上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちはー。ゆーにです。就活が終わりました。
来年からのお仕事の関係でこのブログがどこまで続けられるか分かりませんが、それでも気ままに更新していこうと思いますので、気ままに応援いただけると嬉しく思います。

さて、本日もニュース紹介。半月前の記事です。
就活中に気になった記事はかき集めてたのですが、なかなか更新できず。
今後も少し前のニュースが出てくると思いますが、こんなことがあったのかという目で見ていただけるとありがたいです。

大阪・富田林で女性が毒グモに咬まれる 過去最多の昨年と並ぶ
2009.8.18 17:12
 大阪府は18日、富田林市の女性(55)が16日に有毒のセアカゴケグモにかまれたと発表した。

 府内では今年に入って9件の被害報告があり、過去最高だった昨年と並んだ。昨年よりペースが速いことから、府は注意を呼びかけている。

 府によると、女性は16日午前8時50分ごろ、自宅の庭に出るためスリッパをはいた際、セアカゴケグモに右足の中指をかまれた。医療機関で受診し、症状は治まっている。

 府が17日に女性の自宅周辺を調べたところ、セアカゴケグモの成虫6匹と卵が見つかり駆除した。



以上です。
少々短い記事ですが、それでもことは重大です。

250px-Redback_frontal_view.jpg
引用元:wikipedia-セアカゴケグモ

まず一つ目。
たった9件の報告ですが、それでも例年より早い。
たった9件とお思いかもしれませんが、日本で最初に確認されたのが1995年。15年で人に被害を及ぼすまでに増えている(あるいは身近になってしまった)、ということです。

おわかりですか?昔から日本人といざこざが絶えなかったスズメバチと件数を比べてはいけないのですよ。歴史が違いますから。
それよりもむしろ、都市部ではスズメバチを見かけることが多くありませんので、危険度は高いかもしれません。

都市部での毒虫の危険性。それが増えて身近にいるという危険性があるのです。

もう一つ。
スリッパの中に潜んでいたこと。
スリッパの中に潜んでいたのはたまたまそこでクモが休憩をとっていたからなのか。それとも巣を作っていたのか。これを知ることは大事です。
それに、被害に遭われてしまった女性がどのくらいの頻度で庭に出ていたか。これも重要です。

なぜなら、その二つからセアカゴケグモがどのくらいのペースで巣を張ることができ、どのくらいの速度で拡大できるのかを想像することができるからです。
科学的根拠はまったくございませんが、予想することに意味が無いとはいえないですから。

もし女性が毎日のようにスリッパを履いて庭に出ており、なおかつクモがそのなかに巣を張っていた場合。
これは、一夜にして家か庭のどこかに潜んでいたクモが移動し、巣を張れたということになります。
つまり、大阪の方々は庭に出る前にスリッパや靴の中を確認しなければ、咬傷被害にあう危険がある、ということになります。
クモが巣を張って無くても同じことですね。危険度は変わらないかもしれません。

もし女性が庭に出たのが久しぶりだった場合。
この場合、巣が張ってなければ、クモが来たのはつい最近か、あるいは巣を張るスピードがかなり低いのだと思われます。だれか巣作りのスピード調べてないかな・・・。
もし巣を張っていた場合。これはいつ来てどのくらいのスピードで張ったのかは推測できません。

いずれにせよ、上部下線で示したように、都市部で毒虫の危険にさらされてきたということ、また大阪だけでなくセアカゴケグモが確認された府県の方々は、隣町でクモが確認されたらすでに自分のところにいると思って早めに駆除対策を始めたほうが良いということを心がけていただきたいと思います。

クモが何で拡散しているのかは分かりません。車にくっついているのかもしれないし、植木鉢のそこに張り付いているのかもしれない。
でも、クモだけでぞろぞろ移動してくることは考えられませんので、早め早めの行動を心がけてください。

気づいたときには手遅れ、というのは外来生物問題でよくあることですから。


引用元:産経新聞 2009/08/18 『大阪・富田林で女性が毒グモに咬まれる 過去最多の昨年と並ぶ』
URL:http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090818/sty0908181715002-n1.htm
2009.09.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ligustrum.blog21.fc2.com/tb.php/166-59146b75

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。