上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
みなさんこんにちは。ゆーにです。エスカルゴって食べたことはありますか?
私はありません。おいしいのでしょうか・・・?
でも日本人はサザエとかツブガイとか食べてますから、きっとおいしいのでしょうね。

そのエスカルゴが大阪の団地内で大量に見つかったようです。
エスカルゴ料理店ができた、とかそんな話ではないですよ。
なんのこっちゃ、と思うかもしれませんが、とりあえずは記事を見てみましょう。

エスカルゴ、大阪の団地で大量発生 食用逃げた?
2009年7月10日

団地内で見つかったヒメリンゴマイマイ=日本自然保護協会・大阪連絡会提供
 フランス料理のエスカルゴになる欧州原産のカタツムリが、大阪府内の団地内で大量に繁殖していることが、滋賀県立琵琶湖博物館などの調査でわかった。国内での報告例はないが、このカタツムリは繁殖力が強く、海外では農作物に大きな被害を出している。住民らは12日、日本自然保護協会の協力で観察会を開き、駆除に乗り出す。

 外来のカタツムリが見つかったのは、大阪府門真市の府営門真三ツ島住宅。住民で日本自然保護協会・自然観察指導員の神田哲久さんが昨年10月に見つけた。中井克樹・琵琶湖博物館主任学芸員が鑑定した結果、「プチグリ」の愛称を持つ欧州原産のヒメリンゴマイマイとわかった。

 このカタツムリは数センチの大きさに育ち、フランス料理ではリンゴマイマイとともに、エスカルゴの材料になっている。繁殖力が旺盛で、様々な種類の植物を食べてしまう。米国・カリフォルニア州では、柑橘(かんきつ)類に大きな被害を出したと報告された。

 大阪の団地にどう侵入したのか不明だが、食材として持ち込まれたものが逃げ出し、繁殖した可能性がある。これまでに約2千匹以上を駆除したが、現在も約3万5千平方メートルの敷地内に点在する街路樹や庭木で大量に繁殖している。すでに団地内のアロエなど複数の植物に被害が出ている。

 住民らは12日の観察会で、日本産のカタツムリとの見分け方や、確実な駆除方法などを勉強することにしている。(田之畑仁)

   ◇

 千葉聡・東北大准教授(生態学)の話 ヒメリンゴマイマイが同時に大量に発見されたという報告は、国内では聞いたことがない。国内種に与える影響は分からないが、乾燥にも強いため、海外ではあっという間に広がり、農業害虫になっている。早急に駆除する必要がある。



というお話でした。
エスカルゴは、wikipediaによるとリンゴマイマイ(Helix pomatia)と、今回大量発生しているヒメリンゴマイマイ(Helix aspersa)・・・仏名petit-gris(プチグリ)の2種を加熱料理して食べるもののようですね。

プチグリって書いてありますが、ちっちゃい栗という意味では全くないんですね。petitはフランス語で小さな、grisは灰色、という意味なので小さな灰色ということでしょうか。

エスカルゴは穀物を与えて養殖したものか、あるいは葡萄畑でブドウの葉を食べている野生種をもちいるそうです。

ふと思ったのですが、日本ですでに問題になっているジャンボタニシ(和名:スクミリンゴガイ)といい、このエスカルゴ・・・は料理名ですからヒメリンゴマイマといい、何故名前にリンゴがつくのでしょうかね。やっぱり英語のApple snailから来ているのかな。

それはさておき。

誰が放したかも問題になりますが、それよりも駆除しきれるのか、の方が問題になると思います。

2000匹以上駆除、とありますが、数えたということでしょうか。
観察会と並行して駆除でしょうから、考えられるのは薬剤散布ではなく、手で取っていったということでしょうかね。

今、私は研究室に水槽を置いてありますが、その中にいるサカマキガイが非常に厄介です。
獲っても獲っても増える。雌雄同体でオスメス関係なく交尾できるようですから、すぐ卵を生みます。
また、結構小さな個体でも交尾行動をしておりますので性成熟が非常に早いようです。

なにより、手(網)ですくい取っているのですが、大きな個体でないと掬えない。小さいものは見落としてしまうのです。

おそらく今回大量発生したヒメリンゴマイマイも同様になるのではないでしょうか。
記事どおり、確実な駆除方法を考えたほうが良いかもしれません。

私は、今回のケースでは過激ですが薬剤散布を薦めたいと思います。

というのは、まず、団地内ということであまり在来種への影響が考えられないことが上げられます。
生息している生き物がどの程度かは皆目検討がつきませんが、自然の生態系よりも構成種が偏っており、生態系としておかしくなっているのが都市生態系ですから。

次に、薬剤散布だと目に見えないような孵化したての小さな個体にも効果があるでしょう。
さきほどのサカマキガイの例のように、水槽ですら人の手で根絶させることははなはだ難しいのです。
加えて屋外ですから、例えば葉の裏に潜んでいたらそれだけで見逃すことになってしまいます。

そして、自然生態系や農地に入り込んでは厄介だからです。
早急に対策を行わなければ、いつしか被害が出てしまうことでしょう。
カタツムリは種によっては鳥に運ばれることもあるようです。ヒメリンゴマイマイがそうとは言い切れませんが、しかし万が一ということもあるのです。
カリフォルニアで被害を出したことも考えれば、見過ごしていいものではないと思います。

ついでに考えますと、もしかしたら薬剤があるかもしれません。日本の既存の薬剤で対処できれば万々歳ですが、だめだとしてもカリフォルニアやフランスにあるかもしれません。


ところどころでは観察会を開きつつ、駆除をするのも環境教育として良いと思いますが、それ以外の場所では薬剤で封じ込め&駆除をやるのはいかがでしょうか。

もしすでに行われていたら、私は大いに応援・賛同いたします。

にしてもマングースといい、エスカルゴといい・・・。
外来種問題が認知されてこういう問題が取り上げられてきたのか、はたまた野外に逃がす人が増えているのか・・・。

日本が外来生物問題から開放される日はまだまだ先みたいですね。
これからも直線的に増えていきそうです。くわばらくわばら。

参考:Wikipedia‐エスカルゴ
引用元:朝日新聞 2009/07/10 『エスカルゴ、大阪の団地で大量発生 食用逃げた?』
URL:http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK200907100027.html
... 続きを読む
スポンサーサイト
2009.07.17 / Top↑
こんにちは、ゆーにです。
結局忙しくて更新がままなりません・・・ので本日もサイト紹介になります。

本日ご紹介するのは、日本のサイトです!が、英語表記なので頑張って読んでください。

Invasive Plants Database
URL:http://invasive.m-fuukei.jp/

その名の通り、侵略的な外来植物のデータベースです。
トップページにあるInvasive plants in Japanには、Invasive plants list(日本における外来植物のリスト)とReferense(日本の参考文献)が掲載されております。

Invasive Plants Databaseには、Families index(世界の外来植物属リスト→各種)とReferense(参考文献)が掲載されております。

それぞれの種のページに飛びますと、侵入地域とそこでの問題が一言で書かれている程度のものですが、かなり多くの種が掲載されておりますので、この種は他にどのような地域にいるのだろう、と気になったときは使ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに種は全て学名です。
2009.07.15 / Top↑
ついに捕獲されましたか・・・。簡単に捕獲できてしまうあたり、個体数がどのくらいなのかちょっと恐怖ですね。

こんにちは、ゆーにです。
また就活関係で記事を書く暇が無いので、簡単に。

最近エマージェンシーな鹿児島のマングースです。
以下記事をどうぞ。

マングース、鹿児島本土に上陸…持ち込みか

 鹿児島県は6日、国内では沖縄本島と奄美大島にしか生息していないとされてきたマングース2匹が鹿児島市南部の喜入地区でわなにかかったと発表した。

 本土で生け捕りにされたのは初めて。県は生態系に影響を及ぼしていないかなどを調べるため、安楽死させ、解剖する。

 同地区では数年前から目撃情報が相次いでおり、県は環境省などの意見を踏まえ、6月22日に「県本土で生息しているとの結論に至った」と発表していた。

 1匹目は5日、同地区の農家がカラスよけのために畑に仕掛けたわなにかかっているのが見つかった。2匹目は6日、この現場から約2キロ離れた場所で県が仕掛けたわなにかかっていた。いずれも体長25~30センチで種類は特定されていない。

 県自然保護課は人為的に持ち込まれた可能性が高いとみており、「小型肉食獣のマングースは繁殖力が強く、イタチやテンなど在来の肉食動物への影響が心配」と話している。

 奄美大島などに生息しているマングースは、特定外来生物「ジャワマングース」。原産地は西アジア、インドで、ハブの駆除のため、1910年代に沖縄に、70年代に奄美に人為的に持ち込まれた。

 奄美では特別天然記念物「アマミノクロウサギ」を捕食するなどの報告があり、国は外来生物法に基づき、飼育、販売、譲渡などを禁止している。

(2009年7月7日10時31分 読売新聞)


でした。

前にも書いたとおり、県には早急な対応をお願いしたいものです。
外来種メーリングリストでは、管理者の方が中心にメーリングリストの賛同者で鹿児島県に対して対策の請願書のようなものを提出するようです。

私も賛同させていただきました。

今後の動きはどうなるのでしょうね。

研究者としては個体数を確認し、現状の個体数を確認してから有効な捕獲作戦に乗り出すのが良い、という意見もあるでしょう。

しかし、私としては、環境省などの国や各種駆除作業の出来るNPOに協力を仰ぎ、かなりの捕獲圧をかけて駆除しきるほうが良いと思います。

小難しく考えるよりも、今ならまだ発見されてから数年なわけですから、高い捕獲圧をかければ根絶できると思うのです。

今個体数が少なそうだから、今年はこの捕獲圧、来年はこの捕獲圧・・・とちまちまやっていたら、おそらくアライグマや沖縄でのマングースのように、毎年各種方面に被害があり、毎年かなりの予算をつけなければいけなくなるのです。

例えば昨年の千葉県のアライグマ完全駆除へ向けての予算。いくらだったか覚えておりますか?2900万円を計上したのです。実際にどのくらい予算がついたのかは調べておりませんが、1年にそのくらいの予算をかけなければいけないくらいなのです。

鹿児島県での決断が英断となり、侵入したマングースを根絶できて後世に成功例として名を残すのか。
あるいは躊躇して侵入したマングースが広がり、悪例として後世に伝えられるのか。

侵入した経緯と原因・その対策を調べるのも大事ですが、いの一番に何をすべきなのか判断を誤らないで頂きたいものです。

引用元:読売新聞 2009/07/07 『マングース、鹿児島本土に上陸…持ち込みか』
URL:http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20090707-OYT1T00295.htm
2009.07.07 / Top↑
ども、連日の更新が珍しいゆーにです。

今までトウネズミモチ検定とか、外来草本同定検定とかをYahoo!の検定で作ってみましたが(ブログ左下のリンク参照)、第3弾ということで、外来生物問題検定を作ってみました。

もちろん内容はマニアック。
おそらく勉強しないと合格できないでしょう。
勉強しても合格できないかもしれません。

そのくらいマニアックで意地悪です。

さぁ、心の準備はいいですか?

れっつ・・・スタート


ちなみに、自分が無勉強で受けたら半分くらいかもです。
ヒントは・・・問題文をよく読むこと、あとはこのブログを見ていただいているか、ということでしょうか(^^;)
2009.07.02 / Top↑
7月ですねー!早い早い。2009年も折り返しです。

今日はニュースの紹介。アメリカでの国内外来種の脅威で、遺伝子攪乱の事例です。
何でも在来サラマンダー(サンショウウオの一種)が他の州から移入されたサラマンダーと混血し、遺伝子攪乱だけでなく在来の両生類にも影響を与えているようです・・・。

それでは記事を見てみましょうか。

混成種サンショウウオが在来種の脅威に
Christine Dell'Amore for National Geographic News
June 30, 2009

 アメリカ、カリフォルニア州サリナスバレーの沼地で、サンショウウオの一種である希少なカリフォルニア・タイガーサラマンダーと外来種のオビタイガーサラマンダーの間に“モンスター”のようなハイブリッド種(混成種)が生まれ、在来種の脅威となっている。

 研究責任者でカリフォルニア大学デービス校・集団生物学センターのモーリーン・ライアン氏によると、新しいハイブリッド種は親の種よりも大きく成長し、大きな口でさまざまな両生類の獲物を飲み込むことができるという。

 獲物のほとんどは沼地に住む小さな種で、パシフィック・コーラスフロッグ(Pacific chorus frogs)やカリフォルニア・イモリなどが含まれるが、どちらの種もこのハイブリッド種の影響で個体数が急激に減少している。

「食欲旺盛で他の種よりも若干攻撃的なようだ。同種で争う様子や他の種を捕獲する姿を観察するのはそれほど難しくない」とライアン氏は言う。

 オビタイガーサラマンダーは1940~50年代にテキサス州からカリフォルニア州に移入した。現在、サリナスバレーでは在来のサンショウウオとのハイブリッド種が生息範囲を拡大しており、在来両生類の生息域の約20%がこの種で占められている。カリフォルニア州にそれまで生息していた在来種はアメリカの絶滅危惧種法(ESA)で絶滅危惧種に指定されている。

 ライアン氏のチームはハイブリッド種が地域の沼地に与える影響を調べるために、サリナスバレー各地でオタマジャクシと卵を採集し、研究室で分析した。その結果、このハイブリッド種のオタマジャクシは他の両生類の成体だけでなく、在来種のサンショウウオの幼生も捕食していることがわかった。

 また、他のサンショウウオの幼生とは異なり、“待ち伏せ”戦略を取ることもわかった。獲物がそばに泳いで来ると攻撃し、「飛びかかると同時に飲み込む」とライアン氏は説明する。もう一つ、在来種にはない変わった適応力がある。ハイブリッド種のオタマジャクシは歯列が異常に発達することがあり、“共食い”までするというのだ。

 このままハイブリッド種の生息範囲がサリナスバレー全体に拡大し続けると、他の両生類の種は危機にさらされる。

 例えば、アメリカで絶滅危惧種に指定されているサンタクルズ・ユビナガサラマンダーは、カリフォルニア州モントレー郡の非常に狭い範囲に生息している。この地域にハイブリッド種が進出してきた場合、「サンタクルズ・ユビナガサラマンダーの個体数は、世界規模で大きく減少する恐れがある」とライアン氏は話す。

 メリーランド大学カレッジパーク校の両生類生物学者カレン・リップス氏は、「論文の内容から、ハイブリッド種がサリナスバレーの沼地に生息する他の両生類に大きな影響を与えていることがわかった」とメールでコメントを寄せた。リップス氏によれば、サンショウウオが最上位の捕食動物になった例は他にもあり、例えば森林地帯の沼地では、サンショウウオが昆虫や他の無脊椎動物の個体数を脅かしているという。

「しかし、ハイブリッド種を排除しようとすれば、倫理的なジレンマに陥る」とライアン氏は言う。「自然保護の観点からすると、この問題へどう対処するかについては大きな疑問点がある」。何しろ、このハイブリッド種は部分的には絶滅危惧種の血をひいている。だが、半分在来種だからといってこの種を保護すべきなのだろうか。

 ライアン氏は在来のサンショウウオが生き残れるかどうかに関して、大きな懸念を抱いている。しかし、カリフォルニアでは“半分テキサス出身”である侵入者にはかなわないようだ。「このハイブリッド種の攻撃的な捕食行動が猛威を振るっている。そのために在来種が被害を受け、個体数の内でハイブリッド種が占める割合はどんどん増加している」と、ライアン氏は心配している。

 研究成果は今週号の「Proceedings of the National Academy of Sciences」誌に掲載されている。




とのことでした。

簡単に整理しますと、

テキサス州
・オビタイガー・サラマンダー

↓1940~50移入

カリフォルニア州
・カリフォルニア・タイガー・サラマンダー

その後、

カリフォルニア州
・カリフォルニアタイガー×オビタイガー雑種発生

↓捕食

個体数激減
・パシフィック・コーラスフロッグ
・カリフォルニア・イモリ

個体数激減の危険性
・サンタクルズ・ユビナガサラマンダー

また、おそらく
・カリフォルニア・タイガー・サラマンダー純血種の減少
も問題になることでしょう。

記事にあるように、在来種のカリフォルニアタイガーと外来種のオビタイガーが混血し、親よりも大きく成長したり、新たな戦略をとるようになったり、とプラスの性質を獲得することを雑種強勢といいます。

例えば、ガラパゴス諸島のハイブリッドイグアナがあります。
このイグアナは、ウミイグアナ♂とリクイグアナ♀の間に生まれ、ウミイグアナのように海に潜って海藻を食べられるだけでなく、リクイグアナがサボテンを食べるように、爪をつかってサボテンによじ登り、これも食せるようになったのです。
もともとリクイグアナには鋭い爪がありませんでした。リクイグアナは自分でサボテンにのぼって食べることは出来なかったのですが、新たに雑種が誕生し、両親の優れた形質を受け継いで、幅広い食性に適応できることになったのです。

他にも、イネや野菜、樹木の品種改良の一例にもなっております。例えば、マツノザイセンチュウに弱い日本のマツにマツノザイセンチュウに抵抗性のある中国の馬尾松を交雑させ、和華松と名づけられたマツノザイセンチュウに抵抗力のあるマツを生み出しました。
イネは言わずもがな、コシヒカリといろいろな種類を交雑させ、あきたこまちやひとめぼれを生み出していますよね。

雑種強勢は、基本的に人に役立つ生物を生み出すときに行われたり、進化の上で必要があるときに行われてきたのです。

自然状態では、ある同じ祖先を持つ種が海や山などで地理的に隔離されていたりしますと、それぞれ近い遺伝子を持ちつつも、全く別の土地で、その土地に適応するように進化していきます。
だからダーウィンフィンチのように、近い島の中でも島ごとにぜんぜん異なるくちばしを持つようになるのです。
地理的隔離のためにお互い交配できないので種・亜種として認識され、多様性が膨らんでいったのです。

今回のケースでは、外来種ともといた在来種が交雑し、普段なら起こることの無い雑種強勢が発生したといえます。
その雑種強勢のために捕食が上手くなり、個体数を増加させ、個体数的にも遺伝的にも在来サラマンダーを減らしていくことでしょう。
遺伝的攪乱だけが問題ではなく、その地に住む生物を捕食して成長していくわけですから、在来被食者も減少していきます。

ある地域の生物群は、お互いの食う食われる関係の中で、自分たちの個体を激減させず、かといって激増もさせないような絶妙なバランスを作り上げてきたのです。
そこ別の地域のバランスを持った生き物を入れると、簡単にバランスが崩れるのです。

たとえば、1g同士でつりあっている天秤Aと、5g同士でつりあっている天秤Bがあるとします。
この場合、天秤Aは島嶼などの生態系、天秤Bは大陸の生態系で、おもりは捕食者と被食者のバランスだと考えてください。あ、捕食者数ということではないですよ。あくまでもバランスという概念で。

さて、天秤Bから5gのおもりを天秤Aに移したとします。どうなりますか?1gと、1g+5gでバランスは簡単に崩れますね。そう、移した5gが移入種であり、外来種と呼ばれるものなのです。

この1gと5gが交雑できたとします。そうなると、おもりは混ざり合い、6gのおもりとなります。
さて、バランスは1gと6gで崩れたままですが、もといた1gはどこに行くのでしょう?移入された5gはどうなるのでしょう?
1gと5gが合わさったのが交雑で、それによりできた6gは全く別種なのです。たとえ1gと5gの遺伝子が内包されていたとしても、別物。1gはこの世から消えることになります。5gは移入前で残っていますが・・・。
これが遺伝子攪乱と、それにより在来種が消えるということなのです。

記事の中では、絶滅危惧種の血を引いているからハイブリッドを駆除すべきかには問題がある、というようなことを述べていましたが、これは明らかにお門違いだと思います。

自然状態でハイブリッドが出来るならば、それは進化の過程であり、見守ればよいでしょう。
しかし、人為で移入したものはバランス崩しでしかないのです。
まだ1gが残されているならば、6gと5gを排除して、1種を守ることが多様性の保全に繋がるのではないでしょうか。

本来起こりえないハイブリッドは、イノブタやライガー、レオポンと同義だと思います。それを自然の産物と呼んでいいのでしょうか。進化と呼んでいいのでしょうか。
私は、導入種のハイブリッドは自然だとは思いません。利用するならばともかく、生態系を守るという観点からは無くすべきものかと思います。


今回の記事では、外来生物は遺伝的に近ければ雑種強勢も起こし、遺伝的攪乱だけでなく、在来種の激減、在来被食者の激減にも繋がるという例を提示してくれました。

日本でもニッポンバラタナゴとタイリクバラタナゴの交雑とか、ニホンザルとタイワンザルの交雑とかが起こり、遺伝的攪乱が進んでおります。

それだけでなく、日本のクワガタムシと台湾や中国など海外のクワガタムシが地域亜種同士で交雑し、今までに無い形質を持ったクワガタムシが発見される例が増えております。
私たちは、このサラマンダーの事例から、日本で起こっているこの問題を少しでも食い止めなければならないと思います。

今私たち一般の人でもできること。
‐飼えない生き物は飼わない。捨てない。
今NPOなど団体ができること。
‐日本で起きている現状を伝え、その防止に勤めること。
今学者ができること。
‐研究した成果をより多くの人に伝え、理解してもらうこと。
今行政ができること。
‐目標を明確にし、一般の人やNPO、学者が動きやすいような下地をつくること。

そして今我々がすべきこと。
連携。

頑張りましょう、固有の生き物を守っていくために。


すごく長い文章になりましたが、読破してくださり、ありがとうございました。
伝わりにくかったかもしれませんが、文章を読んで何か考えるところがあれば幸いかと思います。

以上、真面目なゆーにでした!・・・あれ、最初書こうとしてた内容と135°くらいずれてる・・・。
まあいっか。

引用元:ナショナルジオグラフィック 2009/06/30 『混成種サンショウウオが在来種の脅威に』
URL:http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=64602681&expand
2009.07.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。