上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
どーもー。ゆーにですよー。

今日のお題は非木材パルプ。別に外来生物じゃなくてもいいんです。自由気ままがモットーなのさ!

よくマッ○とかモ○とかファー○トキッチンとかロッテリ○とかケンタッ○ーとかバーガーキ○グとか、ぜぇぜぇ、のいわゆるハンバーガー系ファストフード店あるじゃないすか。

今日モ○いったんすけど、そこのポティトゥが入ってる袋に「この紙は非木材パルプでできてます」的なことが書いてあるのさ。

非木材パルプ??パルプって木材じゃないの?でも横に紙マーク(ゴミ分別のときのやつ)があるし、ナンジャらほい?

・・・そもそもパルプってなんだべさ?あー、南国の海にあるでっかい海藻!そりゃケルプ。管を英語で!そりゃパイプ。って思ったわけですよ。


疑問に思ったら調べる。これ鉄則。うん、我ながらけんきゅー者っぽくてよろしいですねぇ。

興味を持ったら動く。若者たちには是非真似して欲しいものですなぁ。ほほほ。


で、調べました。もちろんウィキウィキ。

パルプとは、主に製紙に用いられる繊維である。

ふんふん。繊維ね。

主に木材を原料としてパルプを製造するが、(中略)草・藁・竹などの原料からパルプを抽出することも出来る。

なるほど、木じゃない草本や竹からパルプを作れるってわけですか。

パルプは主に木材パルプと非木材パルプに大別される。(中略)非木材パルプ
非木材パルプは木材パルプに比べて強度が無い、白色度が上がらない、紙にしたときにむらが出るなどの欠点が多い。反面、一般に安価である。
非木材パルプ→古紙パルプ、バガスパルプ(サトウキビの絞りかす)、藁パルプ。


ふーん。へぇーって感じですな。これはエコに入るのやら、入らないのやら。木材を使わず、古紙の再生や絞りかすを利用するのは、木をきらないゴミを増やさないって点でエコなんだろうけど。ウィキを読んでたら欠点多いけど安価でイイよ!みたいな印象を受けてしまったよ。

・・・はッ!それが作戦か!!

安価という部分を強調することで広く普及させ、エコにつなげようってことか!!(←深読みしすぎ)

うぅーん。さすがだ。今や環境の時代ですもんね。自分もエコしなきゃ。

そうだなー、例えば今飲んでる紅茶のティーバッグを紅茶がでなくなるくらい再利用しまくるとか!?(←ビンボー)

例えば食器洗うのがめんどくさいから、一日分まとめて洗うとか!!?(←怠け者)

例えばお湯を使うのがもったいないから、風呂に入らないとか!!!?(←不潔)

いっそ野外で生活し、野生に戻るとか!!!!?ビバ、ネイチャー!!!!!(←阿呆)



・・・いやもちろんやらないけど。冷たッ、ああそんなに冷たい目でみないで。

非木材パルプに始まり、ビバ、ネイチャーで締める。シュールな思考ここにあり。我はさらに先を目指す。目刺し。目指す。
スポンサーサイト
2007.12.21 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。