上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
またもやお久です。ゆーにです。
研究室の引越しがあったり、授業の発表があったり、未だに取ってきた写真をパソコンに取り込んでません・・・。例の2つの記事!もうちょっと!もうちょっとお待ちを!

というわけで、今日はニュース紹介でご勘弁。

1年とちょっと前に高校生がブルーギルの缶詰を作った、ていうのを記事にしましたが、(参考。残念ながら当時は記事をコピペしていませんでした・・・。)今度は琵琶湖の若手漁師さんたちが外来魚缶詰を作ったようですね!

この缶詰は商品化されて収入源となるのでしょうか。期待に胸を膨らませつつ、記事を読んでみましょう。

最近外来生物の有効利用に関する話が多くて、面白いです。
流石日本人のモッタイナイ精神。

海外はこんなことしてるんでしょうかね~。オーストラリアではラクダ食おうぜ!っていうのが最近ありましたが・・・。

ということで、以下記事どうぞ↓

外来魚を缶詰非常食に活用
琵琶湖の若手漁師ら開発


 琵琶湖の若手漁師らがこのほど、外来魚の缶詰を開発し、災害時の非常食として活用を探っている。南湖では外来魚駆除が漁業収入の柱の一つになっているが、漁師らは「行政の補助金頼みから少しでも脱し、独自収入に結びつけたい」としている。

 外来魚は年間400-500トンが駆除されており、滋賀県などは駆除経費の補助を漁業者に支払っている。県漁業協同組合連合の青年会は、行政に依存するだけでは将来の展望が開けないとして、昨秋から本格的にオオクチバスとブルーギルの缶詰加工に乗り出した。

 琵琶湖の学術調査で漁業者らと関係の深い近畿大が学内設備を使って缶詰加工に協力。漁師が自ら魚をさばき、缶に詰めて蒸し上げ、しょう油や砂糖、ショウガなどで味付けした。

 オオクチバスは皮に臭みがあるため、たわしで何度もぬめりを取るなど丹念に下ごしらえした。イベントで市民に試食してもらったところ、47人のうち42人が「おいしい」などと回答し、「ご飯がすすむ」「サバの水煮のよう」と評価したという。

 外来魚の漁獲が不安定なことや加工設備がないなど課題も多いが、漁業者たちは、缶詰関連企業のアドバイスを受けながら量産化を探っている。

 県漁連青年会の鶫飼広之理事(49)は「非常食なら困っている人たちの役にも立つ。少しでも利益が得られるようなら在来魚の放流費用に充てたい」と話している。


ということでした。

オオクチバスとブルーギルの缶詰。

バスはおいしいと言われていますが、ブルーギルは骨だらけ、というのが通説ですね。食べたこと無いので分からないんですが。
でも、缶詰加工にすれば、圧力をたくさんかけるらしく、骨まで食べられるようになりますよね!

よく売ってるじゃないですか、缶詰のサバやイワシやサンマ。
一人暮らしの友、缶詰。
野外食の救世主、缶詰。

あまり知られていないかもしれませんが、今はブラックバスよりもブルーギルの方が全国的にも数が多く、問題となっております。

バスは食べられるからいいものの、ギルは食べられない。
ただ捨てるだけの時代。

缶詰はギル有効利用の第一手だと思います!
他にも養鶏飼料に、とかもありましたが、いろんな方法で効果的に駆除・活用し、生態系を安定化させていきたいものですね。

最近食べたい食べたいばっかり言ってる気がしますが、缶詰食べたいですねー。
時間があるうちに外来生物食をやっておかなければ、と思います。

ところで、オオクチバスの皮がぬめって臭いそうですが、皮をむいたりあるいは塩でぬめりとりってできないんですかねー?

いっそ酢漬けとか塩漬けとかにしてみたらいかがでしょうか。

和の料理法と洋の魚のコラボ!とかね。

もはやバスもギルも洋の魚っていう気はしなくなってきていますが・・・。
非常に由々しき事態です。

引用元:京都新聞 2009/02/22 『外来魚を缶詰非常食に活用 琵琶湖の若手漁師ら開発』
URL:http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009022200053&genre=K1&area=S00
スポンサーサイト
2009.02.23 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。