上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ども、ゆーにです。珍しく短期間連続で記事です。

先程ニュースを読んでいたらザリガニが激減し、値段が上がっているという話がありました。

正直ウソーって思います。あんなに川や池にいるのに・・・どういうことでしょう?

とりあえず記事にお目通しくださいませ。

ザリガニ激減、高根の花に?=卸値じわり上昇、毛ガニ並み-築地市場

 田んぼや用水路などで見掛けるアメリカザリガニが、東京・築地市場で高値取引されている。流通量が減少し、同市場への入荷はわずかな量にとどまっており、市場価格は近年じわじわと上昇。今では高級魚介顔負けの値が付けられている。

 フランス料理などに使われるザリガニは、同市場でエビやウナギを扱う3社ほどの仲卸が茨城県などの出荷業者から仕入れ、業務用として卸売りしている。築地・仲卸「大六」によると、9月中旬の卸値は1キロ当たり2000円を超えており、国産の毛ガニに匹敵する高値。他の仲卸は「十数年で卸値は2倍ほどに上がった」(小池商店)という。

 ザリガニを出荷する茨城県小美玉市の原田水産によれば、「築地への出荷はかつて週に100キロほどあったが、今は20~30キロに減った」と話す。生息場である田んぼが減っていることや、圃場(ほじょう)整備が進んで水はけが良くなるなど、ザリガニが繁殖しにくい状況になったことなどが要因だ。

 同市場のザリガニを仕入れている埼玉県富士見市のフランス料理店「ボンヴィヴァン」では、5種類の野菜をコンソメ風味のゼリーで固めたオードブルにザリガニを使用している。
 塩野恭男オーナーシェフは、「話題性があって楽しみながら料理を味わってもらえるため貴重な食材だが、尾の身は小指の先ほどしかなく割高感がある」と、仕入れ値の上昇に不安を抱いている。
(2009/09/19-07:00)



だそうです。これは、経済の流れをみて自然界を推測したというのがこの記事のカラクリでしょう。

私は、ザリガニが激減したわけではないと言い切りたいと思います。

もし激減しているならば、公園の池やビオトープを管理している人々がこんなに苦労されているはずがありません・・・。

これは、単純に流通量が減っただけです。
記事にもあるとおり、アメリカザリガニの流通の流れは茨城県などの出荷業者→仲卸3社が売っているというものです。

つまり、茨城県の出荷業者の出荷量が少なければ、仲卸にいく数も少なくなり、結果としてザリガニを求める人が多いと自然と値が上がっていってしまうのです。

記事では圃場整備や田んぼの減少で採れにくくなったと書いておりますが、つまり田んぼのザリガニを採っていたのであり、捕獲場所を変えればいたるところにいるでしょう。

自然界で減ったのではなく、業者さんのいるその地域で取れなくなった、取れにくくなっただけだと思います。
特に、田んぼでしか捕獲してないからではないでしょうか。(確認は取っておりませんので、もしかしたら川とかでも採っている可能性もありますが・・・。)

もし茨城に住んでいる方がおり、近くにため池とかがあれば、探してみてはいかがでしょうか。おそらくかなりの量がいると思います。

そもそも、なぜ田んぼで取るかというと、食用にするためですよね。
どんなものが入っているかもわからないため池や沼でとれたザリガニは、清潔でないなどの衛生上の理由で敬遠されると思います。

その点、米を作っている田んぼならば最低限の除草剤しか使用しないでしょうし、米作りのために管理されている場所にいるということで、衛生的な安心感も得られるのではないでしょうか。

もし、東京のそこらの公園にいるザリガニを捕まえて流通させられるのならば、こんな高級品っぽい扱いはされないでしょう。

それ以前に、そもそもザリガニを食用に使う人が少ないから、出荷業者も少ないわけですし。

過去に100キロあった出荷量が今は20~30キロに減っているのは、本当に取れなくなったからなのか?とも思ってしまいます。必要とする人が少なければ、出荷量も減らすのが普通ですし。
かつてとは何年前なのかも気になります。

パッと記事のタイトルをみると、アメリカザリガニの生息数が激減して値が上がっている、と勘違いしてしまいそうな文章でしたが、事実は違うと思います。

外来魚を駆除したため池で、天敵のいなくなったアメリカザリガニが増加しているという問題が起こっていますから。

生態系の復元のために、毎年苦労してアメリカザリガニを駆除している団体だってあるのですから。

高嶺の花になっているのは、出荷・流通量が減っているだけです。決して自然界のザリガニ全体が減っているわけではないのです。

流通させるためのザリガニが減っている、ただそういうことではないでしょうか。
質にこだわらなければ、流通量はすぐ回復させられると思います。


経済の動きを見ただけで自然の傾向を判断してはいけません。


ちなみに、引用元の記事には写真が載っております。
ちょっとだけ食べてみたくなっちゃいました。

引用元:時事通信 2009/09/19 『ザリガニ激減、高根の花に?=卸値じわり上昇、毛ガニ並み-築地市場』
URL:http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a5%b6%a5%ea%a5%ac%a5%cb&k=200909/2009091900060
スポンサーサイト
2009.09.19 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。