上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは。最近春めいてきましたね!!
そろそろ生き物が芽吹き&動き始めるので、写真を撮れれば外来生物写真館も充実させられるのですが・・・。
いつもコンパクトデジカメですので、一眼レフでちゃんとした写真を撮りたい今日この頃です。

さて、本日はまた鹿児島マングースのニュースのご紹介です。
まずは記事をご覧ください。

マングース北上危ぐ 鹿児島市で確認8ヵ月 70匹捕獲 専門家「本土の環境に適応か」 侵入経緯不明のまま

生態系に悪影響を及ぼす「特定外来生物」のマングースが、本土で初めて鹿児島市喜入地区に繁殖しているのが判明し、22日で8カ月が過ぎた。繁殖力が旺盛なのに同地区以外では捕獲されず、本土侵入の経緯も不明。一方で本土の環境に適応し、「進化」した形跡が確認された。専門家は「今のうちに根絶しないと、生息域が九州全域に広がってしまう」と警告する。

■寒さが阻む?

 「現段階で喜入は北限なのかも」。今月上旬、鹿児島県が開いた行政担当者と専門家の検討会で、環境省那覇自然環境事務所野生生物課の阿部慎太郎課長補佐は指摘した。

 原産は南アジア。猛毒を持ったハブの「天敵」とされ、ハブの駆除を目的に1910年に沖縄本島、70年代末に奄美大島に持ち込まれた。県は昨年6月、喜入地区での生息を確認。その後、79年に捕獲したはく製があることも分かり、少なくとも30年前から本土で繁殖していたとみている。

 鹿児島県は昨年7月に捕獲を開始。これまで約70匹がわなにかかった。捕らえたのはすべて同地区の中名(なかみょう)を中心とした南北12キロのエリア。また、目撃証言もほとんどが同地区だ。

 沖縄と奄美では、生息域が年に1キロ四方ずつ広がったとみられている。阿部補佐は「本土は寒さが拡大を阻んでいる可能性がある」と分析した。

■施設でショー

 そもそもどうやって本土に上陸したのか。喜入地区には世界最大級の石油備蓄基地があり、一時はタンカーに紛れ込んだ説も挙げられた。しかし、鹿児島国際大の舩越公威教授(哺乳(ほにゅう)類学)は「警戒心が強いのに、自ら船に乗るとは思えない。人が持ち込んだと考える方が自然」とみる。

 同地区に隣接する指宿市の池田湖畔には、69年ごろから99年まで、ハブとの決闘ショーを見せる観光施設があった。「『数回逃げた』と75年ごろ、ショーを運営する男性に聞いた」。近くのドライブインの支配人(57)は証言する。ところが男性はすでに死亡、事実確認は困難だ。

 県自然保護課も「侵入の経緯に関する複数のうわさを調査したが、どれも古い話で真偽は分からなかった」としている。

■「壁」の突破も

 検討会では舩越教授が、本土の個体は沖縄に比べ、寒さに耐えるよう体重が大きく、体長は小さく「進化」しているとの研究結果を報告した。

 食欲旺盛で天敵は皆無。喜入地区でまだ目立った被害はないが、沖縄と奄美では作物を食い荒らし、固有種のヤンバルクイナやアマミノクロウサギを絶滅の危機に追いやった。沖縄で1万匹、奄美で3万1千匹が捕獲されたが、根絶のめどは立っていない。

 「地球温暖化も重なり、やがては『北限の壁』を突破する」。舩越教授は危機感を訴えている。

=2010/02/23付 西日本新聞朝刊=


以上でした。

今回のニュースで気になるところは、まず70匹捕獲というところ
1月19日の時点で捕獲数が65で止まっておりましたので、1ヶ月ちょっとで5匹増えているということですね。
2月5日時点で67匹というニュースもありましたので、3週間程度で3匹増というところですか。

・・・やはり2月5日のニュースにあった、ワナを400個に増やす方針が実現されるのを待ちましょう。
早期根絶できますか、注目です。

さて、もう一つは侵入経路
どうやら記事を見る限りでは施設から逃げ出した説が濃厚ですね。
確かに事実確認ができないため結論は出せませんが、引用元の記事ではその施設の写真も載せているくらいですので、少なくともこの記事を書いた方はそう思われていることでしょう。

1979年に本土で見つかっており、1969~1999まで決闘ショーの観光施設が営業されていたようなので、可能性としては高い、と単純に考えられます。

しかし、あくまでも可能性です。
事実が確認できるまで、可能性で留めておいてください。

冤罪になってしまうこともありますから。
それに、私は侵入経緯のことは純粋な興味で知りたいわけであって、何も批判したり責任を求めたりしたいわけではないのです。
侵入経緯を知ることで、今後の駆除対策に役立てることができるからです。

もしタンカーに紛れ込んだならば、陸上動物が紛れ込まない対策をとらなければいけません。
これは、侵入元が観光施設であることよりも緊急に対処しなければいけない事態になります。
ほかの場所でも起こりえてしまうからです。

もし人が最近放したものだったら、何者かが故意に放したこと自体が問題です。
反政府・・・は言い過ぎかもしれませんが、生態系テロみたいなことが起こっていることになるからです。

もし観光施設から逃げ出したものならば、現在ほかの施設で特定外来生物を飼養している方々に注意を呼びかけ、私達も目を光らせていけばいいのです。
また、過去に外来生物を観光の目玉にしていた場所をチェックすればいいわけです。

侵入経緯がわからなければ、予防の方法を具体的に考えにくいのです。
早く侵入経路が判明するといいですね!


引用元:西日本新聞 2010/02/23 『マングース北上危ぐ 鹿児島市で確認8ヵ月 70匹捕獲 専門家「本土の環境に適応か」 侵入経緯不明のまま』
URL:http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/154139
スポンサーサイト
2010.02.25 / Top↑
どもどもゆーにです。そろそろ就職に向けて動き始めております。どこに配属されるんだろう。

本日は1月のニュースから。熊本県の宇土でタイワンリスが野生化しており、どげんかせんといかんらしいです。
あ、「どげんかせんといかん」って、鹿児島のほうの方言らしいです。

タイワンリス:宇土で野生化 哺乳類学会、早期根絶を県に要請 /熊本

 ◇生態系へ重大な影響
 日本哺(ほ)乳類学会は6日、宇土半島(宇土市、宇城市)で野生化しているクリハラリス(通称タイワンリス)について「生態系への重大な悪影響がある」として早期根絶を県に要望した。タイワンリスは、特定外来生物に指定されていて、長崎県などでは防除の対象になっている。

 学会に所属する県環境審議会の中園敏之委員や森林総合研究所九州支所の安田雅俊主任研究員ら4人が県庁を訪れ、駒崎照雄県環境生活部長に要望書を手渡した。

 安田主任研究員によると、宇土半島では90年代前半にタイワンリスを観光用に飼育した施設があったという。現在は数千頭が生息していると推測している。果樹に深刻な食害を与えるだけでなく、在来種の脅威となったり、電話線をかみ切る被害も出る恐れがあるという。学会は生息地域が拡大する前の徹底的駆除を求めた。

 駒崎部長は「具体的被害は聞いていないが、学会の協力を得ながら必要な措置を検討したい」と述べた。
【笠井光俊】


ということでした。

毎年各地で、ここでもこの外来生物が見つかった!!っていうニュースが流れますよね。
正確には、気付いたらここにもいるじゃん!っていうニュースなんでしょうけど。

このニュースのように90年代に持ち込まれて、いつの間にか逃げ出して気付いたら大変な数になっていた、というケースが多いようです。
タイワンリスは関東では鎌倉から伊豆あたりにいるらしいです。他にも浜松や岐阜などにもいるらしい。

それにしても不思議です。
日本各地でこのような事態になるということは、天敵が少ないのでしょうか。
それとも生息できる環境がにているのでしょうか。

市街地にうまく適応しているのでしょうか。
繁殖能力が高いのでしょうか。
詳しいことは知りませんが、その生命力の高さには驚愕です。

いずれにせよ、他の地域で起きているような被害が出る前に、何かしらの策を講じた方がよいでしょう。

被害が起こってないから大丈夫、ではなくて、何かあったら他の地域のようになってしまう可能性を秘めているのですから。

日本のある箇所で起こった外来生物の問題が、他の地域で起こらないということはないのです。歴史は残念ながら繰り返しちゃうのです。

歴史もそうですが、先見の明を持ちましょう。
可能性のみで動くのははばかられる場合もありますが、問題が起きたときの対策を講じておくだけでも結果は異なってくるでしょう。

引用元:毎日新聞 2010/01/07 『タイワンリス:宇土で野生化 哺乳類学会、早期根絶を県に要請 /熊本』
URL:http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20100107ddlk43040466000c.html
2010.02.22 / Top↑
みなさまこんにちは。修士論文発表終わりましたゆーにです。
なんとなくなんとかなったものができましたので、とりあえずは一段落。

学会発表は残念ながら致しません・・・。またの機会に。
そういえば3月に生態学会が東京で行われますね!みなさま参加されるのでしょうか?

本日は、1月の気になったニュースから。yahoo!にもでてましたけど、紹介するのを忘れてました。
というわけでまずはご覧下さい。
外来魚の有効利用です!


外来魚肥料で野菜すくすく 草津の障害者施設
1月26日9時29分配信 京都新聞

 滋賀県草津市の障害者施設「みどりの風」が、駆除された琵琶湖の外来魚を回収して肥料化し、野菜を育てている。30日に彦根市の彦根旧港湾付近である県の外来魚駆除釣り大会で、魚粉肥料で栽培したサツマイモを焼き芋にして参加者先着200人に振る舞い、外来魚の資源循環活用への取り組みをアピールする。
 外来魚の回収作業は2003年度から始まった県の委託事業。「みどりの風」は安土町を拠点に週3回、湖岸の30カ所に設置された回収いけすを回り、釣り人が駆除したブラックバスなどの外来魚を集め、もみがらや米ぬかなどと共に専用の処理機にかけて魚粉肥料に加工している。
 肥料は近くの農家に無償で配るほか、「みどりの風」や関連のNPO法人が取り組む野菜作りに活用している。通常の肥料と比べてホウレンソウなどの糖度がアップする特長があり、直売所などでの人気も高い。
 いけすから回収する外来魚は年約2トンで、300キロ程度の肥料になるという。「みどりの風」管理者の米澤大さん(37)は「魚粉肥料はカルシウム分が豊富で、農家の需要も高い。雇用創出や環境面への貢献も大きい。外来魚も活用次第で役に立ち、世の中に不要なものはない、というメッセージを伝えたい」と話す。
 サツマイモを振る舞う外来魚駆除釣り大会は、30日午前10時から、彦根総合運動場で受け付けを開始。釣り竿は用意され、えさ代は一人100円。事前申し込み不要。県琵琶湖レジャー対策室TEL077(528)3485。
最終更新:1月26日9時29分



ということでした。

外来魚を肥料にする、という話はよく耳にしておりましたが、ちゃんと利用されているのですね!!
外来生物資源の循環利用。大切なことです。

そもそも、バスやギルの外来魚肥料にしたら有用なのは当然のことなんです。
肥料の養分と作物には相性があると思いますから、外来魚肥料が全て有用であることはないかもしれません。
でも江戸時代では干鰯(ほしか)とよばれる鰯を干したものを作物につかってたことがあるそうなので、魚を肥料にするのは全然珍しいことではなかったのでしょう。

バスもギルも缶詰にしたり、天丼にしたり、燻製にしたりしてますので、ちゃんと人が食べて栄養となるものなのです。
それを野菜に使うのですから、単純に考えて栄養が増え、よく育ちそうに思います。

もし肥料(魚粉肥料)に詳しい方がいらっしゃいましたら、作り方とかどの作物に用いるのが良いとかご教授頂けると幸です。

外来魚で野菜(≒外来)を育て、駆除した外来生物資源を有効活用しましょう!!
よりより人と自然の環境を目指して。



引用元:yahoo!/京都新聞 2010/01/26 『外来魚肥料で野菜すくすく 草津の障害者施設』
URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100126-00000005-kyt-l25
2010.02.22 / Top↑
こんにちは、ゆーにです。本日はまた新聞記事のご紹介。

先日、鹿児島マングースの現状の記事をご紹介いたしました。
本日は鹿児島マングースの駆除の方向性についてご紹介いたします!

百聞は一見にしかず。記事をご覧ください!↓

わな 5倍の400個へ 鹿児島市 喜入地区 マングース駆除強化

2010年2月5日 01:32 カテゴリー:九州 > 鹿児島

 鹿児島市喜入地区で昨年6月、本土初の繁殖が確認されたマングースの根絶を話し合う「生息確認調査・防除事業検討会」が4日、鹿児島県庁であり、県は新年度から駆除対策を強化し、わなの数を現在の5倍の約400個に増やす方針を明らかにした。

 マングースは南アジア原産で、国内では沖縄本島と奄美大島に定着。生態系に悪影響を及ぼす「特定外来生物」に指定されているが、喜入地区にも約30年前から生息しているとみられている。

 検討会は関係機関でマングースの情報を共有しようと県が開催。大学や県、市などから12人が出席した。

 県の委託で捕獲作業を進めている県環境技術協会の岡田滋専門員は、これまでに67匹を捕らえたものの、生息を確認した範囲は喜入地区にとどまっていると報告。

 マングースの解剖を引き受けている鹿児島国際大学の舩越公威教授(哺乳(ほにゅう)類学)は、沖縄の個体に比べて体重が重く、体長は小さいと発表。寒さに耐えられるように「進化」した可能性が高いと分析した。

 沖縄や奄美で駆除を進めている環境省那覇自然環境事務所の阿部慎太郎・野生生物課長補佐は「生息範囲が狭い今のうちに、一気に根絶する必要がある」と指摘した。

=2010/02/05付 西日本新聞朝刊=


とのことでした。

驚くべき(興味深い)点が2点ほど。

まずはワナの数を一気に増やすことです。

先日ご紹介した記事では、捕獲数が減少してきた今からが根絶に向けて大事な時期である、というふうにまとめたと思います。
捕獲数が減ってきたから、ワナを増やしより多くの捕獲圧をかけなければならない時期なのです。

まさにこの時期に一気に5倍です!!これは英断だと思います。
県に熱い拍手を送らせていただきたいですね!
日本でも根絶事例はありますが、ここで早期対策の有効性を示していただきたいものです。

気になるのは、鹿児島マングースは30年前からいたということ・・・。
本当でしょうか?奄美に放獣されたのが1979年らしいですから、ほぼ同時期ということになります。
その30年前からの生息説の出処を探ってみたいですね。

もう一つは、検討会が開かれ、官学共同で動いているところです。

自然環境保全の場では、産官学共同となって体制作りをすることが不可欠です。
それぞれ異なる立場ですので、もし個別にやると、各々ができる範囲が限られてしまうのです。

たとえば、駆除において学だけでは人員、資金、道具などをそろえきれない。
官だけでは、有効な駆除方法やワナの設置場所を見誤りかねない。
産だけでは、地域の許可などを得られにくい。

もっともっといろいろありますが、自然環境保全を行うのに1グループだけでは足りないのです。
自然環境保全を行ううえで、グループの多様性は必須ですし、そのグループを繋ぐコリドーも大事です。


この鹿児島だけでなく、今ではいろいろな地域で自然環境を守るための検討会が開かれております。
お互いの利害ではなく、自然を守るという目標に向かっての協力があると望ましいですね。

決して落としどころを探るような検討会をしてはいけません。


引用元:西日本新聞 2010/02/05 『わな 5倍の400個へ 鹿児島市 喜入地区 マングース駆除強化』
URL:http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/150695
2010.02.08 / Top↑
こんにちは、ゆーにです。

本日ご紹介しますサイトは、神奈川県立生命の星・地球博物館より、2003年頃に神奈川新聞で連載された記事の再録ページです。

侵略と撹乱の果てに、というタイトルで、生物多様性など基本的なところから様々な外来生物について書かれておりました。

一番の見所といいますか、注目すべき点は、各文章が短いところです。
にもかかわらず必要な情報が記載されており、さらに写真までついて読みやすくわかりやすいことこの上ありません。

私が知らない種も解説していたため、参考になりました。

このように短くかつわかりやすい文章を心がけたいものです。

外来生物に興味のある方は、一度ご覧になってはいかがでしょうか!?

侵略と撹乱の果てに
http://nh.kanagawa-museum.jp/kenkyu/alien/index.html


参考:神奈川県立 生命の星・地球博物館
URL:http://nh.kanagawa-museum.jp/index.html
2010.02.05 / Top↑
こんにちは、ゆーにです。

半年前くらいに鹿児島でマングースが発見された、という騒ぎがありましたよね?
あの続きをインターネットのニュースで発見したので、ご紹介いたしますね。

まずは先々月から。鹿児島で捕獲されたマングースのでどころが大体わかったそうです。
こちらをご覧下さい。↓

【南日本新聞】

鹿児島市で捕獲のマングース 奄美・沖縄とDNAが一致
(2009 12/14 10:08)

県が設置したかごわなにかかったマングース 鹿児島市喜入地区で確認されたマングースを調査している鹿児島国際大の舩越公威教授は12日、同市で開かれた講演会で、捕獲された一部のマングースのDNAが、奄美大島や沖縄県に生息するものと一致した、と報告した。
 県が喜入地区で生息を確認した6月以降、12月11日までに設置したわなで64頭を捕獲(雄34頭、雌30頭)。このうち6頭と、2007年に見つかった死がいを独立行政法人・森林総合研究所(茨城県つくば市)で分析した。
 捕獲されたマングースは、平均体重が雄約800グラム、雌約500グラム。奄美や沖縄よりそれぞれ100グラムほど重いという。舩越教授は「大型化は亜熱帯から温帯への適応が一因ではないか」と述べ、「意図的に持ち込まれたのかどうか、侵入経路の特定と分析が急務」と訴えた。
 講演会は、特定非営利活動(NPO)法人「かごしま市民環境会議」が開催。舩越教授と、滋賀県立琵琶湖博物館の中井克樹主任学芸員が外来生物問題を講演した。

鹿児島・南日本新聞ニュース・373ニュース


ということでした。

奄美沖縄と同じDNA、つまりそこから鹿児島に持ち込まれた可能性があるということです。
もちろん1910年に沖縄に、1979年に奄美に放したのと同系統のものを鹿児島で今まで保持していた、という可能性も0ではないですが・・・。

そしてこの記事で気になるのが捕獲数。昨年6月から12月までで64匹。
思いのほか鹿児島にいたのですね・・・。しかし2007年にも見つかっていたそうなので、繁殖を繰り返しているならばまだ数はいるかと思います。
もし動物の個体群動態に詳しい方がいらっしゃったら、マングースの繁殖力や死亡率、出産齢などから現在の生息数が推定できるかもしれませんね。


次にご紹介しますのは、先月のニュース。先ほどのニュースで12月11日までの捕獲数が64匹でしたが、その後捕獲が途絶えているようです。
まずは記事をご覧ください。↓

【毎日新聞】

マングース:喜入地区、捕獲1カ月途絶える ワナ工夫へ /鹿児島

 昨夏以降、鹿児島市喜入地区で相次いだマングースの捕獲が約1カ月、空振りが続いている。鶏の空揚げなど好物でワナをしかけており、エサの昆虫などが急減する冬は本来、捕獲は増えるはずという。原因は不明だが県自然保護課は「根絶したとも思えず当面、捕獲体制を維持したい」と話している。
 捕獲は12月18日、65匹目となるメスが最後だ。昨年の捕獲数は、ワナを4~8基仕掛けた7、8月が各8匹、1匹。9月以降はワナを増やし、9月=15匹▽10、11月=16匹▽12月=9匹--だった。
 環境省奄美野生生物保護センターは「本来、捕獲のピークは秋~冬。ワナに捕まった仲間の姿をみて『危険だ』と学習する可能性はある」と指摘する。
 また、県自然保護課は当面の対応として「ワナの位置を工夫したい」としている。
 マングースは沖縄、奄美大島だけに生息するとされてきたが昨年6月、本土で初めて喜入地区で確認されたことが判明。県は7月から捕獲を始めた。その後、捕獲された個体が、外来生物法で生態系に悪影響を及ぼす「特定外来生物」に指定された「ジャワマングース」と確認された。【福岡静哉】


ということでした。

当初少ないワナで8匹も捕まっているところに驚きました。
本来個体数が少なければ、ワナの数が多くないと捕獲できないからです。
この件は、もし毎日捕獲の様子を点検してれば4~8個×30日ですから、8匹/120~240で案外捕獲確率は低いのかもしれませんけど・・・。
それでもある程度捕獲できているのですから、個体数は多めだと思います。・・・勘ですけど。

それからワナを増やしていくと同時に捕獲が増えていきましたね。
12月に入って微減したようですが、12月18日の65匹目以降捕獲できないのが不思議です。

最後の1匹を捕まえるのが一番大変と聞きますが、まだ最後の1匹ではない気がするんですよ。
最初にここで放されたのがつがいだけならば、全個体数はこのくらいな気もしますが、目撃例が多かったのが新聞で報道されてますので、あと100匹はいるんじゃないかなぁ・・・、と適当に言ってみます。

しかし、何より捕獲数が減ったということは、大量にいるものを手当たり次第捕獲するという駆除の初期段階を超えたといえるでしょう。数は分かりませんが、根絶に向けてはこれからが正念場です。
鹿児島県や関係団体には、ここから踏ん張っていただきたいものです。

根絶に成功すれば、外来生物は早期対策が重要である!ということの証拠となりますしね!

あとは侵入経路の特定ですが、一体どこから、あるいは誰が何のために。もし人の手を介していなければ、どうやって。それを判明させるのが重要ですね。

またニュースを見かけたら記事に致しますので、お待ち下さい!


引用元:南日本新聞 2009/12/14 『鹿児島市で捕獲のマングース 奄美・沖縄とDNAが一致』
URL:http://373news.com/modules/pickup/topic.php?topicid=31&storyid=21055

引用元:毎日新聞 2010/01/19 『マングース:喜入地区、捕獲1カ月途絶える ワナ工夫へ /鹿児島』
URL:http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20100119ddlk46040643000c.html
2010.02.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。