上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
どうも、U1です。
普及啓発を促進するため邁進していきますよー!
というわけで、そろそろブログの一時停止を解除します。
定期的な更新は無理そうですけど、やれる範囲でやっていきたいと思います。

本日ご紹介するのは、「ヌートリア捕獲マニュアル」です。

外来哺乳類といえば、真っ先にあがるのがアライグマ。そしてヌートリア。
ヌートリア水田や畑に農業被害を与えるだけでなく、ドブガイなども食べるといわれており、タナゴ類の生息に影響を及ぼすかもしれません。

各地でヌートリアの被害が多発する中、農家や市役所・町役場の方はこの巨大ネズミをどげんかせんといかんと思っていることでしょう。
そんなときに活躍するのが、この「ヌートリア捕獲マニュアル」。
大阪府が平成19年に作ったものです。

ヌートリアの形態や被害概要の説明の後に、いかにして捕獲するかが書かれております。
はこわなの大きさや設置の仕方、誘引えさの種類なども記してあります。
みなさんが一番知りたいと思われる「捕獲した後」の話が特に記載されていないのでややもったいないところですが、これをご参考に農業・生態系被害対策のヌートリア捕獲を始められてはいかがでしょうか。

ちなみに、ヌートリアは狩猟鳥獣です。
狩猟免許を持っていて、都道府県に狩猟登録していれば、狩猟期間内に保護区等の禁止場所を除いて捕獲できます。ただし、生きたままの移動(運搬)外来生物法に抵触しますので、安楽死後運搬してください。
有害鳥獣駆除などの許可捕獲の場合はまた別ですのでご注意を。
外来生物法の防除の確認(地方公共団体)、認定(国及び地方公共団体以外の者)を申請し確認・認定が行われれば、鳥獣法の許可や運搬の制限が一時的になくなりますので、活用してみてください。


ヌートリア捕獲マニュアル

参考:大阪府/ヌートリアの生息状況について
スポンサーサイト
2011.06.18 / Top↑
こんにちは、U1です。
前回に続いて、記事作成の負担が軽いマニュアルの紹介です。

本日ご紹介するのは、「池干しによるオオクチバス等駆除マニュアル」です。

ため池においてブラックバスやブルーギルだけでなく、ウシガエルやザリガニを駆除する手法といえば鉄板の池干し(水抜き)ですが、じゃあ具体的にどのような手続きでどのような準備をしてやるんだ?と言われたら、体験していない限りなかなか説明できないと思います。

そんなときに活躍するのが、この「池干しによるオオクチバス等駆除マニュアル」。
環境省の地方出先機関、東北地方環境事務所が平成22年に作成したものです。

全部で7章くらいから構成されており、池干しは必要かどうかといった初歩的なことから、ため池の水の抜き方や駆除の仕方、さらには水抜き後の貯水と事後の調査というアフターケアまで記載されており、池干し駆除が分かりやすくイメージしやすいものとなっております。

池干しは市民参加がしやすく、駆除効果も高い手法の一つです。
これを読んで「うちでもできるかも!」って思われる方がもしいたら、試されてはいかがでしょうか。

池干しによるオオクチバス等駆除マニュアル
2011.02.20 / Top↑
お久しぶりですこんにちは。U1です。
まだ完全に復調というわけではありませんが、ちょいちょいネタは探しています。
もう少し自由な時間に余裕を持てればいいんですけど・・・。

さて、本日の記事はこれまたお久しぶりの駆除・対策マニュアルのご紹介です。
本日紹介するのは、コチラ!

その名も「地域からアライグマを排除するための手引き」

なんともストレートなネーミングのこのマニュアルは、環境省の地方出先機関、北海道地方環境事務所とNPOが平成20年につくったもののようです。

ページはなんと60にのぼり、内容はアライグマの外見的特徴だけでなく生理生態の解説も書かれております。さらに、生息の有無や密度等生息状況の確認手法という専門的な内容から、罠の設置方法や設置場所といったアライグマの捕獲手法、アライグマの殺処分方法、そしてデータの収集と法令に基づく申請書の書き方まで、多岐にわたり非常に専門的で先進的な手引きとなっています。

北海道で作られたものですので北海道な内容もありますが、これほど詳しくアライグマについてまとめられたマニュアルは初めて見ました。

アライグマの駆除防除に携わる方は、是非一読してください!!

地域からアライグマを排除するための手引き
2011.02.17 / Top↑
こんにちは、ゆーにです。

今日はネットで検索していたらリーフレットを見つけましたので、ご紹介いたしますね。

北海道で問題になっているウチダザリガニをご存知でしょうか。
摩周湖に入れられた外国のザリガニです。フランスの高級料理エクルヴィス(エクルビス)にはこのウチダザリガニやアメリカザリガニが使われております。

てっきり摩周湖周辺にしかいないと思ってました。
8月に北海道道東(釧路~摩周・屈斜路湖)あたりに行きまして、環境省のミュージアムセンターや湿原にある小さなミュージアムに訪れたんですね。

そこで展示をみましたら、もうウチダザリガニは釧路湿原に蔓延しており、道東のいろいろな場所でも見られるようになってしまっているらしいのです。

市や民間団体(たぶん)などがウチダザリガニ防除に努めているのは知っておりましたが、ここまで広がっているということは存じておりませんでした。

そんなウチダザリガニをこれ以上広げないように環境省の地方事務所で普及啓発目的で作られたのが、本日ご紹介します「ウチダザリガニを移動させないで」というリーフレットです。

ウチダザリガニの見分け方や分布、影響などがイラスト・写真とともに書かれており、必要な情報が記載されております。

リーフレットにしたら裏表1枚ですが、情報量が多いのでお役に立つかもしれません。

是非一度御目通しを!

ウチダザリガニを移動させないで
2009.10.19 / Top↑
どもども、ゆーにです。

前に福島県の外来魚駆除マニュアル(河川版)をご紹介したことがありましたね。コチラ
実は、そこでまたあらたに外来魚駆除マニュアルが掲載されておりました。

その名も、外来魚駆除マニュアル(湖沼版)。

河川版では、産卵床の位置やそこに網を張ることが書かれていたり、記録用紙が付いていたのが特徴的でしたが、湖沼版では駆除のフローチャート、刺し網や産卵床での具体的なバスの駆除方法、漁業による駆除などが書かれております。

全15ページで、河川版よりも体系だった内容に思えました。マニュアルのデザインもなかなかGOODだと思います。

いろいろなマニュアルがある中、これは専門的かつ読みやすい内容になっているのではないでしょうか。

是非おためしあれ。

外来魚駆除マニュアル(湖沼版)
2009.10.15 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。