上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
どもー、ゆーにです。珍しく本日2つ目の更新。

トウネズ酒、正式名称女貞酒。

忘年会および新年会で飲んでみましたよ!

仲間数人を生贄に巻き込んで・・・。


忘年会では、仲間のお酒マスターに何で割るべきかを聞き、皆で割って飲んでみました。

割るドリンクは水、サイダー、ウーロン茶、野菜ジュース。

結果からいえば、当たり外れの大きいこと大きいこと。
むしろ当たりなんてなかった。


トウネズ酒はやっぱりニオイが独特です。
なんだろう、豆みたいな。。。生の小豆みたいなニオイがします。決して御汁粉のニオイではないですよ!豆みたいなニオイ。

味は・・・記憶のかなたです。味よりもニオイがきついです。
ただ、最初から薬酒ととらえて飲むならばそんなにきつくないですね。
あぁ、こんなもんか程度です。

さぁ、上記の割る液体のなかで、はずれはどれでしょう!

正解は・・・ウーロン茶。

・・・カオス!

なんていうか・・・青汁以上のひどさ。

ウーロン茶の独特の風味、トウネズ酒のニオイそれぞれが手を取り合って不協和音をばら撒いてるイメージでした。本気で不味いと思った、20代の夜。昼だったけど。

他の割りものの感想は・・・
水は普通です。少し飲み易くなります。
サイダーはニオイを打ち消してくれるので、抵抗が少しなくなります。
野菜ジュースはそっちのほうが強すぎて、トウネズ酒かどうか怪しくなります。ただ、野菜ジュースの中からひょっこりトウネズ酒が顔を覗かせてるイメージですね。

割る量を変えたりすると相当雰囲気が変わると思いますので、あくまでも参考ですけれど。

個人的には少量をお湯で溶かして寝る前に飲む、見たいな感じがいいのかなと思いました。

決して酒盛りで出すものではないと思います。
中国で薬酒として用いられていたので、当たり前ですけれどね。

試そうとして試せなかったのですが、アセロラとか柑橘系のもので割るとどうなるか、果たして飲みやすくなるのか、今度やらないといけませんね。

また研究室などで飲み会があるときに、ダークホースとして持っていきましょう。
単なるダークかもしれませんが。

滋養強壮のために飲む、そんなお酒でした。
スポンサーサイト
2009.01.19 / Top↑
こんにちは、ちょっと間が空いちゃいましたゆーにです。

つい先々週くらいに神奈川県湯河原町のカミヤツデの記事を書いたと思うのですが、どうやら動きがあったようです。早いですねー。

前回の報道は昨年の12月27日、今回の報道は1月17日。約20日くらいの間に動きがあったのは素直に驚きです。
もちろん色々動いている中をつまんで発表してくるのが報道ですけれど、それでもこの早さは初めて見ました。

とにかく新聞記事をご覧いただきましょう↓

カミヤツデ:湯河原で増殖 町が除去 「五段の滝」付近で外来種の群生 /神奈川
 ◇生態系崩す恐れ
 湯河原町で外来植物「カミヤツデ」が増殖している問題で、町は16日、同町宮上の奥湯河原・藤木川沿いの「五段の滝」付近に群生しているカミヤツデを除去した。

 カミヤツデは台湾や中国南部が原産。広い葉の陰になった植物への太陽光を遮り、枯死させてしまうなど群生すると生態系のバランスを崩すことが危惧(きぐ)されている。滝付近の土地所有者の了解が得られたため町環境課の職員がチェーンソーを使って直径20センチ以上になった木などを次々に切り倒し、焼却処分した。

 カミヤツデは冬が開花時期。この時期を過ぎると結実期を迎え、実を食べた鳥のふんで種がばらまかれることから、専門家から早めの除去の必要性が指摘されていた。同じく群生が確認されている同町の城堀地区でも近く除去する方針で、他に群生している場所がないかどうかの調査も進めるという。【澤晴夫】

毎日新聞 2009年1月17日 地方版


ということでした。
まだ部分的には残っていたり、まだ他にも生えている場所はあるのでしょう。
なぜこんなに早く動けたのか。

やはり町という小さな単位だからでしょうか。国や地方だと予算を使うべき場所と後回しにしていい場所に分かれたり、いろいろな管理上のしがらみ(いちいち各方面に連絡や許可などを出さなければいけなかったり)があったりするんでしょうか。

行政のことは分からないのですが、研究者としてそういう部分も分かっているときっと役立つでしょう。

さて、カミヤツデの除去。方法はチェンソーを使ってブイーンと切り倒したようですね。
そのあとに焼却処分。

アカギなんか伐倒した丸太から根を出して再生するなんて話も聞きますから、さすがにカミヤツデはそこまで強くないと思うのですが、焼却処分は正解ですね。

ただ、切り倒した株から萌芽(あるいは再生)しないんでしょうか・・・?
それがちょっと心配です。

もし萌芽しちゃったら切り倒すだけでは不十分ですから。
大丈夫だとは思いますが、動向を見守りましょうか。


こんなに早く駆除できたのは、外来種の予防原則という点で評価されるべきことです。
過去にも真鶴半島で繁茂し、駆除してからまた復活の兆しがあるといわれているのはどうにかしなければいけませんが。
しかし幸いまだ他県での話は聞いておりませんし、カミヤツデ自体も植栽に用いられるほど沢山出回っているものでもない。

十分に封じ込めが可能なのです。あわよくば根絶することもできるのです。
是非ともこの調子で封じ込め、「被害が大きくなる前に対処できた事例」として名を残してほしいですね。


引用元:毎日新聞 2009/01/17 『カミヤツデ:湯河原で増殖 町が除去 「五段の滝」付近で外来種の群生 /神奈川』
URL:http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20090117ddlk14040225000c.html
2009.01.19 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。