上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは、U1です。

先日の東北地方太平洋地震に被災され亡くなられた方に、強い哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りします。
また、被災されて避難所で過ごされている方には、エールを送らせていただきたいと思います。
被災された方のために何かしたい、という思いは強いのですが、現地の人員や輸送網の状況を考えると、今私にできることはほとんどない・・・。消極的だとお叱りを受けるかもしれませんが、復興のための募金くらいでなければ、かえって迷惑をかけてしまう気がします。
みなさんも何かしたいという思いは一緒かもしれませんが、正しい情報の取捨選択と特に冷静な対応を心がけてくださいね。東北が復興するためには、まず私たちが普通の生活を送ることだと思います。

さて、本日の記事は、外来生物の有効利用についてです。
外来生物を駆除したあと、有効利用することで命を無駄にしないという動きが主流となっておりますが、アライグマについて、有効利用を考えた記事のご紹介です。


アライグマ:害獣処分、毛皮製品で有効活用も 紀の川市と近大が検討 /和歌山 
◇「浮かばれる方策を」 05年度693頭、09年度は1502頭捕獲
 農作物を荒らすなど害獣として処分されている北米原産のアライグマを毛皮製品にするなどして有効に活用しようと、近畿大学の研究者と紀の川市などが検討し始めた。海外では製品化されているが、一世を風靡(ふうび)したテレビアニメ「あらいぐまラスカル」のイメージもじゃまするのか、国産はみられない。関係者は「無駄死にしているアライグマが浮かばれる方策を考えたい」と話す。【岸本桂司】

 国内の野生アライグマは、ペットとして持ち込まれたものの荒っぽい性質を持て余し、飼い主が捨てるなどしたとみられている。05年には輸入や飼育が原則禁止される特定外来生物に指定された。文化財などの破損に加え、タヌキなど在来種への影響が懸念されている。農作物被害も深刻で、09年度の県内の被害額はスイカやイチゴなど計2790万円に上る。

 県内の捕獲数は、05年度の693頭から09年度は1502頭に急増。捕獲後は、各自治体が安楽死させて焼却処分している。こうした実情に、前大阪市立天王寺動物園長の宮下実・近畿大先端技術総合研究所教授(野生動物医学)が、捕獲数が県内最多の紀の川市や県に、毛皮製品や食肉などへの活用を提案した。日本毛皮協会によると、毛皮は「ラクーン」として北米などから輸入されているが、国産はないという。県や同市などは今後、地元の鳥獣被害防止対策協議会で検討を進める。同市の田中卓二・農林商工部長は「活用法の確立で、市民と行政の負担軽減につなげたい」としている。宮下教授は「外来動物の問題への関心も高めたい」と話している。

(毎日新聞 2011/02/23 『アライグマ:害獣処分、毛皮製品で有効活用も 紀の川市と近大が検討 /和歌山』)

アライグマは、現在日本各地で問題になっていますね。
農業被害、生態系被害だけでなく、京都などの社寺に棲みつき、文化財に傷をつけるといった被害がでています。
各市町村でアライグマ捕獲が行われていますが、殺処分後の有効利用はこれまでほとんど考えられてきませんでした。

■アライグマの毛皮について

有効利用法として検討されている毛皮についてですが、その由来はアライグマの英名Racoon dogから来ていると考えられます。さて、そのラクーンはいったい商品価値があるのでしょうか?調べてみました。

アライグマの毛皮は「ラクーンファー」といわれ、マフラーやフードのふちに使われているようですね。
若者のジャケットやコートのフードのふちによく毛がついていますが、アライグマの毛だった可能性もあるのですね。私は何故フードのふちに毛がついてるのか理解できず、未だにああいうものを買ったことがありません・・・。実はマフラーも毛のものを持っていません。チクチクしません?

さて、気になるのはその「ラクーン」がどこのものであるか、ということです。北米から輸入されているということですが、野生個体でしょうか?もしかしたら北米でも街に出てきたアライグマを駆除し、有効利用しているのかもしれません。

もし有効利用を考えるならば、北米から輸入されてくるアライグマの毛皮が、どういう方法で入手され、輸出されているのかを調べれば早いかもしれませんね。野生個体を捕獲しているなら、もしかしたら効率の良い捕獲方法があるのかもしれませんし。

あと、忘れてはいけないのは採算性です。
アライグマの毛皮を輸入するのと、国内で生産するのはどちらが安くなるでしょうか。
おそらく工場などが完備された輸入物の方が安いでしょう。現時点では、国産アライグマ毛皮を流通させられるほど、日本には設備が整っていないと考えられます。
毛皮工場にアライグマを持ち込み、加工して、流通に載せる・・・コストかかりそうですね。
もしくは、海外の工場にアライグマ(生きてなければ外来法に引っかからない)を持ち出して、加工して輸入する、いわゆる外国による加工貿易でしょうか・・・。

流通は数段階先の話になりますので、それまでは市場に乗せる以外の活用法も考えなければならないでしょう。
たとえば、何かの賞品や景品にするとか・・・。
ですが、流通させられるような業者や工場をつくらないまでも、民間の手によって試作を繰り返すことは大事です。一歩一歩着実に、有効活用法を探せたらよいですね。

■アライグマの食肉利用について

記事内では、アライグマの食肉利用も検討しているようですが、どうなんでしょうか・・・。
というのは、アライグマが雑食だからです。
基本、我々が美味しいと食べているのは草食動物です。ウシやブタ(ブタは場合によっては雑食)に始まり、野生生物ではイノシシやシカがありますね。リスなんかも美味しいといわれます。木の実食べてるから美味しそうですよね。
他方、肉食動物を食べるでしょうか?クマは雑食ですが、おいしいおいしいといって食べる人を見たことがありません。

このように、肉食や雑食の動物を食肉利用することは、物珍しさ以外では少ないです。
このため、アライグマを食肉利用するのは、例えばカンガルージャーキーやワニジャーキー、クマの缶詰みたいな位置づけの方がよいかと思います。

それよりもまずは全国的に問題になっているシカをどうやって食肉流通するか、こちらが目下の課題かもしれません。


外来生物法ができて早6年。あの外来種ハンドブックが出来てから、もう10年にもなります。
外来生物対策は進んでいるでしょうか。北海道のバス根絶や、小笠原のネズミ類・ウシガエルの根絶のように地域的に成功しているところもあれば、鹿児島のマングースや千葉のウチダザリガニのように新たに外来生物が発見されているところもあります。
法整備や知識の普及、防除方法は少しずつ進んでおりますが、外来生物という生物資源の利用はまだまだこれから、現在手探りで考案中、といったところでしょうか。
最近、経済や人文科学的な考えが必要とよく言っております。研究者のようなスペシャリストも必要ですけれど、いろいろな知識をつなぎ合わせて生かせられるジェネラリストも必要なのです。


引用元:毎日新聞2011/02/23 『アライグマ:害獣処分、毛皮製品で有効活用も 紀の川市と近大が検討 /和歌山』
URL:http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20110223ddlk30040423000c.html
スポンサーサイト
2011.03.20 / Top↑
こんにちは!ゆーにです。
現在日本生態学会が東大駒場で開催されておりますねー。

連日参加中です!!ほとんど外来種の発表やシンポジウムに張り付いております。

さて、今日もニュースのご紹介。

新潟県にある佐渡トキ保護センターで、順化ケージに入っていたトキ9羽が襲われたのは記憶に新しいと思います。
そのトキを襲ったのはテンだとか。

そのテンをいかにするかということで、論争が巻き起こっているようです。
記事をご覧ください。↓

トキ:9羽襲撃死 テン駆除、生態系壊れる?--専門家が論争
 新潟県の佐渡トキ保護センターで国の特別天然記念物トキがテンに襲われた事故で、小沢鋭仁環境相は15日、トキを外敵から守る検討会を設置する方針を固めた。だが、テンは半世紀前に持ち込まれ、生態系の一部となった。専門家の間でもテンを島から駆除するかどうかの答えはみえない。環境省によると、テンは14~15日にトキが襲われた訓練施設「順化ケージ」内外で計10回、確認された。ケージの金網の網目より大きなすき間が263カ所あった。

 テンはノウサギ駆除を目的に1959~63年、24匹が持ち込まれた。03年には推定2000匹にまで急増した。テンの生態に詳しい佐渡市の矢田政治・元両津郷土博物館館長は6年前、自宅でヒヨコ18羽がテンに襲われた。「3センチのすき間で侵入する。放鳥したトキを守るため、駆除すべきだ」と主張する。

 新潟大の箕口秀夫教授(森林生態学)は「佐渡に定着して50年。生態系の中に組み込まれた。駆除すると、地域の食物連鎖が壊れる」と否定的だ。

 人が生態系に手を加え、悪化した例は多い。沖縄本島の鳥ヤンバルクイナは、ハブ対策のマングースのために激減。米イエローストン国立公園ではシカ駆除のために、オオカミを持ち込んだが、その功罪で論争が続く。【足立旬子、畠山哲郎】


ということでした。

いやぁ、佐渡のテンが国内外来生物だったとは。知りませんでした。
確かに外来生物なんだったら、駆除しても良さそうな気がしますね。
多分愛護団体から抗議されるでしょうけど。

ただ、導入目的がノウサギの駆除を目的だったと。
このテンは夜行性で、ウサギも半夜行性(夕暮れや明け方なども動くようです)なので、ウサギの個体数抑制には一役買っていそうです。
私はハブとマングースのような事例とは少々違うのでは、と考えます。

テンを駆除しても良いとは思いますが、いきなり駆除するとウサギの数が膨れ上がり、植物への影響が大きくなることをリスクとして考えなければいけません。

ウサギはもともと在来なのでしょうか?もし外来ならば、こちらを駆除して個体数制限してからテンを駆除すればいいと思います。
・・・って調べてみたら、佐渡のウサギはレッドデータに記載されている準絶滅危惧種じゃないですか!!
サドノウサギという日本固有亜種です!!

・・・トキのためにもサドノウサギのためにも、テンの駆除を考えてもいいかもしれませんね。

テンを入れたのは、もともと杉の苗木をウサギから守るためだったと聞きます。
その杉が天然の杉なのか、人工の杉なのかでも杉の必要性は変わってきます。

観光資源の杉なのか。利益の出ない人工林の杉なのか。

そのような、単にテンとトキ・ウサギ以外の要因も含めて、総合的に検討してみたらよいのではないでしょうか。
外来生物を駆除するとき、一種根絶すればOKというわけではない。
今回の学会でそれを学んでおります。


引用元:毎日新聞 2010/03/16 『トキ:9羽襲撃死 テン駆除、生態系壊れる?--専門家が論争』
URL:http://mainichi.jp/life/ecology/news/20100316ddm012040069000c.html
2010.03.16 / Top↑
どもどもゆーにです。そろそろ就職に向けて動き始めております。どこに配属されるんだろう。

本日は1月のニュースから。熊本県の宇土でタイワンリスが野生化しており、どげんかせんといかんらしいです。
あ、「どげんかせんといかん」って、鹿児島のほうの方言らしいです。

タイワンリス:宇土で野生化 哺乳類学会、早期根絶を県に要請 /熊本

 ◇生態系へ重大な影響
 日本哺(ほ)乳類学会は6日、宇土半島(宇土市、宇城市)で野生化しているクリハラリス(通称タイワンリス)について「生態系への重大な悪影響がある」として早期根絶を県に要望した。タイワンリスは、特定外来生物に指定されていて、長崎県などでは防除の対象になっている。

 学会に所属する県環境審議会の中園敏之委員や森林総合研究所九州支所の安田雅俊主任研究員ら4人が県庁を訪れ、駒崎照雄県環境生活部長に要望書を手渡した。

 安田主任研究員によると、宇土半島では90年代前半にタイワンリスを観光用に飼育した施設があったという。現在は数千頭が生息していると推測している。果樹に深刻な食害を与えるだけでなく、在来種の脅威となったり、電話線をかみ切る被害も出る恐れがあるという。学会は生息地域が拡大する前の徹底的駆除を求めた。

 駒崎部長は「具体的被害は聞いていないが、学会の協力を得ながら必要な措置を検討したい」と述べた。
【笠井光俊】


ということでした。

毎年各地で、ここでもこの外来生物が見つかった!!っていうニュースが流れますよね。
正確には、気付いたらここにもいるじゃん!っていうニュースなんでしょうけど。

このニュースのように90年代に持ち込まれて、いつの間にか逃げ出して気付いたら大変な数になっていた、というケースが多いようです。
タイワンリスは関東では鎌倉から伊豆あたりにいるらしいです。他にも浜松や岐阜などにもいるらしい。

それにしても不思議です。
日本各地でこのような事態になるということは、天敵が少ないのでしょうか。
それとも生息できる環境がにているのでしょうか。

市街地にうまく適応しているのでしょうか。
繁殖能力が高いのでしょうか。
詳しいことは知りませんが、その生命力の高さには驚愕です。

いずれにせよ、他の地域で起きているような被害が出る前に、何かしらの策を講じた方がよいでしょう。

被害が起こってないから大丈夫、ではなくて、何かあったら他の地域のようになってしまう可能性を秘めているのですから。

日本のある箇所で起こった外来生物の問題が、他の地域で起こらないということはないのです。歴史は残念ながら繰り返しちゃうのです。

歴史もそうですが、先見の明を持ちましょう。
可能性のみで動くのははばかられる場合もありますが、問題が起きたときの対策を講じておくだけでも結果は異なってくるでしょう。

引用元:毎日新聞 2010/01/07 『タイワンリス:宇土で野生化 哺乳類学会、早期根絶を県に要請 /熊本』
URL:http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20100107ddlk43040466000c.html
2010.02.22 / Top↑
こんにちは。寒くなってまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
外来生物新型インフルエンザに侵略されていないでしょうか?
お気をつけくださいね。

厳密に言えば、新型インフルエンザは生物ではありませんでしたね。
ウイルスは生物の定義に完全に合致するわけではありませんから。

さて、前置きはここらへんにして、本日はとある哺乳類のユニークな駆除方法についてご紹介したいと思います!

先日、ブルーギルはおとりをつかうと捕獲効率があがる、といった内容のニュースをご紹介したと思います。
そのときに、確か哺乳類でも似たような方法を用いて駆除する方法がある、ということを言ったと思うんですよ。気が向いたら記事にしてみる、ということも言ったかな。

ということで、今日の記事は気が向いたのでそれをご紹介いたします!

駆除方法名は、その名もユダ・ゴート作戦
なんだか外国のドンパチ映画に出てきそうですねぇ。

おそらく考えたのはTaylorさんとKatahiraさん。Katahiraさんは日本人かな?
1988年のWildlife Society Bulletinという雑誌に紹介されたRadio telemetry as aid in eradicating remnant feral goats.という論文がもとになっているようです。

その論文自体はまだ読んでおりませんが、外来種ハンドブック(日本生態学会編)に説明されておりましたので、簡単にご説明いたします。

まず、名前から。
ユダ・ゴート作戦。

このゴートは言うまでもなくヤギのことですね。
ではユダとは何でしょうか?あのキリストを裏切ったユダでしょうか?

実はですね、その通りなんです。裏切りの代名詞ともなってしまった、キリストの12番目の使徒イスカリオテのユダから名付けられているのですね。

ではユダ・ゴート作戦とは、和訳すると裏切り山羊作戦、ということになります。
一体どんな方法なのでしょうか。

名前の通り、このユダ・ゴート作戦はヤギを駆除する方法です。

ノヤギは外来生物としてある地域(特に島など)に侵入しますと、そこに生えている植物を根こそぎ食べて植生を崩壊させます。
植生が崩壊しますと、土壌流出が始まり、その土壌によって最終的には海洋汚染まで発展します。
土壌が無くり、また生えてきた植物もすぐに食べられてしまいますので、どんどんとはげ山(はげ島)になっていってしまうのですね。
もちろんその植生や土壌に住む生き物達も全滅してしまいます。

日本では小笠原でノヤギが問題となっておりました。柵を設置してヤギを追い込むという方法で、または猟銃などで撃つという方法で駆除作業は続けられているようです。

日本以外でも、ハワイのハレアカラ国立公園やガラパゴス諸島でノヤギに悩まされております。
ハワイで用いられた駆除作業の一つが、先ほどのユダ・ゴート作戦なのです。

ユダ・ゴート作戦は、テレメーターをつけて雌ヤギを放し、その個体が入り込んだ群れをそのテレメーターを頼りに探し出して、その群れを駆除(主に銃による)する方法です。
ちゃんとテレメーターをつけた個体は色を付けるなりして識別するみたいです。
その個体は駆除されず、次の群れを探すので、その繰り返しを行い駆除していくという方法、それがユダ・ゴート作戦なのです。

つまり、テレメーターをつけて放された個体がユダになるのですね。

日本では、ノヤギの規模がハワイやガラパゴスほど大きくなかったため、いくつかの小笠原の島で根絶できておりますが、ユダ・ゴート作戦は使いませんでした。ほとんどが柵で囲い込み、生け捕った後薬殺するという方法がとられたようです。やむをえない場合は銃も用いられました。

動物愛護団体などの反対もあり、また動物福祉や倫理的な観念から、日本ではあまりユダ・ゴート作戦を使わずに終わるでしょう。
というよりも、もともといくつもの群れが散らばっている場所でなければこの方法は用いられませんから。

それでも、群れを作る習性を逆手に取った効率的な駆除手法だと思います。
いちいちヘリコプターを使って群れを探しては、お金が莫大なものになりますからね。

私は、駆除を効果的なものにするためには、相手のことをよく知らなければならないと思っております。
敵を知り(生態を知り)、己を知らば(それにより捕獲効率や費用対効果のたかい手法を用いれば)、百戦危うからず(抑制や根絶でも不可能ではない)。と感じます。

人はいつも工夫を重ねて技術を発展させてきました。
ユダ・ゴート作戦のように、はたまたブルーギルおとり効果のように、科学技術をうまく用い、生き物の生態をうまく利用すれば、より効果が上がるものが作り出せるのです。

小笠原は本格的に世界遺産登録を目指しているでしょう。
世界遺産登録にむけて大きな障害となっているのが外来生物問題です。

生き物の生態を知り、技術をもちいて、是非とも貴重な環境を守っていってほしいですね。
貴重な日本の生態系を、裏切らないようにしたいものです。

参考文献:『外来種ハンドブック』 日本生態学会編 地人書館 2002
2009.11.09 / Top↑
めずらしく連投のゆーにです。

先ほどナショジオのホームページを散策しておりましたら、ヌートリアの動画を発見したのでリンクを張っておきますね。
是非ご覧ください。

内容はルイジアナ州のヌートリアの生態、被害などです。
若干日本語の解説が変な気もしましたが、ヌートリアが普通にいる湿地はどんなものか、どれだけの影響があるのかを少しでも感じ取っていただけたら、と思います。

ではどうぞ!!↓
ナショナルジオグラフィック動画:外来種の侵略
2009.08.16 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。