上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ついに捕獲されましたか・・・。簡単に捕獲できてしまうあたり、個体数がどのくらいなのかちょっと恐怖ですね。

こんにちは、ゆーにです。
また就活関係で記事を書く暇が無いので、簡単に。

最近エマージェンシーな鹿児島のマングースです。
以下記事をどうぞ。

マングース、鹿児島本土に上陸…持ち込みか

 鹿児島県は6日、国内では沖縄本島と奄美大島にしか生息していないとされてきたマングース2匹が鹿児島市南部の喜入地区でわなにかかったと発表した。

 本土で生け捕りにされたのは初めて。県は生態系に影響を及ぼしていないかなどを調べるため、安楽死させ、解剖する。

 同地区では数年前から目撃情報が相次いでおり、県は環境省などの意見を踏まえ、6月22日に「県本土で生息しているとの結論に至った」と発表していた。

 1匹目は5日、同地区の農家がカラスよけのために畑に仕掛けたわなにかかっているのが見つかった。2匹目は6日、この現場から約2キロ離れた場所で県が仕掛けたわなにかかっていた。いずれも体長25~30センチで種類は特定されていない。

 県自然保護課は人為的に持ち込まれた可能性が高いとみており、「小型肉食獣のマングースは繁殖力が強く、イタチやテンなど在来の肉食動物への影響が心配」と話している。

 奄美大島などに生息しているマングースは、特定外来生物「ジャワマングース」。原産地は西アジア、インドで、ハブの駆除のため、1910年代に沖縄に、70年代に奄美に人為的に持ち込まれた。

 奄美では特別天然記念物「アマミノクロウサギ」を捕食するなどの報告があり、国は外来生物法に基づき、飼育、販売、譲渡などを禁止している。

(2009年7月7日10時31分 読売新聞)


でした。

前にも書いたとおり、県には早急な対応をお願いしたいものです。
外来種メーリングリストでは、管理者の方が中心にメーリングリストの賛同者で鹿児島県に対して対策の請願書のようなものを提出するようです。

私も賛同させていただきました。

今後の動きはどうなるのでしょうね。

研究者としては個体数を確認し、現状の個体数を確認してから有効な捕獲作戦に乗り出すのが良い、という意見もあるでしょう。

しかし、私としては、環境省などの国や各種駆除作業の出来るNPOに協力を仰ぎ、かなりの捕獲圧をかけて駆除しきるほうが良いと思います。

小難しく考えるよりも、今ならまだ発見されてから数年なわけですから、高い捕獲圧をかければ根絶できると思うのです。

今個体数が少なそうだから、今年はこの捕獲圧、来年はこの捕獲圧・・・とちまちまやっていたら、おそらくアライグマや沖縄でのマングースのように、毎年各種方面に被害があり、毎年かなりの予算をつけなければいけなくなるのです。

例えば昨年の千葉県のアライグマ完全駆除へ向けての予算。いくらだったか覚えておりますか?2900万円を計上したのです。実際にどのくらい予算がついたのかは調べておりませんが、1年にそのくらいの予算をかけなければいけないくらいなのです。

鹿児島県での決断が英断となり、侵入したマングースを根絶できて後世に成功例として名を残すのか。
あるいは躊躇して侵入したマングースが広がり、悪例として後世に伝えられるのか。

侵入した経緯と原因・その対策を調べるのも大事ですが、いの一番に何をすべきなのか判断を誤らないで頂きたいものです。

引用元:読売新聞 2009/07/07 『マングース、鹿児島本土に上陸…持ち込みか』
URL:http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20090707-OYT1T00295.htm
2009.07.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ligustrum.blog21.fc2.com/tb.php/159-39398c13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。