上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは、ゆーにです。寒い日が続きますねー。
今日はもう昨年のニュースなんですが、その紹介です。

また新たな・・・というか知られていなかった外来種が猛威を振るい始めるようです。
その種はカミヤツデ。ヤツデの仲間ですね。

外来樹木の話なので、私は大いに興味がありますが・・・まず記事をご覧ください。↓

カミヤツデ:湯河原で増殖 外来種、生態系を崩す恐れ /神奈川

 ◇専門家「今のうちに駆除必要」
 湯河原町で外来植物の「カミヤツデ」が増殖し、生態系のバランスを崩すことが危惧(きぐ)されている。カミヤツデは広い葉を持ち、群生すると葉の影になった下層部の植物への太陽光を遮り、枯死させてしまう恐れがあるという。冨田幸宏町長は「森林も大切な観光資源。これを守る意味でも、周知や駆除など問題提起をしていきたい」と話している。

 県立生命の星・地球博物館(小田原市入生田)によると、カミヤツデは台湾や中国南部が原産。南国的な雰囲気から観葉植物になり、伊豆半島などでは造花の材料「通草紙」を作る原料として植栽されたこともあるという。しかし、セルロイドの登場で需要がなくなり、野生化したものもあるとみられている。

 冬が開花時期で、今はクリームホワイト色の花を房状につけ、遠目からもカミヤツデが部分的に群生しているのが分かる。開花時期が過ぎると、結実期を迎え、実を食べた鳥のふんで種がばらまかれたり、地下茎で繁殖の範囲を広げる。このため、早めに手を打たなければ毎年、増殖を繰り返し、生態系を脅かす恐れがあるという。

 町内でカミヤツデが目立つのは奥湯河原・藤木川沿いの「五段の滝」付近。名所として紹介されているが、同博物館で植物を専門とする勝山輝男学芸員は「川をはさんで、きれいな常緑樹があり、景観的にもカミヤツデがあるのは好ましくない」と話す。

 数年前にも真鶴半島で大掛かりな駆除作業が実施されたが、復活の兆しを見せていると言われ、小田原市江之浦の国道135号沿いの斜面でも広範囲の群生が見られる。五段の滝付近のカミヤツデについて勝山学芸員は「今は“黄信号”だろうが、“赤信号”になると大変なことになる。手間がかからないうちに駆除したほうがいい」と話す。

 冨田町長は「野生動物のように直接被害がないうえ、外来種という認識も少ないのだろうが、広く周知して、今後どうすればいいのかを考えていきたい」と言う。【澤晴夫】

毎日新聞 2008年12月27日 地方版


だそうです。

では記事にも書いてありますが、カミヤツデとはどんな植物か。調べてみましょうね。
wikipediaさん、出番です!

445px-Tetrapanax_papyrifer1.jpg
カミヤツデ(wikipediaより転載)

カミヤツデは中国・台湾原産の常緑低木です。ヤツデと同様にウコギ科ですが、属はヤツデはヤツデ属、カミヤツデはカミヤツデ属で、ちょっと違うみたいですね。

茎の髄から紙の一種を作ることができ、それが名の由来のようです。観葉植物としても持ち込まれているようですね。
冬が開花時期で結実もその時期ならば、鳥類によってもっとも季節的に散布されやすいでしょう。他の樹木はこの時期に実をつけるものが少ないですからね。
常緑樹の特権でしょうか。トウネズミモチも未だに実をつけたままですし。

このカミヤツデが問題となるのは、群生して下層植生に影響を与えること、生態系のバランスを崩すこと、そして景観の問題です。

植物を知らない人は、景観問題をあまり気にしません。
緑があればいいじゃん、とか、地球温暖化なんだから緑があるのはいいことだ!とか。

でもそれは論点をずらしているだけなんですね。ただ気にしていないだけ。考えたくないだけ。

私の大学構内の雑木林は、冬になると面白いことになります。
雑木林に点々と生えている常緑樹。見てみると大部分がトウネズミモチ。外来種ですよ。
でもみんなそのことを知らない。

大学の近くには浅間山(せんげんやま)という小高い山があります。
一部の林床はアオキやヤツデだらけ。今はどうなっているのだろう。
外来種じゃなくても、そればっかりだと気味が悪い。

私の調査地の湯島聖堂の斜面。
シュロだらけ。どこかのジャングルかと思います。

気にしなければいいのかもしれないけれど、これらの植物に限って成長がよく、たくさん増殖し、広範囲に散布されちゃうのですよね。
気づいたときには厄介者なんです。

カミヤツデも、いつの間にか大増殖し、一面カミヤツデだらけになってしまうかもしれません。

数年前に真鶴半島で大掛かりな駆除を行ったようですが、復活の兆しが見え始めているようです。
やはり、厄介。
生態系が崩れかけているからこういうことが起こるのですが、さらに拍車をかけて崩しちゃうのが外来種。
都市生態系も同様のことが言えます。

外来種は手間がかからないうちに駆除したほうがよい。
もっともです。放置してしまうのは論外です。

根絶が不可能?実際にやってみればきりがないと思うかもしれません。
しかし、何人でやってますか?どのくらいお金をかけていますか?
意外とぜんぜん力を入れていなかったりするものです。

根絶事例は世界にあります。
ガンビアハマダラカもそうですし、イギリスのヌートリアもそう。
日本だってウリミバエを根絶しているのです!

だから、不可能ではない。お金がないことを隠れ蓑に、やろうとしないだけなんです。
私はやれといわれれば、私の大学内のトウネズミモチを根絶させる自信があります。

光が丘のトウネズミモチも、何とかすることができると思います。

樹木だから他の生物より簡単なはずです。

カミヤツデは常緑低木。さらに難易度は下がるはずです。

増えて駆除して、また増えて駆除してのいたちごっこが始まる前に、ぜひとも一気に根絶する努力をしてみてはいかがでしょうか。


今回の記事は根絶を強く推してみました。
アライグマやブラックバスを根絶しよう!という話が出ると、必ず無理だとか、コストがかかりすぎるという話が出るのですよ。

昆虫や植物、ことに樹木を根絶しようとなると反論はほとんどでてこない。
バスやアライグマに反対する人というのは、動物愛護を気取っているか、金の入りが少なくなるからか。そのどちらかが大半を占めていると思います。

外来種問題、生態系への被害などをちゃんと考えている人は少ない、ということです。
結局自分の利害にかかわることにしか興味のない人ばかりなのです。

私はもっと勉強して、別に樹木だけでなく、外来生物全般に強く言える、そんな研究者・・・になるかはわかりませんが、そんな専門家になりたいと思います。


引用元:毎日新聞 2008/12/27 『カミヤツデ:湯河原で増殖 外来種、生態系を崩す恐れ /神奈川』
URL:http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20081227ddlk14040244000c.html
スポンサーサイト
2009.01.03 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。