上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ゆーにです。こんにちは。
実は私目が非常に悪く、いつもコンタクトを使っているのですが、そのコンタクトを無くすという大失敗を致しました。非常に由々しき事態です。

さて、本日もブルーギルについてのニュースから。
なんと、日本の各地にいるブルーギルの遺伝子解析がなされたようです。

遺伝子解析とはDNAを分析して、親子関係や産地特定によく使われる手段です。
見た目とかの判断ではなく、どの生物も持っている遺伝情報を調べるので客観性が高いのですね。

最近は分析の精度も高まっており、その信頼性も高くなっております。
だから犯罪の科学捜査で使われることも多いのですね。

というわけで、日本各地のブルーギルを科学捜査した結果がでた模様です。
報告をご覧下さい。

ブルーギル、陛下に贈られた15匹の子孫証明
 国内で繁殖している外来魚「ブルーギル」は、天皇陛下が皇太子時代の1960年に、米シカゴ市長から贈られた15匹の子孫であることが、三重大学生物資源学部の河村功一准教授(水圏資源生物学)らによるミトコンドリアDNAの分析で判明した。

 2年前、大津市の琵琶湖畔で開かれた「第27回全国豊かな海づくり大会」で、陛下ご自身が米国から持ち帰ったことに言及され話題になったが、科学的にもその事実が裏付けられた。

 ブルーギルは体長10~20センチの北米原産の淡水魚。主に肉食で、繁殖力が強い。河村准教授らは、生態系を脅かすブルーギル駆除のため、遺伝子の特徴を調べるよう水産庁から依頼を受け、全都道府県の56地点で計1398匹、原産地・米国の13地点で計319匹を採取し、ミトコンドリアDNAの塩基配列を解析した。

 その結果、国内で採取したすべてのブルーギルの塩基配列が、1960年に陛下に贈られたブルーギルの捕獲地・アイオワ州グッテンベルグの1地点で採取したものと、完全に一致した。

 ブルーギルは陛下の帰国と同便で持ち帰られ、食料増産を図る目的で、水産庁淡水区水産研究所が繁殖を試みた。その後、滋賀県と大阪府の試験場に数千匹が分け与えられたほか、本州や四国、九州の湖に放流されたが、食用としては定着せず、繁殖しながら分布域を広げていった。河村准教授によると、現在、全国での生息数は数億匹に上るとみられる。

 大繁殖の結果、琵琶湖ではニゴロブナなどの漁獲量が激減したという。

 陛下は2007年11月の「海づくり大会」式典で、ブルーギルの繁殖が問題となっていることに触れ、「心を痛めています」と述べられた。

 同年12月の記者会見では、釣った魚を放す「キャッチ・アンド・リリース」で繁殖したとの認識を示すとともに、「食材として利用することにより繁殖を抑え、日本で生活してきた魚が安全に育つ環境が整えられるように」との願いを語られた。

 河村准教授は「当時は、食料難を解決するため、国の政策として養殖を目指した経緯があり、繁殖はやむを得ない面がある。15匹から大繁殖した教訓を生かし、生態系を脅かす外来種が入らないよう徹底しなければならない」と話している。

(2009年10月23日06時56分 読売新聞)


ということでした。

驚くべき部分は、全都道府県56地点で捕獲したブルーギル全てが、導入された15個体から繁殖した子孫であるということです!

たった15個体からですよ!

それが今や数億匹にまで増えてしまったのです・・・。
恐るべき繁殖力、恐るべき適応力。
やはり外来生物の生存繁殖能力を侮ってはいけません。

今回の研究で、日本にいるブルーギルのほぼ全てが、持ち込まれた15匹の子孫であると言うことが科学的に裏付けられました。裁判で証拠になるくらいの精度でしょう。

これが指すことは、ブルーギルの繁殖力、適応力が計り知れないものであると共に、人々がばらまいてしまったことを裏付けているのです。

その結果が各水系での現状なのです。

確かに当時の社会情勢などもあり、仕方の無かった面もあります。
しかし、広げてしまった責任を取るのが大人です。今現代の、社会的、科学的に大人になりつつある私たちです。

将来の子孫に託さず、我々が今からでも少しずつ、こうなってしまった自然界を元に戻し、日本の豊かな生態系を取り戻せるようにしたいですね。

それとともに、今回のような研究結果を基に、外来生物の危険性をしっかりと認識し、その危険性を普及啓発もしていきたいですね。

引用元:読売新聞 2009/10/23 『ブルーギル、陛下に贈られた15匹の子孫証明』
URL:http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091023-OYT1T00104.htm
スポンサーサイト
2009.10.27 / Top↑
こんにちは、ゆーにです!いつの間にやら30,000HIT、皆々様ありがとうございます。
30,000HITを踏んだ方はどなたでしょうか?ええ、私です。
おめでとうございます、ありがとうございます。

まだまだ管理技術も学問も発達中の外来生物問題ですが、多くの方に興味を持って頂き、嬉しく思います。
外来生物を管理していくだけでなく、在来生物の生息環境も守り、総じて生物多様性を保全していけると、この豊かな日本の自然もより世界に誇れるものとなっていくでしょう。

さてさて、本日は少し前にyahoo!ニュースのTOPに出ていたこの話題から。

ブルーギルをより効果的に駆除できる方法が発見されそうです!
外来生物を根絶するときに一番難しいのは数が少なくなってから・・・。その難しさをうち破れる方法なのでしょうか!?
まずは記事をご紹介しましょう!!

ブルーギル:おとり魚使うと…捕獲に効果 財団研究員「群れる性質」に着目 /宮城

 ◇財団研究員が発表

 淡水在来魚を食害する外来魚ブルーギルの「群れる性質」に着目し、おとり魚を使って効果的に捕獲する駆除の可能性を、県伊豆沼・内沼環境保全財団の藤本泰文研究員(34)が17日、仙台市青葉区の東北大農学部での「水辺の自然再生シンポジウム」(NPO法人「シナイモツゴ郷の会」などが主催)で発表した。異性誘引物質「フェロモン」によるオオクチバス駆除原理の発見に次ぐアイデアで効果が注目される。

 藤本研究員によると、ブルーギル捕獲用のアイ籠(かご)におとりを複数匹入れた「おとり付き」と、「おとりなし」を伊豆沼に設置し捕獲数を比較した。「おとりなし」が延べ526回の設置で196匹に対し、「おとり付き」は105回で242匹と捕獲率がぐんと高かった。より大きく群れようとするブルーギルの行動を生かした駆除の基本をつかんだ形だ。

 ブルーギルが高密度に生息する場合は、おとり効果が弱いため、定置網や釣りなど従来の方法で駆除し、生息数をある程度減らしてから「おとり誘引」に切り替える駆除モデルを提唱できないか調査を進める。

 藤本研究員は、水の濁った伊豆沼で産卵期のオオクチバスのメスがなぜオスの作った巣を見つけられるのか疑問を持ち、オスの胆汁がフェロモン効果を持つことを発見した業績がある。【小原博人】


ということでした。

ブルーギルは群れる習性があるようで、例えばワナの中に先にブルーギルを入れておき、そのワナを仕掛けておけばいつもより多めに捕獲することができる、ということですね。

おとりが無かったときの526回の設置で196匹、つまり1回当たり0.37匹だったのに対し、おとり有りでは105回の設置で242匹、つまり1回当たり2.3匹捕獲できたことになるのです。

単純計算約7倍!すごいことです!!

少しだけ気になるのは、使った「おとり」をちゃんと捕獲数から引いているか、捕獲したときの環境条件がある程度均一性が保たれているか、ということです。
新聞からはこのような情報を得られないので、正確性が不明なのです・・・。
・・・まぁこのように発表されておりますので、きっと正確に実験されたでしょう!杞憂でしょうね。

ともかく、おとり入りのカゴを使った捕獲で、捕獲効率が上がるという可能性が持ち出されたわけです!

今や日本の厄介な外来魚はブラックバスではなくブルーギルである、といわれているくらいブルーギルの数が増えているのですから、少しでも効果が上がる方法が提唱されそうであるのはすばらしいことだと思います。

さまざまなNPOや財団で毎年ブルーギルを捕獲し、なんとか根絶しようと奮闘されているわけですから、このような情報が多く出てくること、このような駆除手法がより開発されていくことが、今後の日本の生態系保護にプラスとなっていくと思います。

外来生物の駆除防除を研究されている各々方には、是非、よい方法を開発していただきたいものですね!

ちなみに、カゴ設置期間はどのくらいだったのでしょうね?

ふと思ったのは、カゴの設置期間を長くすれば、最初に入り込んだ2~3匹から芋づる式に増えていかないかなぁと想像したわけですが・・・。

カゴ設置期間を変えて捕獲数調べた研究、探せばあるかもしれませんね。

それとも動物福祉的にまずいのかな?


ちなみに、哺乳類でもこのブルーギルおとり効果と似たような手法を使える生き物がおりました。

確かヤギだったとおもいます。

もし余裕があれば、そちらも記事にしてみたいと思いますので乞うご期待・・・し過ぎないようにお待ちくださいませ。

引用元:毎日新聞 2009/10/20 『ブルーギル:おとり魚使うと…捕獲に効果 財団研究員「群れる性質」に着目 /宮城』
URL:http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20091020ddlk04040060000c.html
2009.10.26 / Top↑
IMGP3481re.jpg
ええぃ静まれ静れぇい!この青いえら蓋が目に入らぬか!


どもども、ゆーにです。今日は見ての通りブルーギルをテーマにします。
今までギル地獄だったりギル缶だったり養鶏飼料だったりを記事にしてきましたが、しっかりギルの解説をした記事を書いてませんでしたから。

というのも写真がなかったからなんですけど。
生態工房さんのインターン中に捕獲したブルーギルの写真を撮らせてもらえました。
やっぱ実習中ということもあり、遠慮してバシバシ撮れなかったので、美しい写真ではないのはご勘弁。


では、ブルーギルについてです。
ブルーギルはスズキ目サンフィッシュ科の淡水魚です。
北アメリカ原産で、現在の天皇様が皇太子のときの外遊で、シカゴ市長から贈られたのが始まりです。食用として研究され、静岡の一碧湖に導入されましたが、養殖に適さないことから釣り・ブラックバスの餌として各地に放流されていったようです。
つい昨年、天皇陛下自身が持ち帰ったブルーギルがこのような現状になっていることに心を痛めているという主旨の発言をされましたね。

ブルーギルは琵琶湖に住む外来魚の8割を占めているともいわれますし、また今インターンに行っている練馬の光が丘公園バードサンクチュアリの池では、ブルーギルが大半を占めております。
個人的には、日本全国でブラックバスよりブルーギルの方が個体数が多いのではないかと考えております。

そのようになってしまった理由は、まず、雑食(といっても大部分動物性蛋白を食べますが)で、悪質な環境でも耐えられることがあげられます。また、繁殖力も高く、ブラックバスにも見られるように産卵床をつくり、稚魚の保護を行うことも一因でしょう。ブラックバスの巣を襲うこともあります。
調査データはなく、あくまでも推測に過ぎませんが、ブルーギルは鳥にも食べられにくいのではないでしょうか。その理由がこれ↓
IMGP3483re.jpg
ちょっとわかりにくいんですけど、刺さるんですよ。背びれが。ブスッと。
ゴム手袋をしていても、刺さるんですよね。調査に使う革手袋なら何とかなりましたけど。
鳥が食べる場合も、下手な食べ方をしたら喉に刺さると思うので、好んで捕食する魚じゃ無いのではないかなぁと。

誰かアオサギやコサギ、ダイサギなどを使って、ブルーギル・ブラックバス・フナ・コイ・その他在来魚との捕食実験をやってみてくれませんか?もしブルーギルの捕食率が低ければ、それも爆発的増加の要因の一つにもなりますから。捕食率が高かったら・・・繁殖力と環境適応力が異常に高いことになるのかな。

閑話休題。ブルーギルの名の由来は、Blue(青い)Gill(えら)です。身体の青いギルという魚、ではないのです。勘違いしてましたね(^^;)身体のどこが青いんだろうと疑問でした。えらだけ青です。
正確には上の写真のように、えら蓋の上部が黒っぽくなっておりますよね?そこのことを指しているのです。これは見分けるのによいポイントでもあります。

ブラックバスは緑、ブルーギルは青みたいなイメージがありましたが、ブルーギル自体にそんな色はついてませんでしたね。あと、ギルジゴクやギル缶は、えら地獄やえら缶ってことなんですね・・・。えら地獄・・・。

でも日本でギルといえばブルーギルのことを指すので、「ギルはえらだ!略すんじゃない!」というポリシーのある方は正式名称で呼んであげてください。

さて、ブルーギルの駆除についてです。ブルーギルの捕獲をインターンでお手伝いさせてもらっていますが、そこでは張り網が高い効果を上げておりました。障害物があると、それに沿って移動するという魚の習性は、ちゃんとブルーギルにもあったようです。もう一つ、ブルーギル用にワナを設置してありました。形はモンゴルの移動式住居、ゲルみたいな形をしたワナです。日陰に入り込む性質を利用したものらしいです。特に餌などは使いません。

地味ですが確実に駆除できるのはやはり釣りですね。ただ、ルアー釣りよりも餌を使った方が食いつきもよく、捕獲率を高めることができます。その分餌を奪われたときは栄養を与えてしまっただけになっちゃいますけど。餌にはアメリカザリガニの身などの、駆除した外来生物を用いるのが経済的でしょうね。

ギルジゴクが開発されましたが、現在現場ではどのくらい効果を上げているのでしょうか。個人的には定置網とかかごワナみたいな中におびき寄せるための餌を入れておき、それを設置した方が効果的かと思います。他の肉食魚もとれちゃいますけど。

あとは人工産卵床の設置ですかね。人工的に産卵床を設置し、そこに卵が産み付けられたら取り除くという小魚を減らす作戦です。やらないよりはやった方がいいかもしれませんが、設置個数を多くしないと効果が上がらないかもしれません。それに稚魚の生存率が4%といわれてますから(それでも相当数ですけど)、産卵床の設置でどれだけ個体数を減らせるのかも算出しなければならないところですね。また、適応した池次第で卵を産む場所も変ってくるでしょう。全てにおいて産卵床が効果的ではないのも忘れてはいけませんね。

これからはブルーギルの時代・・・っていうと一世を風靡しちゃう気がしますが、外来生物の世界ではブルーギルの効果的な捕獲・駆除方法を発明できれば相当評価されることでしょう。魚類の専門家さん方に大きく期待を寄せて、今日の記事はここまでにします。
また写真が手に入り次第、記事を書いていきますね。
2008.10.06 / Top↑
最近ちょっと涼しくて過ごしやすいですね。ゆーにです。洗濯物が干せないですね~。
研究室主催の公開講座が8月末にあるのですが、その仕事が多くてなかなか更新できません・・・。

ですが、面白いニュースがあるときには紹介しちゃいます!
というわけで今日は久しぶりにニュースの話題を。

琵琶湖で大繁殖中のブルーギルを養鶏飼料にするといった取り組みの紹介です。

以下記事をどうぞ。↓

琵琶湖のブルーギルで養鶏飼料、外来魚駆除とコスト低減の一石二鳥

 琵琶湖の生態系に悪影響を与えている外来魚のブルーギルを原料とした栄養価の高い養鶏飼料をつくることに、立命館大生物工学科の久保幹(もとき)教授(環境微生物学)と滋賀県などの共同研究チームが成功した。粉末ではなく液状なのが特徴で、従来の飼料に少量を調味料のように加えることで、ニワトリの成長が早まることを確認した。穀物価格高騰の影響で値上がりする飼料の節約と、“悪役”である外来魚の有効利用という一石二鳥の効果が期待されている。

 琵琶湖には約160トンの外来魚が生息し、約8割がブルーギルと推定される。固有種のニゴロブナやホンモロコを駆逐するなど生態系に悪影響を与えていることから、滋賀県は漁協に補助金を出したり、釣り人に協力を求めたりするなどして、年間約500トンを駆除している。

 駆除した外来魚は、ほとんどを地元企業などで組織する「淡海(おうみ)再資源化協同組合」が処理しており、乾燥させ粉末化した「魚粉」も飼料として商品化されている。しかし、養鶏業者らへの販売は苦戦しているのが現状だという。

 このため、この飼料の改善を目指し、平成17年度から同組合と滋賀県畜産技術振興センター、久保教授らの3者が共同で研究をスタート。発酵によりタンパク質を分解し、単に粉末化した場合よりも吸収率を上げる方法を考案した。

発酵には、久保教授が特許を持っている納豆菌の一種「HA12」を使用。粉砕したブルーギルに10倍量の水を加えた上で少量のHA12を混ぜ、48時間発酵させる。滋賀県特産の「近江シャモ」で試験を行ったところ、従来の穀物飼料に少量を添加して食べさせると、穀物飼料だけを与えた場合に比べ、平均して体重が約10%増えたことが確認された。食味試験でも、従来の飼料だけで育てた鶏肉よりもおいしいとする結果が出たという。

 久保教授らは今年3月に特許を申請。ブルーギル以外でも、約10種類の魚を原料にして試作したところ、ブラックバスなどスズキ目で作った飼料は栄養吸収率が高いことが分かった。

 同組合の林市雄事務局長は「安全で安心な飼料を作ることができた。養鶏農家に試してもらい、よかったという声が聞けた段階で本格的な販売に乗り出したい」と商品化に意欲をみせている。

 養鶏飼料は、原材料のほとんどがトウモロコシや大豆で、世界的な穀物価格の高騰に伴い、この2年間で値段が2~3倍になっている。久保教授は「駆除される魚の有効活用ができればと始めたが、飼料の高騰でさらに販売の活路が見いだせるようになったのでは」と話している。

2008.8.25 13:09 産経新聞


とのことでした。

すごいですねー、こういうのって生物工学とかのチームがやるんですね!というか研究チームがあったんですね!!羨ましい・・・。

しかも粉末飼料でなく液状飼料!今私が考えても全部粉末飼料どまりでしょう。科学は常に前に向かって進んでいますね~。

さて、記事では160トンの外来魚が生息しており、そのうちの8割がブルーギルとなっておりました。つまり約128トンのブルーギルが生息しているということになります。

琵琶湖全体で何トンの魚が生息しているのか知らないので、外来魚が多いか否かは分かりませんが、少なくとも琵琶湖の外来魚の中では、ブラックバスやチャネルキャットフィッシュなどよりもブルーギルが大部分を占めているのですね。

おそらく琵琶湖の環境がブルーギルに適しているのでしょう。あるいは、釣り人の間ではブルーギルが雑魚として扱われ、まったく人気がないのでそのおかげでブラックバスよりも繁殖できたのかもしれません。

外来生物を単に駆除するだけでは、周りからの反発が多いのが現状です。よく聞く言葉が生き物達は悪くない、と。
だからといって在来生態系をほっといて、原因を生んだ人を裁くことは出来ませんからね。

なので、一応反対する人にも納得していただけるよう、資源として有効利用することで、単に駆除するだけじゃないということをアピールするわけです。外来生物駆除、特に魚ではその風潮が強いですね。

今回のニュースは、資源利用としての機能といいますか、役割といいますか、その部分を強めたわけですね。
資源としてブルーギルの魚粉を作ったが利用されなかったので、より有用な飼料にして利用を増やそうというものでした。

一番問題となるのは価格でしょうか。飼料として流通できるかどうかが課題でしょう。

しかし、もともと邪魔者として駆除したものを利用しているだけなので、あまり広く流通しすぎると今度はブルーギルが足りないってことになっちゃいます。
そこらへんは考慮が必要かもしれません。

ですが、現時点でブルーギルの全個体駆除は不可能ともいわれていますから、取り組みとしてはがんばって欲しいところです。

確か滋賀県では琵琶湖の生態系から外来種を駆除することに力を入れているそうなので(詳しくは琵琶湖の過去の記事を参照)、是非とも在来生態系に戻ればいいと思います。


でも記事をみて一番いいなぁと思ったことは、研究チームがあること。いつも一人でやっているし、研究室にほとんど人がいないし・・・自分ひとりで得られるものがあっても周囲から得られるものってそこまで多くないんですよ。

いろいろこんな研究やったら面白いだろうし、役立つことがあるだろうなーとか考えることがあるのですが、人が少ないから行動に移せない。。

大学の教授が言っていたのですが、よい研究、世の中に役立つ研究をするには一人ではできないのです。工学と農学の協力や、農学の中でも各学科、専攻の協力があってこそ、今までに無い新しい研究をすることが出来るのです(少々脚色あり)。

たくさんの人と知り合いになり、いろいろな考え方を持って研究することがこれからは必要なんですね。

もっと世の中に役立つ研究をしたい。
それより研究仲間が欲しい。ちょっぴり切実なゆーにでした。ではでは。


引用元:2008/08/25 産経新聞『琵琶湖のブルーギルで養鶏飼料、外来魚駆除とコスト低減の一石二鳥 』
URL:http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/080825/sty0808251309010-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/080825/sty0808251309010-n2.htm
2008.08.25 / Top↑
どーも、ゆーにですよー!みなさーん!若者たちが素晴らしい発明をしています。

それはブルーギルを食品化し、缶詰にすることに成功したというもの。


ラーメン缶・おでん缶に続き、ギル缶ってことですね!?

こりゃぁ一部のマニアに大ウケっすよダンナ!!


ブラックバスより身が小さく骨ばっかりといわれているブルーギルを食品化したことは、その筋で結構大きな話題となるんじゃないでしょうか。・・・外来生物家とか釣り人あたりで。

福井県立小浜水産高の生徒さん・教諭さんたちには感謝です!

硬いウロコを手で取り除き、圧力をかけることで骨が柔らかくなり、缶詰化に成功したそうです。確かに秋刀魚の缶詰の骨、食べられますもんねー。

塩水で2度洗い、ニンニクなどを利かせた2種類のスープで臭みを消すみたい。


手作業が多く、材料のサイズがまちまちなため商品化のめどはたっていないそうですが、実習で個数が蓄積されたら災害時に被災地に提供することも検討中だそうです。

それよりも、やはり実際に実行し、缶詰化に成功したことが何よりもうれしく思います。

だって、誰でも一度は考え付くかもしれないことでも、実際に行動に移せる人は少ない。
大人になると、考え付いてもしがらみが多くて行動できない人が多い。

外来生物食べちゃえばいいじゃんとか言ったりしても行動しない人は多いし、言うとこまで言ってしまえば、研究者たちは論文で~したほうがいい。とか、~するべきだ。とか、さらにはこの研究は~だった。とか書くけど、じゃあいったい誰がやるの?丸投げ?何に役立つの?みたいなことを思ってしまうものも中にはあるのだ。

そういう中で現実に実行してくれたことは非常にうれしいものでして、高校生と教諭方に感謝したいものです。励みになりました。

ゆーにもトウネズミモチの有効な利用法を考えていきます。最初は酒だー。実を採りに行かなきゃ。


ネタ元:毎日新聞石川2007/12/14「ブルーギル:外来魚、おいしい缶詰に 小浜水産高生が食品化‐福井」
URL:http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20071214ddlk17040054000c.html


最近ギルジゴクができたり、缶詰化されたり、天皇陛下が遺憾の意を表明されたり・・・とブルーギルに動きが出てきたように思います。今の外来魚類の流れはブルーギル!研究者の皆様方、よろしくおねがいします!!ゆーにでした。ではでは。
2007.12.14 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。