上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
どうも、復活の狼煙を上げてたぶんすぐ下げるU1です。
今の仕事で久しぶりに「アルゼンチンアリ」の単語を見かけたのでついつい記事にします。
こんなところにも外来生物の影響が!っていう感じで面白いですよ。

今私は不動産業界にいるわですが、宅建(宅地建物取引士)試験に合格すると、(一財)不動産適正取引推進機構のメルマガに登録できるんです。そこでは行政やマーケットの動き、トラブル事例の紹介やトラブル予防のための知恵・心得などが配信されています。

今日送られてきたそのメルマガのトラブル予防の知恵・心得に、アルゼンチンアリが出てきたんですよ。
内容をまるっと書き写すと何か問題が起きそうなので、概略で説明しますね。

Q:戸建て住宅で部屋の中まで侵入してくるアリ(アルゼンチンアリ)がいるけれども、その状況って住宅を売るときに説明が必要ですか?
A:アルゼンチンアリの駆除にはすごい時間と費用がかかりそうですね。買った人が事前にそれを知らされてなかった場合、訴えられる可能性もありますからちゃんと買主や仲介業者さんには説明して了解をもらっておいてくださいね。

不動産取引では「口頭で説明しましたー了承もらいましたー」では済まず、重要事項説明書に残していかなければならないような内容ですから、不動産屋さんは私の概略を鵜呑みにせず専門家に相談したり調べなおすと思いますが、アルゼンチンアリが侵入してるお宅の売却を検討している方も必ず専門家や不動産屋さんに相談してほしいと思います。
まあ概ねこんなことがあるわけですね。

つまり、アルゼンチンアリのせいで不動産取引に手間が増えた。というか、住宅内にアルゼンチンアリがいることで、ちゃんと説明しないと訴訟を起こされる可能性が増えた。ということです。
場合によってはアルゼンチンアリがいるのが嫌で住宅の売買が滞ったり、購入者が付きにくくて住宅価格が若干下がるかもしれない、なんてことがあるのです。

外来生物の意外な影響を見た気がしました。昔は生態系への影響ばかりに目が行ってましたが、経済活動へも地味~に影響を与えていたのですね...。
アルゼンチンアリの殺虫剤を作る会社はそれはそれで儲かるのかもしれませんし、研究開発費を回収できるほどではないのかもしれませんので、どの程度その業界の経済活動に影響があるかは知りませんが、住環境に近いとそういった業界(ペストコントロール的な)へも影響を与えると思います。というか実際に影響しています。

いろいろ言いましたが、業界が変わらないと見えないものもあるんだなぁということでした。
以上!
スポンサーサイト
2016.11.01 / Top↑
大変お久しぶりです。U1でございます。
かれこれ3年ぶりの記事投稿になります。ブログは開設してから11月28日で9年になりますが、さすがに私も大学生から大学院生を経て社会人になり荒波に揉まれ、諸般の事情で転職し、いろいろと環境が変わりました。

経歴としては、農学系大学生→農学系大学院生(NPOで研修したり、科博でSC研修したり)→環境系公務員→不動産業、と最後だけ謎の転身を遂げていますが、概ね自然環境についてやってきたわけであります。
今から思うと、学生のときは社会を全く知らなかったため、外来生物対策は全て理想論でしかなかったなぁと思います。
社会に出て、お金のことや契約のことや予算のことや、現場のことや関わっている人々やそれぞれの立場や、様々な法律や条例や規則や、個体数調整か根絶かといった目的の違いなど様々なことを目の当たりにすると、問題解決には非常に多くの細かい作業や調整が必要になっているんだなぁと感じました。

かつてはお金かけて一気にばーんと駆除しちゃえばいいんだよ!なんて言ったこともありましたけど、そう簡単には行かないですね。
お金の出どころは?市?県?国?行政は予算を組まないと支出できないし、その予算が付くかどうかわからない。一般ピーポーがひょこひょこ役所に行って、「外来生物を駆除したいからお金出してください!」って言ってもそう簡単につくことはない。その年の支出内容は前年に決まっていますからね(例外もまれにありますが)。「どこそこの外来生物が大発生しているから、いまのうちにお金かけてやっちゃえばいいと思います!」といったところで、「大変貴重なご意見として承ります」といわれるだけ(次年度には動くかもしれませんが)。これは、やる気がないのではなくこの国の行政システム上やむを得ないことなんです。あと、本当にヤバイ外来生物はすでに対策が打たれており、行政も優先順位をつけて作業してます。お金も人員も限りがありますから。

お金もさることながら、作業員はどう集めるのか?ということも問題になりますね。最近では各地で駆除イベント(石垣島のオオヒキガエルの駆除イベントのような)がありますが、啓発活動の面もあり、それだけでは根絶には少し道のりがかかります。駆除は一日にして成らずなので、頻繁に罠を見回ったり、頻繁に捕獲活動してくれる人が必要なのです。そのような人をうまく確保できるのか?という問題もあるわけです。

ついでに、その作業が本当に効果的かを検証しなければいけません。極端な例えですが、外来植物が花をつけて実をつけて散布した後(例えば秋の後半)に、外来植物本体の駆除作業をしたとします。来年春にはたくさんの芽がでるでしょう。まったく知識のない状態で始めてしまうと、いたちごっこなわけですね。その知識を持てる人も必要ですし、検証できる人も必要です。必ずしも検証しなければならないわけではありませんが、検証なしで根絶できた場合、他の場所でも導入したいのにうまくできないということもあるでしょう。

いきなり重めの内容になりましたが、まあそのような感じで現場のあれこれを体験して、外来生物対策ってなんだろうか、どこに向かうのだろうか、やり遂げられる事なのだろうか、このブログの意味ってなんだろうか...と迷宮に入り込んでしまい、全く書かなくなってしまったわけです。
環境系公務員時代に書いてしまうと守秘義務云々や(もちろん今でもその守秘義務は守らなければいけませんが)、同じ職場の方々からあれこれ言われる可能性があったり、単純に「調べて書く」という時間が取れなかったりというのもありますが...。

そんなわけで、ここ数年間気ままに追わない外来生物の時代がありました。
今では仕事がまったく自然とは無関係の業界になり、入ってくる知識や情報が別物になりましたが、こんな時間にブログを更新してるくらいに以前よりも調べて書く時間と心のゆとりが出てきましたので、チマチマと気ままにやれる範囲でやろうと思います。

今日この記事を書いたのも、今の仕事で外来生物にかかわる情報を得たから久しぶりにブログ見てみるか~、という軽い気持ちですし。

気になったら調べるし、やる気がなければやらない感じでまた気ままにやっていこうと思います。以前のような専門性も使命感もありませんので、素人がまたなんかやり始めたな、くらいで見ていただければと思います。

なお、コメントについても気ままにお返事しなかったりしますし、ブログ上で議論するつもりも毛頭ありません(前述のように昔ほどの使命感がなく、単なる趣味)ので、ご容赦ください。

それではまた気長によろしくお願いします。
2016.11.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。