上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは、ゆーにです。

今日の話題はニセアカシアです!
カテゴリ作っておきながらまだ1本しか記事を書いていないという始末。それも今日で終わり!

外来樹木問題といえばニセアカシアが最も有名ですし、最も研究されております。
先日、研究室の友人の手伝いで多摩川河川敷にあるニセアカシア林に調査に行ってきました。

その様子を今日記事にしようと思いましが、トウネズミモチ酒につづいてニセアカシア酒でもつくろうかと魔がさしましたのでそちらを先に書こうと思います。

ニセアカシアの種子生産を妨げつつおいしい酒をつくる!
まさに一石二鳥!外来種の有効利用ですね!

というわけで、外来酒の第二段ニセアカシア酒です。

トウネズミモチ酒では実を使いましたが、ニセアカシアでは花を使います。
なんたって巷で売っているアカシア蜂蜜の蜜はほぼニセアカシアの蜜ですから。
そのくらいよい芳香、甘い蜜をもっているそうです。

ちなみに花以外は有毒なようなので気をつけてください。

用意するものはこちら。
IMGP4877re.jpg

いやに実験室的ですが、お気になさらず・・・。

ニセアカシアの花、ホワイトリカー、氷砂糖、容器です。

今回用いたのは花100g、ホワイトリカー1.8ℓ、氷砂糖50gです。
花は房のまま持ち帰ってきましたが、途中でばらばらになったのもあり、大部分は房から外れております。房についたままでも大丈夫なようです。

下準備として、花は天日で乾燥させるのが良いようです。
水では洗わないのは蜜が流出するからでしょうか?
今回は時間がなく、1時間外に出して乾燥させました。
・・・生乾きです。

まず、容器に氷砂糖と花を入れました。
どーん。
IMGP4880re.jpg

つぎにホワイトリカーを投入!
それっ!だばだばー。
IMGP4881re.jpg

怒涛のごとくですが、実際作業したらこれだけ。
IMGP4883re.jpg
はいできあがり。


本によっては1週間で花を引き上げるだとか、花は入れっぱなしでも大丈夫だとかいろいろあるようですが、様子を見てやっていこうと思います。

一応完成までには3ヶ月、熟成にはさらに1年ともいわれるようです。
ま、あまり気にせず気ままに見ていこうと思います。

効能はリラックスだとか!楽しみですね~。
ではしばしお待ちを!
2009.05.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ligustrum.blog21.fc2.com/tb.php/146-0a4b99a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。