上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは、ゆーにです。

本日ご紹介しますサイトは、神奈川県立生命の星・地球博物館より、2003年頃に神奈川新聞で連載された記事の再録ページです。

侵略と撹乱の果てに、というタイトルで、生物多様性など基本的なところから様々な外来生物について書かれておりました。

一番の見所といいますか、注目すべき点は、各文章が短いところです。
にもかかわらず必要な情報が記載されており、さらに写真までついて読みやすくわかりやすいことこの上ありません。

私が知らない種も解説していたため、参考になりました。

このように短くかつわかりやすい文章を心がけたいものです。

外来生物に興味のある方は、一度ご覧になってはいかがでしょうか!?

侵略と撹乱の果てに
http://nh.kanagawa-museum.jp/kenkyu/alien/index.html


参考:神奈川県立 生命の星・地球博物館
URL:http://nh.kanagawa-museum.jp/index.html
スポンサーサイト
2010.02.05 / Top↑
こんにちは。秋も深まり、肌寒くなってまいりましたね。

本日はインターネット、サイトのご紹介です。

今までのサイト紹介はほとんどが英語でした。
外来生物について、日本語のサイトはないの!?とお思いだったかもしれません。

実は、日本語のサイトはたくさんあります。
いつも見に行けるため、ついつい紹介渋ってしまったのです。

自分が忘れそうなものを先に紹介してます・・・と言ったら失礼ですね。
あまり各方面にリンクされていないサイトを先にご紹介しているのです。

さてさて、前置きはここらへんにして。

本日のご紹介サイトはコチラ。

外来生物の分布拡大予報
URL:http://vege1.kan.ynu.ac.jp/forecast/

外来生物分布拡大予報研究会によって、外来生物の分布拡大のモニタリングと将来の分布拡大予想を行い,情報を市民に提供する目的のために作られたサイトです。
アドバイザーの中には外来生物問題の世界で有名な方々が名を連ねておりました。

サイトは、お知らせ、分布状況と予報、野外調査の方法の3つが主なものとなっております。

お知らせにはシンポジウムや勉強会、野外調査勉強会などが更新されております。
分布状況と予報には、淡水生物や哺乳類、昆虫、陸上植物などの現況と今後の拡大予報が地図で示されております。
また、野外調査の方法には淡水生物の分布調査の方法や、各淡水生物の見分け方などを記した調査ガイドもあります。

まだサイトに記載されている種数がやや少ない気がしますが、非常に今後に期待できます!

外来生物問題を学ばれる方、外来生物問題に今一歩踏み込みたい方は是非一度ご覧になってください!!
2009.11.02 / Top↑
こんにちは、ゆーにです。

熊撃退スプレーってご存知ですか?
山で熊に襲われたときに、クマの顔面めがけてトウガラシ成分のスプレーを発射し、撃退するものです。

昨日、熊に会ったわけではないですが、飛距離とか範囲とかどんなものかを確認するために友人が一度噴射してみました。※もちろん人のいない山の中で

距離は3~4m、範囲はゴ○ジェットよりも広めでどちらかといえばファ○リーズっぽい広がり方をしていました。

・・・とか観察しているうちに、風に乗って自分たちの方向へ。

カプサイシンの効果でしょうか、ものすごく辛くて、喉にきて、鼻にきて、唇がヒリヒリしました。
咳なんかもう止まりません。自動的にむせさせるほほどの辛さです。

たった一度の噴射。クマよりも人に効果絶大な気がしました。


さて、本日はサイト紹介です。

実は、前々から私は第2のブログを作っておりました。

最近忙しくてあまり高い頻度で更新できないことや、来年からの仕事の如何では守秘義務が発生することもあるからです。

ですので、外来生物やその他生き物の写真を趣味的に掲載するブログを立ち上げておりました。

コンセプトは、自分で撮った外来生物の写真を広く提供し、普及啓発に役立てていただくこと、また、在来生物については珍しかったり面白かったりしたものを紹介し、生き物に興味を持っていただくこと、ということです。

画像はご自由にダウンロードし、サイトやメール、資料やプレゼンテーションに用いてくださって構いません。ただし、再配布したり、必要以上の加工を加えたりするのはケースバイケースですのでご相談ください。

使用報告は無くても構いませんが、あるとそのデータを元にどんな写真をこれから増やそうか、どの生き物を撮っていこうか、などといったことを考える目安となりますので、ありがたいです。
面倒であれば勝手に使っちゃってください。

前置きは長かったですが、以下が私ゆーにの隠れ家、外来生物写真館になります。
こちらのブログの更新が停滞していたら、おそらくこちらを更新しておりますのでのぞいてみてください。

外来生物写真館

URL:http://ligustrum2.blog61.fc2.com/
2009.10.08 / Top↑
こんにちは、ゆーにです。
結局忙しくて更新がままなりません・・・ので本日もサイト紹介になります。

本日ご紹介するのは、日本のサイトです!が、英語表記なので頑張って読んでください。

Invasive Plants Database
URL:http://invasive.m-fuukei.jp/

その名の通り、侵略的な外来植物のデータベースです。
トップページにあるInvasive plants in Japanには、Invasive plants list(日本における外来植物のリスト)とReferense(日本の参考文献)が掲載されております。

Invasive Plants Databaseには、Families index(世界の外来植物属リスト→各種)とReferense(参考文献)が掲載されております。

それぞれの種のページに飛びますと、侵入地域とそこでの問題が一言で書かれている程度のものですが、かなり多くの種が掲載されておりますので、この種は他にどのような地域にいるのだろう、と気になったときは使ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに種は全て学名です。
2009.07.15 / Top↑
こんにちは、ゆーにです。
6月中も少々忙しいため、簡単な更新をしていきます。

というわけで、今日も海外のサイト紹介です。

前回はIUCNの関係サイトでしたが、今日はアメリカから。
アメリカ発の外来生物情報です。

NATIONAL INVASIVE SPECIES INFORMATION CENTER
URL:http://www.invasivespeciesinfo.gov/

通称NISIC。アメリカ侵略種情報センターとでも訳しますかね?
アメリカ農務省がメインとなっているこのホームページには、アメリカの外来生物のデータがあるだけではなく、なんとアメリカ国内の外来生物ニュースのリンクがあるのです!

もし、普通に外来生物情報を知りたければ、ページ左下のBrowse by Subjectで調べてみてください。
そこにはAquatic Species(水生生物)、Plants(植物)、Animal(動物)、Microbes(微生物)、Economic Impacts(経済影響)、Laws and Regulations(法律と規制)、Manager's Tool Kit(いわゆる対策その他)などがあります。

各ページに飛ぶと、各生物情報だったり他へのリンクだったりあります。お好みの情報を探してみてください。
右側にはI Want Toとありますが、そこで詳細な情報を得ることもできるかもしれません。画像検索ができるかもしれません。ページによってI Want Toの内容が変わっておりますので、そこは自力でお願いします!

TOPページにあるIn The Newsが、アメリカの外来生物ニュースが気になる方にはお勧めです!
Invasive Species Newsをクリックしていただくと、その下にリンクがたくさん出てきますので、手当たり次第でも、気になったものだけでも、もしくは最初から最後まで全部でも、ご自由にどうぞ!

ちなみにもちろん全て英語です。
2009.06.08 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。