上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
どもー、ゆーにです。
何とか外来草本植物以外の記事を増やそうとネタ探しをしているのですが、なかなか見つからず更新が遅くなるという事態になってしまったため、やっぱり今まで通りに更新することにします。

というわけで、今日は外来草本です。
ヒメツルソバを紹介しますが、そう名前をいわれてもどんなやつだかさっぱり分からないでしょう。

では別名ポリゴナムだとどうでしょうか?聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

写真を見たら一目瞭然。コイツのことかーと思うでしょう。

これです。
IMGP3649re.jpg

どっかで見たことあるでしょう。このシロツメクサみたいな、でもどこかちがうような花。
よく別名のポリゴナムでグランドカバープランツとして売られています。実家でも植えていましたし。
逸出するのでそこら辺の空地に生えております。
道路脇のコンクリートの隙間とかにも多いかな。

写真を撮ったのは調査させて頂いている湯島聖堂の裏側です。一面がこのヒメツルソバだらけでした。真ん中に写っているのはニホンミツバチです。
外来植物と在来昆虫の問題点を交えながら、ヒメツルソバについて紹介しますね。

まず、ヒメツルソバについて。

ヒメツルソバはタデ科の多年草です。別名はポリゴナムです。ポリゴナムは複数ある学名の一つです。本来学名は一つしか存在せず、一番最初につけたものが有効ですが、その後の研究などで分類体系が変わったりするとシノニム(異名)として複数学名がつくことがあるのです。
どれをとるかは研究者によって異なりますが・・・。

原産地はヒマラヤ。簡単に繁殖し、匍匐しながら伸びていくのでグランドカバープランツとして売られるんですね。また、性質も強健で手もかからず、放っておいても成長しちゃいます。
だから空き地とかでも増えちゃう。コンクリの隙間でも生育しちゃう。

葉っぱにはV字の斑がはいるので見分けやすいでしょう。花にみえるのは小さい花が集まってできた集合体です。タンポポとかと似たような感じ。夏期の暑いときは花が咲きませんが、5月から秋頃まで咲いているようです。虫媒花で、ハエやハチによって受粉するみたいです。

真っ暗なところでは生育できませんが、ある程度日陰の所ならば生育できるようです。

グランドカバーからの逸出なので、多くは都会で蔓延るでしょう。都市生態系の中で増えていくので(といっても爆発的では無いと思いますが)、在来生物への影響よりも都市生態系のさらなる悪化が懸念でしょうかね。

そんな懸念もする必要は無いと思いますが。
もし問題になっても簡単に駆除できそうですし。


それよりも問題なのが、ニホンミツバチが蜜源として利用していることです。
蜜源として利用することは受粉を助けている事になります。それでよりヒメツルソバが増える事が問題なの?

いいえ、違います。

ニホンミツバチはかつて雑木林で生活しておりました。開発とスギ・ヒノキの植林、山村の過疎化などで山間地が衰退し、ニホンミツバチは種が維持できなくなるかも、と危ぶまれておりました。

しかし、最近では都市に出現しております。一般的には、都市に天敵であるスズメバチ類が少ない、競合相手である外来種のセイヨウミツバチがいない、となっております。

それだけでしょうか?

私は、外来植物の増加も原因にあるのではないかと思っております。研究例はそんなに多くないですし、私も詳しいわけではないですが。。
かつて都市部にはなかった虫媒花の植物がどんどん増えているからではないでしょうか。セイタカアワダチソウしかり、このヒメツルソバしかり・・・。駆除されない外来植物だけでなく、鉢植えやプランターの園芸植物がたくさん植えられることも一因ではないでしょうか。

マンションですら、ベランダに花を植えて楽しみますから、それらが蜜源になっているでしょう。ガーデニング嫌いの奥様はあまり多くありません。少しでもこの灰色の都会に色を付けようと、花を植えてらっしゃる事でしょう。

それは悪いことではありません。自然の色のある風景は気分がいいですからね。是非色を添えてください、といいたいです。

しかし、どうなんでしょう。里山の撹乱によりニホンミツバチが都市部へ下山し、そこにある外来植物を主に糧として生きる。ニホンミツバチの成功した適応戦略と見るのがよいのでしょうか?人の自然界への撹乱の結果としてハチの生態を変えてしまったと見るべきでしょうか。

種の保存の点から見て、外来植物を減らさずにニホンミツバチの蜜源として保持するのか。
湯島聖堂(お茶の水のビル群のど真ん中)の裏の花畑を、そこに住むニホンミツバチのために保持するのか。
あるいは、都市生態系を悪化させないため、これ以上の撹乱を起こさせないため、生物多様性保存の観点から駆除していくのか。

人によって意見が分かれるでしょうが、考えなければいけない問題です。

私は、外来植物を在来のものに置き換えながらハチも保存していくのがよいのかなぁと思っておりますが。同時に里山を修復していく。こうすればいずれは戻っていくかもしれません。

大変な労力ですけどね。


外来生物の功罪。いえ、人の功罪ですね。世の中の自然環境保全の意志が、具体的な目的が一つならラクなのにね。10人いれば10通りの考え方と目的。
まだまだ日本の自然環境保全の意識は始まったばかりです。

ところで誰か都市にいるニホンミツバチの蜜源について探ってみてくれませんか。
ミツバチの行動圏とその範囲にある蜜源を調べ、山間地の蜜源と植物の蜜量などを比較すればなんだか面白い論文が書けそうな気がします。

私ですか?トウネズミモチで手一杯です。
2008.12.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ligustrum.blog21.fc2.com/tb.php/117-b1fd15e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。