上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ども、ゆーにです。8000HIT超えました~!いつも見てくださる方、ありがとうございます。
みなさんが来てくださるおかげで、この更新も続けていけるのだと思っております。

今後ともよろしくお願いします。


では、今日の記事です。今日は紀伊民報より、新たにアライグマの危険性についての調査結果が発表されたので、それをご紹介します。

yahoo!ニュースで報道されたものを中心に記事化しているので、yahoo!と似たニュースの流れになっているのはご了承下さい。yahoo!さん、ありがとうございます。
もっとブログの更新に費やせる時間があれば他のニュースも探しに行くのですが・・・。

というわけで、記事に参りましょう!↓

捕獲アライグマの半数がイヌジステンパーに感染

 田辺市とその周辺で捕獲された特定外来生物アライグマの約半数が、過去に致死率の高い感染症を引き起こすイヌジステンパーウイルス(CDV)に感染していたことが、山口大学農学部獣医微生物学教室の前田健准教授(40)らの調査で分かった。旧田辺市内では60・3%という高い確率で感染していた。前田准教授は「予想以上に野生動物にCDVがまん延している」と話している。

 前田准教授は、田辺市稲成町のふるさと自然公園センターの鈴木和男さん(51)の協力で、2007年3月から5月に掛けて、田辺市でタヌキ7匹とイタチ1匹がCDV感染で死亡したことを確認した。CDVは多くの肉食動物に感染するため、同市でこの時期にCDVが流行していた可能性があると予測。07年6月~08年4月に捕獲されたり事故死したりしたアライグマやタヌキなどを対象に、感染して治った個体が体内に持つウイルス抗体の有無を調べた。

 この結果、アライグマ104匹中54匹(51・9%)から抗体の陽性反応が確認された。旧田辺市内では58匹中35匹が陽性だった。近畿の他地域の陽性率(30~34%)と比べても高く、田辺地域で最近、CDVが流行していたことが裏付けられたという。

 陽性個体はみなべ町や白浜町、印南町などでも確認された。タヌキは19匹のうち4匹(21・1%)が陽性で、タヌキの低い陽性率は、アライグマよりCDV感染に弱く死にやすいためではないかとみている。

 前田准教授は「ジステンパーは以前から日本の野生動物でみられたが、外来生物のアライグマが定着することで、流行の形態が変わってくる可能性がある」と指摘している。

 鈴木さんは「衰弱して動けなくなった野生動物を見掛けたら情報提供してほしい」と呼び掛けている。問い合わせはふるさと自然公園センター(0739・25・7252)の鈴木さんへ。

イヌジステンパー
 感染初期は高熱や下痢、肺炎などの症状を示す。さらに病気が進行するとけいれん発作や震え、足のしびれなどを起こし死に至ることもある。感染動物の唾液(だえき)や尿などを吸い込んだり、接触したりすることで動物間で感染する。人には感染しないという。

【ジステンパーに感染し衰弱したタヌキ(2007年5月11日、和歌山県田辺市天神崎で)】

(2008年10月14日更新)



でした。【】の部分は写真の説明ですが、写真は基本転載しないので、一番下の記事リンクから飛んでください。

さて、田辺市は和歌山県にありますが、そこではアライグマの半数がイヌジステンパーに感染しているようですね。

記事にもあるように、ジステンパーはイヌジステンパーウイルス(CDV)により引き起こされます。このウイルスは食肉類に感染します。人には感染しませんよ~ご心配なく。

イヌジステンパーウイルスとはモノネガウイルス目パラミクソウイルス科パラミクソウイルス亜科モルビリウイルス属に分類されていますが・・・っていってもちんぷんかんぷんですけど、この属にはなんと人が感染するはしかウイルスがいるのです!

さらに、このパラミクソウイルス亜科の別の属にはおたふくかぜウイルスもいるのです!

これらの病気は宿主に高い感染性と重い病原性をもっております。なので、ジステンパーは人でいうとはしかのような位置づけであると思ってください。思っちゃっていいのかな・・・?どなたか教えて下さい(^^;)

イヌジステンパーにかかったイヌは、初期症状として目やにや鼻水、発熱、咳、食欲の低下などがおこるようです。その後、記事にもあるとおり神経症状を起こして死に至るようですね。

動物の病気に関しては専門外なので、詳しいことは専門書を読むなり、獣医さんにお聞きするなりして下さい。

日本の食肉目といえば、ネコ目のことです。ネコ目はネコ亜目、イヌ亜目に分かれており、イヌ亜目にイヌ科、アライグマ科、イタチ科、クマ科、アザラシ科などが含まれます。

記事でタヌキ、イタチが感染死したとありましたね。つまり、イヌ亜目は感染してしまうようです。
他にもアザラシに感染したという話を聞いたことがありますし、トラやヒョウにも感染するらしいので、食肉目ほとんどが抗体を持たない限り感染し、発症する可能性があるのではないでしょうか。

アライグマは北は北海道から南は・・・どこまでかはわかりませんが、日本の40都道府県で確認されているようなので、野生動物への影響が心配です。

日本の食肉目にはタヌキだけでなく、キツネ、クマ、イタチ、テン、オコジョ、イイズナ、アナグマ、カワウソ、ラッコ、部分的にヤマネコ、一応ハクビシンなどがおります。

この中にはもちろん抗体を持っているものがいるでしょうが、記事の例のように、地域的にCDV抗体を持たない弱い種もあるかもわかりません。

アライグマも全ての地域個体群がCDV抗体を半数以上持っているとは限りませんし、調べてみなければわからないでしょう。

和歌山県の事例では、アライグマとタヌキで抗体確認の大元のデータ数が違うので統計上正確なデータでは無いかもしれないけれど、実際にタヌキとイタチの方に死亡という影響が出ているのは確かなのです。

他の県でもジステンパーの影響を確認し、場合によっては早急に対応しなければいけない事案かもしれません。もしかしたら日本の動物たちが少しずつ減ってしまうかもしれません。


アライグマは農作物被害、アライグマ回虫や狂犬病媒介者として危険視され、特定外来生物となりましたが、また新たに生態系への病的懸念事項が追加されたように思います。

特にウイルスなど目に見えない微生物による流行、感染症って恐ろしいのです。この病気は人にかからないから、自然界で蔓延していてもわかりにくいのです。

アライグマを駆除されている団体や行政があるならば、同時にジステンパーウイルスの確認も行ってみてはいかがでしょうか。
全国規模で自然界でのイヌジステンパーの状況が判明するかもしれません。


引用元:紀伊民報 2008/10/14 『捕獲アライグマの半数がイヌジステンパーに感染』
URL: http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=154938
2008.10.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ligustrum.blog21.fc2.com/tb.php/106-277412f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。