上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは、だいぶ多忙で相変わらず更新が滞っておりましたゆーにです。
大晦日まで更新できなくて申し訳ございませんでした。

本年をまとめ、かつ来年も良質な記事を書く。
そんな意味も込め、ちょっと気合を入れた記事を書いてみました。

本日は日本にいる主な外来生物の別名、あるいは流通名をまとめてみようと思います。
生き物に詳しくない人々の間ではどのような名前で知られているのか、あるいは商品として利用されるときにどのような名前で流通しているのか、気になったので調べてみました!

商品として利用されるときには、多くの場合流通名が使われますよね。
商品にするとき、和名そのまま使ったらなんだか抵抗ある人が多いですからね。生き物専門以外の方には。

じゃあ逆に私たち生き物系の人々も流通名を知っておきましょう!知っておけば、あ!これはあの生き物だ!って思えますので。専門家には、幅広い視点が必要なのです!!

前置きはこのくらいにして、早速参りましょう!
どの生き物も先に別名・流通名を載せていきますから、読みながらどの外来生物か考えてみてくださいね!


■魚類

黒鱒(くろます)・ビワスズキ

黒鱒だけだとよくわかりませんね。ビワスズキがちょっとしたヒントになっていると思います。
黒鱒も英語にすればヒントですかね?
ビワスズキのビワは琵琶湖のビワ。スズキはこの生き物の分類であるスズキ目からきてるのでしょうか。

道の駅草津グリーンプラザからすまでは、このビワスズキのなれ寿司が販売されているようです。
八郎潟の産地直送センターでは、燻製も売っているようです。
他にもこのブログでご紹介致しましたが、缶詰にしたり、ペットフードにしたり、という計画もあるようですね。というわけで、この魚はこちら、

IMGP1562.改JPG
ブラックバス(オオクチバス)でした。
ちなみに琵琶湖博物館のレストランではバス天丼が食べられるそうですよ!


ビワコダイ

こちらもビワスズキと同じネーミングですね。
琵琶湖にいる鯛みたいな味のする魚、ということです。
ビワ・コダイではなく、ビワコ・ダイですからね!ビワスズキとは切れる場所が違いますよ~。

商品としては、同じく道の駅草津にて、ビワコダイのなれ寿司が売られております。
また、東京秋葉原にて、モチのワッフルみたいなものの間にビワコダイのフライを挟んだ「もっふるたん」なる食べ物が売られておりましたね。まだあるのでしょうか。・・・あ、これがヒントです。

他には、缶詰商品が計画されているようでした。
というわけで、この魚は、

IMGP3481re.jpg
ブルーギル


イズミダイ・チカダイ・ミサキダイ・ユダイ

このような流通名で売られている、という話は聞いたことがあるのですが、店頭でお目にかかることも無く・・・。インターネットではイズミダイ由来の魚コラーゲンが何とか、とかいうものを拝見しましたが・・・。

北海道のスーパーで売られていたとか、沖縄ではたくさん泳いでおり、スーパーでも売っているとか・・・。
少々情報が少なくて申し訳ございませんが、このやけに別名の多い魚はこちら、

Oreochromis_niloticus.jpg
(引用:Wikimedia CommonsよりOreochromis_niloticus.jpg http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Oreochromis_niloticus.jpg?uselang=ja
ナイルティラピアです。現物を見てみたいものです。


河ふぐ

河にいるフグではなく、食感がフグに似ているのだそうな。
茨城県行方市や、岐阜県飛騨市河合町で特産になっているようです。

行方市は一度ニュースで取り上げられておりましたね。
たしか、この河ふぐをバーガーにした「なめパックン」が、ご当地バーガーとして人気を集めているらしいです。
どんなものでしょうね。食べてみたいです。

あまりヒントはありませんでしたが、この魚は

800px-Ictalurus_punctatus1.jpg
(引用:Wikimedia CommonsよりIctalurus_punctatus1.jpg http://en.wikipedia.org/wiki/File:Ictalurus_punctatus1.jpg
チャネルキャットフィッシュ(アメリカナマズ)。
ふぐだったら食べたい。なまずだったらあまり食べようとは思わない。
名前の魔力ってすごいですね。


■甲殻類・貝類

レイクロブスター

ロブスターとは歩行型の大型エビ。一般的なロブスターは海にいますよね。
ウミザリガニともいいます。
そのロブスターがレイク、つまり湖にいる!だからレイクロブスター。

・・・あれ、それってただのザリガニじゃない?
でも横文字で書かれると何だか高級に見えてしまいます。

日本で湖にいるザリガニといえば、もうあれしかありません。

450px-Pacifastacus_trowbridgii.jpg
(引用:Wikimedia CommonsよりPacifastacus_trowbridgii http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/5/53/Pacifastacus_trowbridgii.jpg
ウチダザリガニ
北海道で食べられるみたいです。通販もやっているそうなので、レイクロブスターで検索!!


エクルビス

Écrevisse。フランス語です。
フランスでは淡水ザリガニの総称のようですが、日本だとフランス料理のときにしか使われません。
フランス料理で使われると、エクルビスのローストとか、エクルビスのサラダとか、エクルビスのラビオリ、とかになります。
なんだかリッチな気分ですね~!!でも、いったい何の生き物なんでしょうね?
正解は

Procambarus_clarkii9284477E382A2E383A1E383AAE382ABE382B6E383AAE382ACE3838B.jpg
(引用:Wikimedia CommonsよりProcambarus clarkii
ウチダザリガニ、アメリカザリガニ
フランスではザリガニを食べるのですね!そう考えると不思議。
でもザリガニって、確かにエビですよね。


シャンハイガニ

秋が旬らしいこの上海蟹。ちょっとリッチな中国料理といえば!?と聞かれたら、北京ダック、上海がに!!って答えてしまいそうなほど有名ですね。
このカニ、淡水性なんだそうです。上海、というだけでなんとなく海かと思っておりました。まだまだでしたね・・・。
世界の侵略的外来種ワースト100にも上げられており、日本の外来生物法でも規制されております。
許可を得ないまま、生きているものを売ったりするのは違法ですからね!
そんなこのカニの名は、

800px-EriocheirSinensis1.jpg
(引用:Wikimdia CommonsよりEriocheirSinensis1.jpg http://commons.wikimedia.org/wiki/File:EriocheirSinensis1.jpg?uselang=ja
チュウゴクモクズガニです。


ムール貝・カラス貝

ムール貝は他のも含めたいわゆる総称です。ただ日本においてムール貝といえばだいたいある貝なのだとか。
ムール貝はワイン蒸しとかパスタとかパエリアとかで食べられておりますよね。

カラス貝ともいわれておりますが、日本にはカラスガイという淡水種がおります。カラスガイは在来種!
よく海で見られるこのカラス貝は

596px-Mytilus_galloprovincialis_shell.jpg
(引用:Wikimedia CommonsよりMytilus_galloprovincialis_shell.jpg http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Mytilus_galloprovincialis_shell.jpg?uselang=ja
ムラサキイガイでした。
貝毒があったりします。採取して食べるときは貝毒情報を確認し、自己責任で!


エスカルゴ

こちらもフランス料理で有名ですね!フランス語ではEscargot、カタツムリの総称です。
日本ではエクルビスと同様に、フランス料理のときに使われます。
カタツムリを食べたと聞くと嫌悪感を持つ人もおりますが、エスカルゴを食べた!と聞くとリッチな気分になりますね。
そんなカタツムリの種名は

800px-Helix_pomatia_89a.jpg
(引用:Wikimedia CommonsよりHelix_pomatia_89a.jpg http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Helix_pomatia_89a.jpg?uselang=ja
リンゴマイマイ、ヒメリンゴマイマイ
大阪では住宅地で増加していたようですが、その後どうなったのでしょうか。
ちなみに料理のエスカルゴの代用種として、アフリカマイマイが使われたりもするそうです。


■両生類

食用ガエル

淡白な鶏肉みたいな味、といわれる食用ガエル。
アメリカが原産で、持ち込まれた当時は外貨獲得に一役買っていたようですが、今は無用の食用ガエル。
日本でもあまり食べられておりません。ただ、どこかのお肉屋さんで販売していたのをテレビで見た気がします。

でもむしろこの食用ガエルが在来の生き物を食べてしまっておりますね。
これは皆さんご存知の

North-American-bullfrog1.jpg
(引用:Wikimedia CommonsよりNorth-American-bullfrog1.jpg http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/North-American-bullfrog1.jpg
ウシガエル
ウシガエルの餌としてアメリカザリガニを輸入し、現在どちらも各地で蔓延っているという状況です。
どちらもうまく利用できるとよいですね。


■爬虫類

ミドリガメ

みなさんも1度はお目にかかったことがあるはずのミドリガメ。よくお祭りの縁日で掬われてますね。
正式名称を知っている方も多いのではないでしょうか。
大人になるとぜんぜんミドリではなくなる、というのも周知の事実かもしれませんね。

このカメは頻繁に飼育放棄され、都市域の公園緑地や庭園、社寺の池に必ずといっていいほどおりますね。
放されたカメ、放された場所にいる生き物、放された場所を管理する方々に対する迷惑を考え、飼い通して下さいね。
皆さんご存知ミドリガメの本名は、
Trachemys_scripta_elegans_-_Rotwangen-SchmuckschildkrC3B6te_-_Red-eared_slider.jpg
(引用:Wikimedia CommonsよりRed-eared_slider.jpg
ミシシッピアカミミガメ。


■植物

クレソン

実は私、これがクレソンか!と思ってクレソンを食べたことがありません。
知らないうちに口にしているとは思うのですが・・・。
クレソンはよく肉料理の付け合わせやサラダなどにも用いられているようです。

しかし、れっきとした外来生物。要注意外来生物に記載されており、注意が喚起される種なのです。
そんなクレソンの正式名称はコチラ!

W_orandagarasi4051.jpg
(引用:Wikimedia CommonsよりW_orandagarasi4051.jpg http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/7/72/W_orandagarasi4051.jpg
オランダガラシでした。


アカシア(食品)

これはそのままでしょ!と思われる方は多数いらっしゃるかと思いますが、外来生物はちゃんと頭に何かついてますよね。本物とは別です。 本物はマメ科アカシア属で、フサアカシア、ギンヨウアカシアなどがあります。

よく食品として売られているのはアカシアはちみつですが、このアカシアは全てこちらの

R_pseudoacacia.jpg
ニセアカシアのみつでした。こちらはマメ科ハリエンジュ属。
蛇足ですが、正式な和名はハリエンジュで、ニセアカシアは学名のRobinia pseudo-acacia(pseudo:ラテン語で「偽の」の意)に由来した一般名です。


ストロベリーグァバ
つい最近Sotokotoでも紹介されちゃっておりましたが、れっきとした外来種です。世界の侵略的外来種ワースト100にも含まれている厄介者ですよ。なんでもこのグァバの実がイチゴの味に似ていて美味だとか。
食べるのは全然問題ありませんが、野外に逸出させないで下さいね。これは

800px-Psidium_cattleianum.jpg
(引用:Wikimedia Commonsよりキバンジロウ)
キバンジロウ(テリハバンジロウ)でした。


今回は以上です!お楽しみいただけましたか?
本日ご紹介した種のほとんどは、日本で特定外来生物か要注意外来生物に指定されております。
みなさんも知っておいて損はございませんので、これらの別名・流通名をみたらなんとなく思い返してみてくださいね!

またネタがあったら書きますので、のんびりとお待ちくださいませ!

それでは、来年も気ままに追って外来生物、よろしくお願いいたします!!!
スポンサーサイト
2009.12.31 / Top↑
ども、連日の更新が珍しいゆーにです。

今までトウネズミモチ検定とか、外来草本同定検定とかをYahoo!の検定で作ってみましたが(ブログ左下のリンク参照)、第3弾ということで、外来生物問題検定を作ってみました。

もちろん内容はマニアック。
おそらく勉強しないと合格できないでしょう。
勉強しても合格できないかもしれません。

そのくらいマニアックで意地悪です。

さぁ、心の準備はいいですか?

れっつ・・・スタート


ちなみに、自分が無勉強で受けたら半分くらいかもです。
ヒントは・・・問題文をよく読むこと、あとはこのブログを見ていただいているか、ということでしょうか(^^;)
2009.07.02 / Top↑
こにちは、ゆーにです。

2月24日に、大学院の授業の一環で外来種問題に関する発表会を行いました。少し前の話ですが、その発表のさなか議論に上ったことにおや?思ったことがありますのでちょっぴり解説しようと思います。

外来種問題といえば、やはりすぐ頭に思い浮かぶのがブラックバスやマングース。最近ではアライグマなんかも考えられますよね。

我々のような専門の人々や研究者の間では、外来種問題といったらだいたいどのような種が問題でで、どのような問題が起こるか、あるいは起こっているかは想像できるでしょう。

基本として農林水産業被害、人的被害、生態系への被害・・・。
詳しくすれば生物多様性の低下、それこそ遺伝的多様性から種多様性など広い範囲にわたってです。
また、外来種の中でもどのような生物が問題になり得て、どんな生物が問題になりにくいかも、ある程度は予想できるのではないかと思います。

しかし、知識を持たれていない方々は想像するのが難しく、メディアによって報道される「外来種が生態系に被害を与える!」などの文字をすんなり受け入れてしまうようです。

発表会中に議論になったのが、一般的に外来種=悪が定着しつつあるのではないか、ということでした。

外来種といっても、さまざまな外来種がおりますよね。

野菜なんてほとんどが外来種、動物園水族館の生き物だって外来種、園芸植物だって街路樹だって外来種、ペットも外来種。スズメだってモンシロチョウだって外来種ですからね!(そんな本がありましたね・・・。)

外来種はすべてが悪じゃない、人間生活に貢献しているものがたくさんいるのだ、という主張でした。

これは全くもってその通りだと思います。外来種はすべてが悪いものではないし、すべての外来種を排除したら日本は成り立たなくなるでしょう。経済も、自然も。

では、なぜ外来種が悪、というような認識が強くなっているのか。

なぜ外来種はいない方がよいといわれるのか。


私は、ここで問題になってくるのが外来種という言葉の使われ方だと思います。


ですがその前に、外来種という表記が持つイメージを話してみますね。
このブログがなぜ「外来生物」なのかもちょっとだけ織り交ぜます。

ちょっと前は、外来種というと「外国から日本に入ってきた生き物」で、外来種問題はその生物が逸出し、自然繁殖してさまざまな問題を引き起こすことです。

今、この「外国から入ってきた」が問題となります。国内移動について何ら触れられていないからです。
これは、種が保存されればOKで、遺伝子の多様性を保全することまでが想定されないのです。

遺伝的多様性ではありませんが、国内移動の例があります。沖縄の方から小笠原に導入され、大問題になっているアカギです。これは国内移動なので、この外来種の言葉のイメージだと問題視されなくなります。

さらに、外来種といわれると多くの方が動物植物でイメージをとどめるのではないでしょうか。微生物の外来種、ウイルスの外来種っていまいちピンとこない方もいるでしょう。

もちろん外来種という言葉に抱くイメージは個人個人によって別です。こう思われない方も多くいるかもしれません。

それには外来種の言葉の定義を明確に説明される機会がなかった、というのもありますけれど・・・。


私は「外来種」という言葉は少し前の使われ方だと思います。

なので私は基本的に「外来生物」の表記を用います。

種が生物に変わっただけですが、受けるイメージは異なるのではないでしょうか。

私は「外来生物」という表記に、外国だけでなく国内移動も含む自然分布域外に人の手で持ち込まれた生物で、かつ含む種が動植物だけでなく、菌類や細菌などの全生物というイメージを持っております。

あくまでも外国だけじゃないんだ、様々な段階の生き物も外来になってしまうんだ、ということをイメージさせたいのです。


さて、外来種の言葉の使われ方が問題だと書きましたね。

専門家や研究者の方々が外来種問題といったとき、だいたいどんな種でどんな問題かもわかる、とも書きました。


例えば農林業の外来種問題といったらアライグマ、ハクビシン、ヌートリアです。ハクビシンはいろいろな論争がありますが、アライグマとヌートリアは特定外来生物ですね。

では湖沼の外来種問題といったらどうなるでしょうか。
魚類ならばブラックバス、ブルーギルを筆頭に、アメリカナマズ、カダヤシなども出てくるでしょう。
水生植物ならばボタンウキクサ、ホテイアオイ、オオカナダモやオオフサモなんかも出てきますよね。

これらの生物は爆発的に増えやすく、在来の生物に影響を与え、数を減らさせたり置き換わったりしてしまう生き物たちです。

これらの生き物を侵略的外来生物(Invasive Alien Species)といいます。単に外来生物(or外来種)ならばAlien Speciesです。


そう、専門家や研究者がいう外来種問題とは、つまるところ侵略的外来生物問題のことなんです!

すごく前置きが長かった気がしますが、外来種問題=侵略的外来生物の問題。だから野菜が外来種として問題になることもないのです。だって多くが侵略性がないから。もちろん侵略性がある野菜がでてくれば外来種問題に発展し、規制されたりすることでしょう。

一般的な定義における外来種≠悪ですが、我々の中では外来種=悪は近いのです。
なぜなら外来種⇒侵略的外来生物だから。

つまり、外来種⇒侵略的外来生物=悪。

悪、と言い切ってしまうとよくないですし、方々から反論が来ることでしょう。
生物自体は悪くない、とか、入れた人間が悪いんだから、とかね。

しかし生物多様性を保全するために、私たちが手を打たなきゃいけないのです。
悪かそうでないかは各個人の判断に任せるとし、ここでは議論しないことにしますが、私は侵略的外来生物はいない方がいいものとしてとらえます。

悪とは言い切りませんからね!一応その生物は悪くないという言い分もわかりますから。

なので、侵略的外来生物=いない方がいいもの。

外来種問題はいないほうがいい侵略的外来生物をどうにかしなきゃいけない問題、と考えて下さい。

全外来種が悪いのではない、これも一応頭に置いといて下さい。


外来種問題を論じるとき、それは侵略的外来生物を議題に乗せているのです。

長くなりましたが、誤解されている方がいないように説明してみました。
気が向いたらこういうものも書いていくかと思います。それではー。
2009.03.12 / Top↑
ども、ゆーにです。
前からこんなのあったら面白いだろうなー、と考えていたものがありました。

タイトルの通り、WANTEDポスターです。外来生物のね。

単に~の生き物が危ないです!とか張り紙があるより、WANTEDポスターが貼り付けられている方が注目度も高いと思いますし、何より興味を惹くのではないかなぁと思いまして。

なので、ちまちまとフォトショップを使い、作ってみました!
参考にしたサイトさんは黒色四零壱さま。背景を作る際、羊皮紙っぽい感じをだそうと検索していたら、見事に素晴らしい作り方を参考にすることができました。感謝です!

というわけで、途中経過・・・をすっ飛ばし、出来たのがこれ。↓

WANTED1


こんな感じです。このままでは不格好ですね・・・。白いところには写真を入れます。
種名と学名、どんな被害をもたらすかを明記し、備考には特徴や取り扱い方法などを書きます。
連絡先は・・・(^^;)

これを上手く活用し・・・といってもフォトショなのでレイヤーを乗っけたり消したりしながら、ちょっと前に記事にしたナガエツルノゲイトウの写真を使って試作してみました!

こんな感じ↓

ナガエツルノゲイトウ

いかがですか!?なかなか雰囲気が出たと思います。
フォトショを今年に入るまで使わなかった自分にしては上出来かと。

プロではないのでこれ以上クオリティを求められると困りますが・・・。

これからもいろんな外来種のWANTEDポスターを作ってみようと思います!
もしリクエストがあったり、ポスターを使ったりしたいという方がおりましたら、是非お申し付けください!!
2008.10.08 / Top↑
またまたマップを作ってみましたゆーにです。

今度は写真なし、かつ施設なしでやろうと思いました。
また、主に新聞記事やニュースで配信された情報を元に、場所を追加していきます。

なので前に作ったマップよりも更新頻度が高くなります。だって行かなくていいんだもん。
いきたいなー。

というわけでどーぞ↓
http://waiwai.map.yahoo.co.jp/map?mid=B0DlSIrEmNRhdwjyPGw43KWRUIP1VVEF8Cy9.60hQjQL.A--
2008.06.09 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。