上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
IMGP4490re.jpg
もっっっっさり。一面を覆うこの植物はいったい?


ども、ゆーにです。岩手の生態学会に行ってきました。
たくさんの外来生物研究者とお話できて楽しかったですし、いろんなシンポジウムや自由集会、企画集会などに参加できたので非常に為になりました。

詳しいことは後日気合を入れて書く予定ですが、今日は溜まっている記事を消化していきたいと思います。

この写真は2009年3月5日、屋久島にて撮ったもの。

屋久島といっても自然中ではなく、植物園のようなところで撮ったものです。

詳しい場所をいうのは少々はばかられますが、人が管理しているところだと言っておきましょう。
小さい島なのですぐに場所を特定できてしまうと思います。
公に場所をさらしてもいいのかもしれませんが、さらすことでその施設がバッシングに合うなどの被害にあってしまうのは本位ではありませんから。

・・・とここまでいうとこのもっさりと水面を覆いつくしている植物がどんなものだかうすうす感づきません?


そう、法律で禁止されている特定外来生物ですね。飼育に許可が必要となる、あの。

ちょっと拡大してみて見ましょうか。
IMGP4489re.jpg

ということで、正解はボタンウキクサ、別名ウォーターレタスでした。

ボタンウキクサはサトイモ科ボタンウキクサ属に分類される常緑多年草です。

原産地は南アフリカといわれており、1920年頃、観賞用に導入されたようです。近年ではビオトープや水質浄化にも用いられておりました。

ボタンウキクサは株元から走出枝を出し新しい株を作ります。ホテイアオイと同様ですね。
繁殖速度はとても早く、最初の写真のように水面を覆いつくしてしまい、最近では(半年前くらいですが)徳島県の旧吉野川河口堰で、ホテイアオイと共に水面を覆いつくし、問題になっておりました。

水面を覆うことで、他の植物の光合成の阻害、水中の酸素不足、水路の水流阻害、水質や水温の低下、そして在来植物の群落が消滅寸前までに追い込まれたことなどから、特定外来生物に指定されております。
・・・侵略的な浮葉植物の特徴をコンプリートしていますね!

駆除は物理的な方法がほとんどで、熊手で引き寄せたり、あるいは重機で掬い上げたりします。
ただし、走出枝が折れやすいので株が残りやすく、完全駆除するには一つの株も残してはいけません。

海外では除草剤の散布や、ゾウムシなどの天敵を用いた駆除が行われているようです。

外来水草の駆除は厄介ですよー。
浮葉性のものは大体が無性生殖(栄養繁殖)で増えることができちゃいますし、オオカナダモなんかの沈水性のものは切れ端から増えて大増殖できますから。

化学物質による防除ももしかしたらある(海外では除草剤が使われているなど)のかもしれませんが、在来植物にも同時に影響を与えてしまいますし、その化学物質が水中に残留する可能性もありますし、万が一人が飲料用に取水していたら厄介な問題になります。

どなたか人体に影響がなく、ボタンウキクサやホテイアオイに選択的で、さらに水中に残留しない薬品を開発してください!何かしらの賞を取れるかもしてませんよ~!

そうでなくても効率的に駆除できる方法を開発or確立すれば、それらの植物が日本で問題を起こしている地域はいっぱいありますから、救世主となること間違いないでしょう。

駆除の何が大変かって従事者と技術ですから。


ところで、ボタンウキクサはちょっと前は沖縄以外では越冬できず一年草だったみたいですが、最近はどうやら本州でも越冬ができるみたいですね。1980年頃の日本水生植物図鑑にはそのように記してあると思います。

これは温暖化の影響でしょうか?それとも工場廃水とか?

外来生物の拡大とか生態の変化を考えるときには、周囲の環境の変化も考慮しなければいけません。何も外来生物に限ったことではなく、その他の生物でも明らかに生態が変化したならば、それについて考えることが必要です。

越冬できるようになった原因が、もし工場廃水とかだったならばそこを何とかしなければいけませんし、温暖化だったら我々一人一人が温暖化を緩めるよう動かなければいけません。

生物を対象に研究していると、どうしても簡単なことに気づけないときがあります。

個体群動態など、専門的に突き詰めていくと手法が緻密で確立されたように感じますが、ときには必要のない場合だってあるでしょう。
例えばかなり狭い水系で、人力で頑張っちゃえば根絶できるところなのに、わざわざ年間の成長率や増殖率、枯死率を求めたりするのは本末転倒です。

何を目標に研究しているのか。駆除しているのか。
生態系の保全が目的なのか、それとも生態や個体群動態を明らかにしたいのか。
外来生物をを根絶したいのか、それとも今後のためにデータを取りたいのか。

研究者は目標を、初心を忘れてはいけませんし、駆除の従事者は諦めることをしてはいけません。

・・・なんて真面目にまとめがちですが、一番言いたいのはそこではない。(←ってオイ)


どうか屋久島でボタンウキクサを所持している方、野外に逸出させないでください!
周囲は海で隔たれ、水がよく、温暖で雨量の多い島ですから、逸出したら増殖する可能性があります。

屋久島の水草事情はわかりませんが、一応ラムサール登録地があったり、国立公園だったり、世界遺産だったりするわけですから、より生物多様性の保全に気をつけていただきたい。

見た限り逸出の心配はありませんでしたが、もしこれらを捨てる際には陸地に積み上げ、根を張らせないように工夫して干すか、焼却処分してください。

屋久島では路傍の雑草と縄文杉を見に行く途中のメタセコイア以外、自然界での外来生物はあまり多くなかったので、今ある固有の生態系を大事にすべきです。

タヌキが出たとかも聞きましたが、エコツアーなど、自然環境を資源として生活しているのでしょうから、なるべく生態系の破壊は防いでいただきたい。

万が一外来生物が増えだしたりして・・・ガラパゴスや小笠原のようになってからでは遅いのですよ。


参考:自然環境研究センター編 『日本の外来生物』 平凡社 2008
スポンサーサイト
2009.03.25 / Top↑
こんにちは、ゆーにです。明日から岩手で生態学会がありますね!

わたしはバリバリ外来生物のところに張り付くつもりです。
発表は来年にならないとやらない気がします。

学会のことも記事にしたいけど、その前にシンポジウムも書かなきゃ。あとついこないだ行ってきた屋久島のことも。

で、今日の記事ですが、今日は外来生物とはまったく関係ありません!

こんなカテゴリ作ってたんですねー、うえきばち。

ということで昨年から育てているミズナラが現在どうなっているのか!
そのまえにうえきばちはどうなっているのか!

こちらです↓
IMGP4680re.jpg

出窓にうえきばち5つ。ベランダが無いからなんですが・・・あ、玄関と窓際にもう2つありました。
よって現在うえきばち7つですね!

ご紹介します。
一番左がミズナラ。葉のついているやつです。
その右、小さいのがホテイアオイ。
マヨネーズボトルのとなり、さらに小さい鉢はブルーベリー。
左奥がコナラ。そして右奥がリンゴツバキ(種)です。

ここにはないもう1つがニワウルシ(外来種)、もう1つがミズナラです。

まだどれも芽が出始めなのであまり見ても面白くないと思います。

では何故記事にしているのか。

気づきました?
ここにあるほとんどが落葉樹。

新芽は出始め。

あれ?なんか一つおかしくありません?

そう、これ↓
IMGP4681re.jpg
写真写りが悪くていろいろいじったらセピア風になりました・・・。

じゃなくて、ミズナラです。

おかしい部分はそう、葉が生えていることですね!

ミズナラは落葉樹!今の時期に葉をつけているわけがありません!

では何故葉を付けているのか。

簡単なことです。部屋の中の窓際で育てており、室内が暖かいために葉を落とす必要が無かったからです!

落葉樹の葉の寿命は一年です。

寒くなり日も短くなり、光合成で作られるエネルギーと呼吸で消費されるエネルギーの収支バランスが取れなくなるから葉を落とすのです。

葉を落としたほうが健康に生きながらえるからなんです。

葉を付けたままだと、例えば寒くて葉の細胞が凍結してしまうなんていう危険もありますから。

落葉樹の葉の寿命が一般的に1年なのはそんな理由なのです。
この寿命は生態的寿命といいます。

生活史(生態)の中で外的要因などで決まる寿命のことです。

逆に、生理的寿命というのもあります。

これは、外的要因を取り除いた場合どこまで生き延びられるか、つまり、その葉がもともと持っている寿命のことです。

個体差もあるようで、写真に載っていないミズナラは落葉しました。

植物って育ててるとセオリーとは違った様々な反応を見せてくれます。

日本では一年草といわれている水草のホテイアオイですら、うえきばちで育て、室内栽培していると元気・・・とはいわないまでも生き延びていますから。


外来生物だけでなく一応樹木も専門なので、こういう実際の研究に役にたたなそうなことも好奇心から気になってしまうんですよー。

たまにはこんな息抜きもありですよね。それでは。
2009.03.16 / Top↑
こにちは、ゆーにです。

2月24日に、大学院の授業の一環で外来種問題に関する発表会を行いました。少し前の話ですが、その発表のさなか議論に上ったことにおや?思ったことがありますのでちょっぴり解説しようと思います。

外来種問題といえば、やはりすぐ頭に思い浮かぶのがブラックバスやマングース。最近ではアライグマなんかも考えられますよね。

我々のような専門の人々や研究者の間では、外来種問題といったらだいたいどのような種が問題でで、どのような問題が起こるか、あるいは起こっているかは想像できるでしょう。

基本として農林水産業被害、人的被害、生態系への被害・・・。
詳しくすれば生物多様性の低下、それこそ遺伝的多様性から種多様性など広い範囲にわたってです。
また、外来種の中でもどのような生物が問題になり得て、どんな生物が問題になりにくいかも、ある程度は予想できるのではないかと思います。

しかし、知識を持たれていない方々は想像するのが難しく、メディアによって報道される「外来種が生態系に被害を与える!」などの文字をすんなり受け入れてしまうようです。

発表会中に議論になったのが、一般的に外来種=悪が定着しつつあるのではないか、ということでした。

外来種といっても、さまざまな外来種がおりますよね。

野菜なんてほとんどが外来種、動物園水族館の生き物だって外来種、園芸植物だって街路樹だって外来種、ペットも外来種。スズメだってモンシロチョウだって外来種ですからね!(そんな本がありましたね・・・。)

外来種はすべてが悪じゃない、人間生活に貢献しているものがたくさんいるのだ、という主張でした。

これは全くもってその通りだと思います。外来種はすべてが悪いものではないし、すべての外来種を排除したら日本は成り立たなくなるでしょう。経済も、自然も。

では、なぜ外来種が悪、というような認識が強くなっているのか。

なぜ外来種はいない方がよいといわれるのか。


私は、ここで問題になってくるのが外来種という言葉の使われ方だと思います。


ですがその前に、外来種という表記が持つイメージを話してみますね。
このブログがなぜ「外来生物」なのかもちょっとだけ織り交ぜます。

ちょっと前は、外来種というと「外国から日本に入ってきた生き物」で、外来種問題はその生物が逸出し、自然繁殖してさまざまな問題を引き起こすことです。

今、この「外国から入ってきた」が問題となります。国内移動について何ら触れられていないからです。
これは、種が保存されればOKで、遺伝子の多様性を保全することまでが想定されないのです。

遺伝的多様性ではありませんが、国内移動の例があります。沖縄の方から小笠原に導入され、大問題になっているアカギです。これは国内移動なので、この外来種の言葉のイメージだと問題視されなくなります。

さらに、外来種といわれると多くの方が動物植物でイメージをとどめるのではないでしょうか。微生物の外来種、ウイルスの外来種っていまいちピンとこない方もいるでしょう。

もちろん外来種という言葉に抱くイメージは個人個人によって別です。こう思われない方も多くいるかもしれません。

それには外来種の言葉の定義を明確に説明される機会がなかった、というのもありますけれど・・・。


私は「外来種」という言葉は少し前の使われ方だと思います。

なので私は基本的に「外来生物」の表記を用います。

種が生物に変わっただけですが、受けるイメージは異なるのではないでしょうか。

私は「外来生物」という表記に、外国だけでなく国内移動も含む自然分布域外に人の手で持ち込まれた生物で、かつ含む種が動植物だけでなく、菌類や細菌などの全生物というイメージを持っております。

あくまでも外国だけじゃないんだ、様々な段階の生き物も外来になってしまうんだ、ということをイメージさせたいのです。


さて、外来種の言葉の使われ方が問題だと書きましたね。

専門家や研究者の方々が外来種問題といったとき、だいたいどんな種でどんな問題かもわかる、とも書きました。


例えば農林業の外来種問題といったらアライグマ、ハクビシン、ヌートリアです。ハクビシンはいろいろな論争がありますが、アライグマとヌートリアは特定外来生物ですね。

では湖沼の外来種問題といったらどうなるでしょうか。
魚類ならばブラックバス、ブルーギルを筆頭に、アメリカナマズ、カダヤシなども出てくるでしょう。
水生植物ならばボタンウキクサ、ホテイアオイ、オオカナダモやオオフサモなんかも出てきますよね。

これらの生物は爆発的に増えやすく、在来の生物に影響を与え、数を減らさせたり置き換わったりしてしまう生き物たちです。

これらの生き物を侵略的外来生物(Invasive Alien Species)といいます。単に外来生物(or外来種)ならばAlien Speciesです。


そう、専門家や研究者がいう外来種問題とは、つまるところ侵略的外来生物問題のことなんです!

すごく前置きが長かった気がしますが、外来種問題=侵略的外来生物の問題。だから野菜が外来種として問題になることもないのです。だって多くが侵略性がないから。もちろん侵略性がある野菜がでてくれば外来種問題に発展し、規制されたりすることでしょう。

一般的な定義における外来種≠悪ですが、我々の中では外来種=悪は近いのです。
なぜなら外来種⇒侵略的外来生物だから。

つまり、外来種⇒侵略的外来生物=悪。

悪、と言い切ってしまうとよくないですし、方々から反論が来ることでしょう。
生物自体は悪くない、とか、入れた人間が悪いんだから、とかね。

しかし生物多様性を保全するために、私たちが手を打たなきゃいけないのです。
悪かそうでないかは各個人の判断に任せるとし、ここでは議論しないことにしますが、私は侵略的外来生物はいない方がいいものとしてとらえます。

悪とは言い切りませんからね!一応その生物は悪くないという言い分もわかりますから。

なので、侵略的外来生物=いない方がいいもの。

外来種問題はいないほうがいい侵略的外来生物をどうにかしなきゃいけない問題、と考えて下さい。

全外来種が悪いのではない、これも一応頭に置いといて下さい。


外来種問題を論じるとき、それは侵略的外来生物を議題に乗せているのです。

長くなりましたが、誤解されている方がいないように説明してみました。
気が向いたらこういうものも書いていくかと思います。それではー。
2009.03.12 / Top↑
最近更新が不定期ですいません、ゆーにです。こんにちは。

やっとこさ一ヶ月半前の生物多様性センターの記事を書きます。
遅れてすいませんでしたm(_ _)m

1月下旬に大学の講義の一環として、河口湖にある生物多様性センター見学に行ってまいりました。

生物多様性センターは、生物多様性国家戦略を受けて日本の生物多様性保全を累進するために設立された環境省の施設です。

詳しくは生物多様性センターのホームページをご覧くださいね。


時は1月23日(もう一月半も前)・・・。朝5時に起床し、河口湖へ向けて出発!
久しぶりに富士山が見れるとワクワクしながら9時半頃に河口湖駅へ着き、駅から富士山を見てみると!

・・・曇ってて見えなかった(´Д`)

それはさておき、生物多様性センターに到着。
東京は全く雪が積もらなかったのですが、こちらはこのような感じ↓。
IMGP3766re.jpg

あまりに雪が積もっていたため、童心に返り雪だるまを作ってしまいました。
って目的が違う!!

さてさて生物多様性センターですが、最近(といっても8年くらい前だが)できた建物なので、非常にきれいでした。

IMGP3767re.jpg
正面

IMGP3770re.jpg
フクロウさんがお出迎え。


中に入ると、展示室やらなにやらいろいろあるみたいです。
全員が集合するまで展示室を覗いてました。

写真は撮らなかった(撮っていいのかわからなかった)のですが、展示内容は生物多様性保全の意味や意義をわかりやすく説明したもので、導入編としてはなかなか良いものだったと思います。
スクリーンで短編映像も上演しておりました。

当日のメインは、先生の計らいで、標本庫を見学することでした。
標本庫は文字通り、動物や植物の標本を集めている場所です。
なんでも、生物多様性センターでは標本の収集を行っており、現在の所蔵量がなかなかすごいんだとか。

標本庫に入る前には、厳重な扉があり、標本を荒らす虫が侵入しないよう厳重な態勢がとられておりました。

標本庫に入ると、そこは正しく所蔵庫といわんばかりの雰囲気でしたねー。ちょっと感動しました。
ちなみに写真を撮っていいか聞いてみたらOKだったので、ここからバシバシ撮ってます。


IMGP3786re.jpg
所蔵庫といわんばかりの雰囲気

IMGP3773re.jpg
こんな感じでさまざまな標本が並べておいてあります

パッと見狭そうですけど、中は案外広かったですよ!学生15人くらいで訪れましたが、余裕で皆入りました。

さすが環境省といいますか、生物多様性センターといいますか、入り口すぐに固まって並べられていたのは、外来生物の標本でした!
話で聞いただけとか、写真でしか見たことのなかった外来生物の標本が置いてあり、どんな大きさなのか、どんな形態をしているのか、一瞬にして理解できるのが標本のよいところですよね。

というわけで、外来生物と他の生き物の標本を撮影してきたので、ご覧いただきましょう。


IMGP3787re.jpg
まずはこれ。ヘラクレスオオカブトとコーカサスオオカブト。アトラスオオカブトもいるのかな?
税関で引っかかったものを没収したものらしいのですが、ただ殺処分するだけではもったいないので標本にしたそうです。やはり許可を得ないで輸入するのが多いのですかね?
昆虫は詳しくないのでわかりませんが・・・。

IMGP3771re.jpg
次はこちら。いわずと知れたグリーンアノールですね。特定外来生物。
写真奥の卵はヘビかなんかの卵だったと思います。グリーンアノールのものじゃないですよ!
アノールは予想より小さ目という印象でしたね。

IMGP3775re.jpg
こちらも特定外来生物、ボタンウキクサ。植物は普通さく葉標本にするのですが、これは樹脂標本ですね。樹脂標本だと生きているときに近い状態で保存されるのがいいですね。
ただし、普通は乾燥標本にした昆虫や甲殻類を使います。水分を含んでいる状態だと樹脂と合わないんだとか。
よくボタンウキクサで作れたなーと思います。
樹脂標本作ってみたくなりました。

IMGP3789re.jpg
こちらはいわゆるシャンハイガニ、つまりチュウゴクモクズガニです。これも特定外来生物。
シャンハイガニは見たことも食べたこともありませんでしたが、こんなやつかと大体わかりました。しかし他のカニと比べろといわれたら自信ないですね・・・。
甲殻類や爬虫類、昆虫にも手を広げ始めなければ。

他にも外来生物はたくさん標本になっていたのですが、写真がぼけてたりぶれてたりケースの反射で自分達の顔が写っている(笑)ので、掲載はいたしません。ご容赦ください。

確か外来ヘビ、サソリ、マングース、ヌートリア、アライグマなどたくさんの外来生物が標本化されていました。ヌートリアの大きさに驚き、マングースの意外な小ささにびっくりでした。

他にも外来生物だけでなく、
IMGP3780re.jpg
シマフクロウの剥製や、

IMGP3779re.jpg
ヨナグニサンなどの貴重種の標本が所蔵されていました。

こちらもツシマヤマネコ、イリオモテヤマネコ、トキ、カンムリワシ、オオワシ、ツシマテンなどの貴重種標本がたくさんありました。

これらはロードキルにあってしまった個体や、病死した個体を保存しているようです。
なので、各個体のデータや死因なども記録されておりましたね。

植物のさく葉標本もだいぶ所蔵されていたと思います。

いままでインターネットでしか情報を集められなかっただけに、実物に近いものをみるとまた違った印象をうけました。

予想より大きかったり、小さかったり。
写真だと表面的にしか捉えられず、実物を見たとき少なからず違和感を感じます。
実際に写真でしか見たことのなかったナガエツルノゲイトウを探しにいったとき、これか?あってるのか?と判定するまで時間がかかりましたから。

本物を見られるのがベストですが、希少種だったり見つかりにくい生物だったりする場合、標本は本物の代わりになります。

標本にすることは一見残酷かもしれませんが、今回の標本は大部分が駆除したものやロードキルの(言い方はよくないかもしれませんが)再利用ですので、無駄にならず、我々に多くのものをもたらしてくれると思います。
種差はありますが持ち運びやすく、管理していれば大きく変化することもなく、形態を一目で理解できる。標本は普及啓発にもってこいだと思います。


多様性センターでは、今なおよりよい標本の作ろうとしております。
カミツキガメの卵を樹脂標本にしたら卵がへこんでしまったらしく、より現物に近い形で保存するにはどうしたらよいのか模索しているようです。

多様性センターでは標本庫のほか、冒頭で少し述べた展示室、書籍が大量に所蔵されている資料室もあります。
標本庫は一般開放というわけではないようですが、資料室は一般に開放されており、自然環境や生態系に関する資料が数多くあるので、もし生態系や生物多様性に関心あるいは研究に携わっている方ならば、一度来て資料を探すのもよいかと思います。

この日、見学を2時間程度で終え、お昼にはとんぼ返りしなければいけなかったのでちょっと大変でしたが、非常に勉強になりました。
勉強になったというか非常に楽しかったです。


是非皆さん足を運んでみてくださいね!
2009.03.09 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。