上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
なかなかレポートが終わらず、動くに動けないゆーにです。こんにちは。

え、記事書いてないでさっさとレポートやれって?き、気ままに気ままに。
息抜きは必要ですもんね!

今日は海外の外来生物の話です。
海外ではなんと!あの働き者の建築家、ダム造りの名人が外来種になっちゃっているのです。

その生物はビーバー!!

250px-American_Beaver.jpg
wikipedia wikimedia commons より転載

齧歯類のかわいいやつです。
ビーバーってなまで見たことがある人も少ないのではないでしょうか。

そのビーバーは、毛皮が柔らかく、昔は帽子に利用されていました。
その毛皮を利用するために1940年頃、アルゼンチンはフエゴ諸島にビーバーを50頭ほど移入したそうです。

フエゴ諸島↓
フエゴ諸島
このフエゴ諸島は南アメリカ大陸南端部に位置し、東をアルゼンチン、西をチリが領有しております。
ピンの刺さっているところがアルゼンチン領のフエゴ島、フエゴ州であり、国立公園に指定されているそうです。

移入されたビーバーは、天敵がいなかったため、個体数を増やし、2008年には10万頭まで増えてしまっているそうです。
移入されたアメリカビーバーはもともと北アメリカが原産地ですが、そこではオオカミやコヨーテ、グリズリーが天敵としていたようですね。

10分もあれば直径15㎝の木も倒せてしまうほどの働きっぷりにより、フエゴ諸島の固有樹木をばったばったと噛み倒しているそうです。アルゼンチンやチリ政府は、ビーバーの大規模駆除を計画しているようですね。

巣作りの際に木を切り倒し、水をせき止めてできた湖(池?)の真ん中に巣をつくるなんていう高度な技を持っているのですから、天敵がいなかったら生き残る確率は非常に高いのでしょう。それが個体数を爆発的に増やした原因でもあるのですけれど。

同時に、周りの環境を改変しすぎてしまいますよね。木を倒すなんて、道具を使わなかったら人間でもできないことをやってのけるわけですから。

樹木は、皮をはがされると枯死します。皮のすぐ下の部分に師管があり、皮がなくなると師管も一緒に無くなってしまうのです。師管が無くなることで、栄養が根っこに行かなくなりますから、根っこが弱り、水を吸えなくなって枯れてしまうのです。

木の皮をはぐのには日本ではシカやクマがいます。これらも林業被害を与える生き物として問題視されたりしますよね。

アルゼンチンのビーバーは外来種。さらに天敵もおらず、固有の森林をなぎ倒す。爆発的に増えてしまった個体。大変です。

ただし、駆除は意外に難しくないような気がします。まず、湖の真ん中に巣があるわけですから、そこを一網打尽。
巣がなければ生息できない(と思う)ので、また新たに巣がつくられる。そこを一網打尽。
短い期間で行えば、無理ではないと思うのです。発見も難しくなさそうだし。

ビーバーはかわいいです。認めます。自分が駆除しろ、といわれたら躊躇してしまうでしょう。
でも、アルゼンチンの固有生態系と比べたときに、どう考えるか?ってことですよ。

ビーバー駆除良くない!と叫んだところで、じゃあアルゼンチンの固有生態系・・・固有の樹木、草本、それに依存する昆虫、鳥類、哺乳類、それだけでなく菌類や細菌、土壌環境、水圏環境、魚類、甲殻類、軟体動物・・・。それらをないがしろにして良いの?って事なんですよね。

自然を守るとき、何を守るべきか。何を第一目標にして守るのか。
そこを押さえておくのは重要です。

私はまだ外来哺乳類の駆除に立ち会ったことがありません。というかあまり駆除事業に参加したことがない・・・。
だからこそ、実際の現場に立ち会い、考え、経験する必要があると思っております。口だけじゃダメですからね。

経験してこそ、はっきりとものが言えますから。
これからなるべく多くの経験をしていきたいと思っております。

真に外来生物問題を考えられるように。
スポンサーサイト
2008.07.29 / Top↑
どーもー、ちょっとお久しぶりのゆーにです。

祝!!5000HIT!!!他のブログに比べたらまだまだなんですが、これだけ専門的な内容に偏らせているのにこれだけたくさんの人に見て頂けたのは素直に嬉しいです!

これからもよろしくお願いしますー(>▽<)


今日は記事ではなくyoutubeより、ウシガエルの動画です。

日本でもよく見かけるウシガエル。最近だと・・・あぁ、善福寺公園だったかな?そこで声を聞きました。善福寺公園にはトウネズミモチもあり、ワカケホンセイインコもいたり、探せば外来種だらけだと思います。

というか東京や埼玉、神奈川などの都市公園はほとんど外来種に席巻されてるといってもよいでしょう。

なんたって皇居のお堀にブラックバス・ブルーギルがたくさん居るくらいですからー(ちゃんと駆除もしているようです)

前置きはさておき、ウシガエル(bullfrog)の動画です。national geographicより。食欲旺盛なウシガエルの食べっぷり、どうぞご覧あれ。そしてそのすさまじさに冷や汗を流しましょう。



何を食べているんだ、何を。そこまで食うかッ!!

非常に恐ろしいですね。都会はともかく(いや別にどうでもいいというわけではないですが)、貴重な生態系に入らないことを祈ります。

ちなみに、西表など南西諸島にはオオヒキガエルが侵入し、イリオモテヤマネコなど貴重な種に被害を出しています。オオヒキガエルは猛毒持ちですからね。

さらにちなみに、このbullfrogという単語でyoutubeで検索かけると、生きたマウスを食べさせている動画などスプラッタなものがあります。検索の際はご用心。おそろしやー。

さらにさらに、ブラックバスにカエルを食べさせる動画もありました。さすが海外、狩猟民族。

たまにはまったり、こんな感じでいかがでしょうか。
2008.07.23 / Top↑
こんにちは、レポートと試験でてんてこまいゆーにです。

ついでに研究も進まなくてちょっとあせってゆーにです。
樹木の引き抜き抵抗を測りたいのにはかれない・・・。

それはさておき、今日・・・いやちょっと前のニュースです。
岐阜県でアライグマに関する摘発があったようです。

以下記事どーぞ↓

アライグマ飼育 県内発の摘発

2008年07月12日

 許可を得ず持ち込んだり飼育したりすることが禁じられている特定外来生物のアライグマを家で飼育していたとして、岐阜北署は11日、岐阜市内の男性(72)を外来生物法違反(飼育の禁止)の疑いで岐阜地検に書類送検した。同法違反による摘発は県内で初。背景には、木曽三川公園でセアカゴケグモが大量に見つかるなど、危険性のある生物が増えている現状もあるようだ。(上田真由美)


 書類送検された男性によると、自宅付近には普段から野生のアライグマ数匹が現れていた。10年ほど前、干し柿を捕りに来るため、駆除しようとオリのわなを仕掛けたところ、1匹がかかったが、幼かった孫に「殺さないで」と泣きつかれ、ドッグフードを与えているうちに、すっかりなついてしまった。
 「ポンタ」と名付け、庭のオリで飼った。鎖でつないで近所を散歩させたことも。最近は「おまわり」や「お手」もするようになったという。
 男性は「法律違反は知っていた。エサをあげているうちになついて、情がわいてしまった」と話した。
 同署などによると、民間団体の通報を受けて県などが6月11日に男性宅に立ち入り、獣医師が特定外来生物のアライグマと確認した上で引き取ったという。推定10歳以上、体長約60センチのメスだった。


 特定外来生物は、08年1月現在で96種類が指定。05年施行の外来生物法前までペットとして流通していたカミツキガメや、ブルーギルなども指定されている。
 県地球環境課によると、県内では今年6月現在で18種類の生息が確認されている。アライグマは北米が原産地。62年に愛知県にペットとして持ち込まれてから野生化したのが確認されて以来、自然繁殖して増えた。


■県内で生息が確認されている主な特定外来生物(県地球環境課08年6月調べ)
アライグマ、ヌートリア、タイワンリス、カミツキガメ、ウシガエル、ブルーギル、アルゼンチンアリ、オオキンケイギク


でしたー。

こ・・・これは・・・考えざるをえない問題ですね。

岐阜県も動き出しているようですが・・・。

愛護団体が抗議しそうな気がしますが・・・。

でも、研究者としてではなく、全く普通の市民としてこれをみると、引き取って駆除しちゃうの!?と思ったりします。ふとかわいそうと思ったりもします。
研究者な自分で見ると、法律上明記されてるし、県としても例外を認めるわけにはいかないのだろう。メスであり今後子をたくさん産む可能性、過去に干し柿を奪ったこともあり、農業被害の可能性なども考えられる・・・。この県の判断は正しい、とも思います。今後の参考事例にもなるでしょう。
同時に、檻で飼っており、今後の危険性も限りなく低いと思われるので、この判断は正しかったかどうか・・・とも少し疑問には思いますが。

・・・いや、正しいのです。県の動きは全くといっていいほど正しいのです。
国の法律で定められていることに乗っ取って動いているのだから。
・・・ただ、法律、制度。そこを基準に動かなければいけないのが、例外を認めてはいけないのが行政の辛いところですよね。

このあとこのアライグマがどうなるかは知りません。もしかして・・・ってことも十分あり得るでしょう。

きっと、特に生態系とか生物多様性、外来生物法をしらない人は、「なんてかわいそうなことをするんだ!情けは無いのか!!」っていいたくなるでしょう。そうして県や通報した民間団体を責めるかもしれません。

しかし、待ってください。アライグマを野に放ち、厄介者に仕立て上げてしまったのは誰でしょうか?
国ですか?民間団体ですか?
それとも法律を作った国が悪いのでしょうか?多様性保全の考え方はいけないのでしょうか。IUCNなど、世界の考えは間違っているのでしょうか。

そして、アライグマが狂犬病媒介者になることや、アライグマ回虫という人にも移る恐ろしい病気を持っていることをみなさんは知っているのでしょうか。

県も民間団体も、国も世界も悪くないと思います。責められるべきはアライグマを逸出させてしまった人。適切に飼ってさえすれば、このような事態には、ならなかったでしょう。

でもその人々を特定なんかできないし、誰かが責任持ってこの事態に対処しなきゃいけないんです。
みんな嬉々として駆除をしてるわけないです。
自分だって外来樹木の駆除をやっておりますけど、ふとこれでいいのか・・・と思うことがあります。人間ですから。
でも、日本の自然や環境、多様性を守るためには誰かがやらねばならない。
いつか日本中外来種だらけになってしまってからでは遅いのです。
結局そのときだって誰かがやらなければならない。
ならば、今から未来の多様性への危機感を募らせている、我々が、行うべきなのです。

使命が勝つか、情けが勝つか。
未来を取るか、今を取るか。

そういうことなのです。

一瞬の「かわいそう」の判断で決めつけないでください。
「かわいそう」は他人事目線ですから。


ただ、適切に管理しており、逸出の危険がない場合かつ、去勢・避妊している状態ならば例外的に飼ってもいい・・・と認めるのはアリかと思います。

もしアライグマ肯定派の人がいるならば、単に県や国に抗議するだけではなく、こういうような提案をしていくほうが、世のため人のためだと思うんですよね。

ちょっと熱くなっちゃいました。
夏ですからー!・・・それでは。


引用元:朝日新聞 2008/07/12 『アライグマ飼育 県内発の摘発』
URL:http://mytown.asahi.com/gifu/news.php?k_id=22000000807120002
2008.07.17 / Top↑
どもゆーにです。

ちょっと動画を作成する必要があるので、練習として大学の外来植物を紹介する動画を作ってみました!!

すごく簡単な内容になっております。

写真撮ってきて、フォトストーリーで写真と文字と音楽を合成。
アップロードができなかったのでムービーメイカーに移し、再度保存。

でも2~3時間くらいでできました!!

練習作品なので大目に見てください。

ではどうぞ!!↓



もしかしたら今後こういうのも作っていくかもしれません。
2008.07.13 / Top↑
こんにちは、ゆーにです!梅雨なのに曇りばっかりでなかなか雨が降らないですねー。

いっそどばーっと降ってくれたらいいのに。そんな中、今日は晴れたし、友達の就職決定といういいニュースもあったので気分がいいです!!

それはさておき、千葉県いいですよー千葉県。外来生物対策が動いております。多分日本で一番・・・小笠原を除けば一番積極的なのかな?ニュースを見てる限り。

就職のとき千葉県も志望しようかな。

その千葉県でカミツキガメの駆除が開始されたようです!以下記事いきまーす。↓

カミツキガメ:印旛沼周辺の50カ所で駆除始まる--9月まで /千葉

 県自然保護課は8日、特定外来生物に指定されているカミツキガメの駆除作業を始めた。9月末までの予定で、印旛沼周辺の河川(総延長21キロ)で50カ所にわなを仕掛けて捕獲する。

 カミツキガメは北米から中南米に生息。成体は甲羅の長さ35~50センチ、体重約35キロにもなる。日本ではかつてペットとして人気があり、05年に輸入が禁止されるまで、数多く持ち込まれたという。生態系への影響や人への被害が懸念され、05年に環境省が特定外来生物に指定した。

 04、05年に行われた県の生息調査では、印旛沼周辺で約1000匹が生息していると推定。同課は07年度に特定外来生物の防除計画を策定し、07年7~10月に247匹を捕獲した。駆除費用として約560万円を計上している。

 捕獲したカミツキガメは2日間冷凍庫で保管した後、一般廃棄物として処理するか、大学などに研究材料として提供するという。

 現在、県が駆除に乗り出している特定外来生物はカミツキガメとアカゲザル。今後はアライグマとキョンを予定している。【中川聡子】

毎日新聞 2008年7月9日 地方版



印旛沼でカミツキガメがすごいのはこのまえニュースでやってました。

新報道プレミアAとかだったかな?実際にカミツキガメが産卵している現場を取り押さえていましたね。

特定外来生物のブラックバスやナガエツルノゲイトウもいるみたいだし、印旛沼、行かなくては!!!

そのカミツキガメの繁殖源となっている印旛沼での駆除開始です。
人が結構散歩しそうなところですから、攻撃性の高いカミツキガメは危険ですよね。

生息調査で約1000匹、というのは意外に少ないですねー。
少ないからこそ、まだ爆発的に増えているわけではないからこそ低費用で少ない期間で済みそうですね。

影響が出てない(わからない)から様子をみよう、なんていう人がいなそうで良かったと思います。
影響が出てからでは根絶なんて限りなく可能性が低くなりますから。

千葉県はカミツキガメとアカゲザル、アライグマとキョンを駆除対象にして根絶を目指していくようですが、頑張って欲しいですね!

とくに哺乳類駆除になると必ず愛護団体が出てきますから。

応援してます、千葉県!!!

他県の方々も応援してます!!頑張ってください!!

もちろん自分もがんばりまーす!!!


引用元:毎日新聞 2008/07/09 『カミツキガメ:印旛沼周辺の50カ所で駆除始まる--9月まで /千葉』
URL:http://mainichi.jp/area/chiba/news/20080709ddlk12040177000c.html
2008.07.11 / Top↑
ども、ゆーにです。今日は最近の論文から。

オオハンゴンソウの刈り取りは駆除効果があるのか、という論文を紹介します。

2007年に大澤・赤坂さんが保全生態学研究に出された論文です。


オオハンゴンソウは、特定外来生物に指定されている草本植物です。
このオオハンゴンソウを効率的に駆除できるか否かを、刈り取りの手法を用いて研究(実践)した報告です。

では要点を↓

オオハンゴンソウは4月下旬から5月上旬ごろに成長を開始する多年草です。
5月下旬~6月上旬には茎や葉を十分に展葉させます。

この成長開始と展葉には、春に地下部に蓄えてあった栄養を使います。

つまり、この栄養を使い切ったあとで刈り取ってしまえば、地下部が痩せている状態なので、最終的に弱るか枯れるだろうという仮説なんですね。

一般的にこの仮説は支持されており、樹木でもこのような考え方をします。
その仮説に基づき、実験をしたようです。

詳細は省きますが、刈り取ったところと刈り取らなかったところで地下部の大きさ(=栄養の蓄え)や、花芽の形成、また地下部の大きさと花の数を比較しておりました。

その結果、刈り取りしたところはほとんど花芽がつかなかったようです。まぁ刈り取っているのでこれは予想内ですよね。
刈り取らなかったところは逆に全てに花芽がつきました。

地下部の大きさと花の数には正の相関・・・つまり大きさに比例して花の数が増えていたようです。

そして、刈り取りしたとことしてないところの地下部の大きさ。
なんと、これは刈り取った方が地下部が大きかったようです!刈り取らなかったところよりも。

つまり、刈り取りを行うと、その年の花芽はつけない(=種子をつくらない)で済むけれども、地下部が大きくなっていくということです。

刈り取りをしなくなると、やめた年にものすごい量の花をつけ、たくさん種子散布しちゃうということです。

なので、オオハンゴンソウを初夏に刈り取っても、駆除にはつながらないということでした。

毎年確実に刈り取るならば種子散布を防ぐ効果はあるけれども、根本的な駆除対策にはならない、という結論でした。


以上が大体の流れです。

不思議ですよね?春になって地下部の栄養で葉っぱを出して成長するのに、栄養が減るどころか増えてしまっている。

著者さん方は、葉っぱの展葉と共に光合成などを行って、伸ばすと同時に栄養を溜め込んでるのではないか、とも言っており、年に数回に分けて伐採すれば良いかも、とも書いておりました。

でも、どうなんでしょ。

実際に地上部を切り倒した株の根が、なんか大きくなっているなーという経験はあります。
ほかにも、切ったチューリップの球根が以前より大きくなっているという例もありました。
芝なんかもそうだったかな?うろ覚えですが。

こっからは自分の考えを書きます。

植物にはホルモンがあり、オーキシンを芽で作って体を成長させます。
このオーキシンは同時に根の成長を妨げる効果もあります。
伐採することによって、オーキシンの生成が阻止され、地下部が肥大成長したとも考えられるのではないでしょうか。

栄養は根と共生している菌根が必ずいるはずですから、そこから供給されている可能性も否定できなくはありません。窒素固定している菌と共生していたらなおさらだと思います。

結構このような反応をする種が多そうですので、調べてみるのも良いかもしれませんね。

もしかしたら、今までの地下部の栄養を使って展葉・成長するという説が覆されるかもしれませんよ。

参考文献
2007 大澤・赤坂 「特定外来生物オオハンゴンソウが6月の刈り取りから受ける影響」 保全生態学研究
2008.07.09 / Top↑
ゆーにです!本日2本目の記事です!

1ヶ月に1回あるかないかの珍事。

大学にある、いわゆる「異質な植生景観」を写真に納めてきたので、紹介します。

場所は・・・大学の雑木林で、あまり学生が通らず、休みの日はバードウォッチングに適しているといわれるあたりです。本学学生ならゴミ集積所の近く、といえばわかるでしょうか。

異質な植生景観は、その名の通り、日本の植生景観(風景)として異質なのです。
なぜ異質かといいますと、もちろん外来生物。

日本にいなかった植物が沢山入り込んで、あれ?ここ日本?と思わせてしまうような景観を作ってしまうのです!!・・・もちろん植物に詳しくない人はチンプンカンプンでしょうけれど。

とくに常緑樹の外来種は景観を損ねます。だって冬になったら落葉樹なら普通は葉を落としますよね?その林に常緑外来樹木が入り込むと、冬にも緑の林になってしまうのです。
・・・日本らしくない。焚き火だ焚き火だ落ち葉焚き~の背後に緑色の林があるんですよ?変ですよね。

っていうのはおいといて、見てみましょうか!

クリック↓
IMGP3093re.jpg


まぁ、ぱっと見なんだかわかりませんよね。

というわけで、種ごとに色をつけてみました!!
クイズ形式にしますので、わかったら続きを読むをクリックし、答えあわせをしてみてください!!

クリック↓
IMGP3093rere.jpg
... 続きを読む
2008.07.04 / Top↑
今日も今日とて新聞ニュースより。たまには違うものもやりましょうか。

でもその前にまたyahoo!ニュースにもでていたので、記事を題材にして書こうと思います。

今日は京都でハルシャギク。記事をどうぞ↓

黄色い花が河川敷覆う 音無瀬橋一帯にハルシャギク群生

福知山市の音無瀬橋下の由良川沿いに、鮮やかな黄色の花が群生し、河川敷を覆っている=写真。この花はキク科の一種「ハルシャギク」だと思われる。市植物園などによると、「もとは外来種だが、野生化して増えた花」だという。
 
 ハルシャギクは北米原産の1年草で、夏から秋にかけて花を咲かせる。花の中央は深紅で、花弁は黄色。高知県の中学校では、増えたハルシャギクが校庭を覆ったことが、話題に上っていた。


でした。

まずハルシャギクとは何ぞや?ということで調べてみました。

ハルシャギクはキク科の一年草で、北アメリカ原産です。

ハルシャとはペルシャのことらしいですが、原産はアメリカ。

荒地や路傍でも生育できるようです。

明治初期に観賞用として導入されました。

舌状花の先が黄色く、基部が褐色なので、蛇の目模様にも見えるようです。
・・・あまりそうは見えないかもしれませんが、ひとつの特徴ですね。

さて、このハルシャギク。特定外来生物か?
・・・指定されていません。

じゃあ要注意外来生物か!?
・・・・含まれておりません。

では未判定外来生物なのか!!??
・・・・・それも違います。

つまり、ハルシャギクは特に規制がないのですね。
もともと観賞用として導入され流通しているのですから、そうホイホイと指定はできないのです。

それにきっとこの植物を愛でている人も少なからずいるでしょうし。

しかし、同時にこのハルシャギクは河川敷一面を覆うほどの耐環境能力と繁殖能力を持っていることを忘れないでいただきたい。

今後環境がこれ以上変化し、よりハルシャギクにとって生育しやすい場所になってしまったら、きっとその繁殖力によって植生を変えてしまうでしょう。

オオキンケイギク、オオハンゴンソウなどのキク科特定外来生物がこれ以上増えないことを祈りながら、今日はここまでにしときましょう。

人が適切な管理さえすれば、どんな植物だって悪者にはならないのです。

ペットを最後まで面倒をみるのと同様、観賞用植物も枯れるまで面倒見て、子供ができそうなとき(植物では種子ですが)はそれを周囲に撒き散らして良いのか、考えましょうね。


引用元:両丹日日新聞 2008/07/02 『黄色い花が河川敷覆う 音無瀬橋一帯にハルシャギク群生』
URL:http://www.ryoutan.co.jp/news/2008/07/02/003814.html
2008.07.04 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。