敗した実験は、意外な結果をもたらした・・・!って程ではないですけど。

今、根っこがこんな感じになってます↓
IMGP3505re.jpg

なんだこのそうめんは。

いえいえ、これはこのトウネズミモチが水中環境に入れられてから新たにのばした根っこなんですよ。色々な場所から出てるんで、不定根だと思われます。

このトウネズのそうめん根の特徴は、数が多く、白く、細いことです。

その理由も推測できるので、説明しましょう!

まず、細いこと。

根を太くする理由というのは、単純に樹体を支え、倒れないようにバランスをとるためです。
樹体が小さければ小さいほど、樹木は根を太くしなくても支えられるのです。

このばあい、水中であるということで浮力などがあり、あえて樹木を支えなくても樹体を維持できているという環境がそうさせたのではないでしょうか。

もう実験始めて4ヶ月くらいは経ってるから、適応しているのではないでしょうか。
というか樹木を水栽培できるってどんだけー(古い)。

さて、お次は白いこと。

これは、樹皮の役割が元々乾燥を防ぐためのものであることに関連していると思います。
この場合、水中で完全に外部が水で囲まれているため、乾燥の心配がありません。

樹木の樹皮が茶色く見えるのは、リグニンが細胞壁に蓄積されたりスベリンという物質がコルク質に蓄積しているからなんです。

乾燥を防ぐ必要がないので、わざわざ二次肥大成長のときにつくる必要がないんでしょうね。

数が多いのは、おそらくもともと持っていた根毛の大部分が枯死脱落したからではないでしょうか。

普段樹木の根を栽培するなんていう機会はないので、非常に面白いものが見られたと思います。

これが何の役に立つかもわからないですが、とりあえずこの個体が最終的にどうなるかまで、観察し続けていきます。


というか、地下部が水中に沈んでも生き続けてるトウネズミモチってどんだけ強いの・・・。
もちろんエアポンプで空気を送ってはいるけど、他の樹木だとそう簡単にはいかないだろ。

IMGP3500re.jpg
もっさぁぁぁ。
2008.09.22 / Top↑
どもゆーにです。今日はまじめに自分の研究について。

トウネズミモチの駆除方法を考案するという研究をしているのですが、なかなかコイツは強い。
普通の木なら伐採しちゃえばそれで終わり。駆除方法なんか考える必要もない。

トウネズミモチは萌芽するんです。伐ったところから枝がワッサワッサと生えてくるんです。

意外にも広葉樹は萌芽する種が多いようです。

薪炭林のコナラとかクヌギとかは伐採して萌芽させ、その枝を育てますよね。萌芽更新。

ニセアカシアなんかは地中の根から萌芽して個体を増やしていますよね。ヤマナラシなんかもそう。伐っても伐っても地中からニュッて出てくるのでけっこう厄介です。

スギ・ヒノキ林や、他の種の純林を作ろうとしているときには、生えている雑木を伐採しますよね。
雑木の種によっては伐ると萌芽します。萌芽して困るときにはどうするかというと、地際で伐採するんですね。地面スレスレをばさーっと。

そうするとほとんどの樹木は萌芽することもなく、切り株(株でもないか)のままになります。
根っこのところから伐っちゃってるんだから、そりゃもう生えられないですよね。


さて、勘のいい方は気づいているかもしれません。
ほとんどの樹木は、と先ほど書きました。そう!中には萌芽するものがいるのです!

ここまでくればわかりますよね。トウネズミモチは地際で伐採しても萌芽するのです(T_T)
今のところほぼ100%。写真あったかな?

あったあった。こんな感じ↓
IMGP2161re.jpg


もっとダイレクトな写真も撮ってあるけれども、今は手元にないのでまた今度。

このように、主根の壁面みたいな変なところからも萌芽しちゃうのです。

さらに!いくつか同様に地際で伐採し、萌芽したものを調べてみたところ・・・ななな、なんと!
根っこのすぐ脇から萌芽が発生していたのです!根っこが上に向かってる!みたいな。

なんという生命力!伐っても大体が復活するのです!!

そんなわけで今いろいろな駆除方法を試しています。やはり現状で効果的なのは除草剤を用いることですね。

せっせと研究して論文にしますので、もうしばらくお待ちください!何故地際で伐採しても萌芽するのか、というのも同時に研究し、ある程度予測はついておりますが今しばらくお待ちください。

ちなみに、同属のLigustrum robustumも同じように萌芽するそうです。日本では逸出してない・・・はず!
2008.05.29 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。