上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
IMGPhokkai改
オイラはザリガニ。エビと一緒にすんな!こっちのほうがウマイんだぞ!?

というわけでゆーにですよ。今日はザリガニin北海道です。写真を友達にもらったので書くことにしました。

小さい頃、おそらく少年のほとんどが一度はやったことのある遊び。それはザリガニ釣り。

近所の川でよく裂きイカをエサに釣ったものです。すぐにつれて面白かった。自然と付き合う第一歩だったのかも。

でも、その一緒に遊んだザリガニは写真のコイツではなく、外来種アメリカザリガニ。ウシガエルのエサとして持ち込まれ、広がってしまったんだそうな。

じゃあコイツは何なのか?これは、ウチダザリガニ。初めて聞く人も多いかと思います。

日本にいるザリガニはおそらく全部で4種。北日本に分布しているニホンザリガニ、世界各地にいるアメリカザリガニ、滋賀県淡海池にいるタンカイザリガニ、そして北海道にもちこまれたこのウチダザリガニです。

在来種はニホンザリガニのみで、他3種は全て持ち込まれた外来生物です。タンカイザリガニはウチダザリガニの亜種とされ、この2種は食用として持ち込まれました。


もともとニホンザリガニの分布が北のほうだったので、アメリカザリガニが移入されたことによるニホンザリガニとの競合というものはほとんどありませんでした。

しかし、現在ニホンザリガニのいる北海道にウチダザリガニが持ち込まれ、競合が懸念されています。ウチダザリガニの気は荒いらしく、在来種を圧倒するのはたやすいことでしょう。さらに、ザリガニペストの感染によって間接的にニホンザリガニに影響を与えることも考えられています。

一部ではめちゃくちゃ生息しているようです。ホラ↓IMGPhokkai2改

全部ウチダザリガニらしいです。おそろしや。。。

北海道では捕獲して防除しているだけでなく、阿寒湖などで食用にされているそうです。

・・・うん、北海道いってみたい。


ところで、なんでこれがウチダザリガニ?ニホンザリガニかもよ?と思った方。いますよねー?

見分け方を調べてみました。

まず、成体の体長・体色が異なります。
ウチダザリガニ(15㎝以上・こげ茶)>アメリカザリガニ(赤)>ニホンザリガニ(10㎝未満・こげ茶)
です。

じゃあ幼体だとわからないじゃん?アメリカザリガニもちっちゃいとき茶色いし。
そこで、ハサミを見ます。

はさみにトゲ→アメリカザリガニ
はさみに青白い模様→ウチダザリガニ(下の写真参照)
はさみにトゲ・模様なし→ニホンザリガニ

IMGPhokkai3改
ハサミの、いわゆる親指の付け根に模様。

これで判別できると思います。ちなみにこの青白い模様からついた英名はsignal crayfish。

ハサミを動かすと青白い模様も動き(あたりまえ)、それが信号を送っているように見えるらしいです。ほら、飛行機の発着とか。

外来生物の防除には判別の仕方が重要になってきます。判別できないとどれを防除したらいいのか分かりませんもんね。間違って在来種を駆除しちゃったら大変。

意外としっかり区別できる人は少ないようです。自分も専門外ながら、ある程度は確実に見分けられる能力を持ちたいものです。がんばるぞ!ではでは。
2007.12.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ligustrum.blog21.fc2.com/tb.php/15-71b9d061

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。