上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは。ゆーにです。
最近どうも外来生物関係に深く関われておらず、なんだかモヤモヤです。

本日の記事は過去の新聞ニュース紹介です。

ブラックバスやブルーギルを缶詰にしたり、チャネルキャットフィッシュを特産にしたりという外来魚の有効利用が多くなっておりますが、琵琶湖ではこんな動きもでてまいりました。

それでは記事をどうぞ。

琵琶湖の外来魚をペットフードに  近江八幡・沖島の住民ら計画
6月9日9時19分配信 京都新聞

 琵琶湖の漁業に深刻な影響を与えているブラックバスやブルーギルをペットフードに加工し販売する計画を、漁業が盛んな近江八幡市沖島の住民らが進めている。漁以外の雇用創出と駆除の一石二鳥を狙う計画で、年度内の発売を目指す。
 計画では、価格の高いペット用おやつを外来魚で作る。島内に加工場を設け、沖島の木で薫製にして特有の臭みを封じる。事業が軌道に乗れば3、4人の雇用を創出でき、漁以外の新たな産業になると見込む。
 ブラックバスやブルーギルは高タンパク低脂肪のためペットの健康に良いといい、高級ドッグフードの材料として販売する計画もあり、県外の製造会社に取引を打診している。
 沖島のまちづくり団体「沖島21世紀夢プラン推進委員会」が計画を進め、同市の環境技術企業「日吉」が商品開発、販路開拓で協力する。
 沖島では年50~60トンの外来魚が捕獲されるが、ほとんどは県が買い取り、肥料になっているという。また、漁業環境の悪化や高齢化で漁師が減り、島の活力低下が課題になっている。
 同委員会の川居初朗委員長は「島は人口が最盛期から半減し過疎化が進んでいる。活性化へ漁以外の新たな雇用の場をつくりたい」と話す。日吉の梶田由胤係長は「食の安全が問われる中、琵琶湖産を前面に出すことで大手メーカーの商品と競える」と期待している。
最終更新:6月9日9時19分


ついにペットフードまで侵略し始めましたか。

いえ、冗談です。別に全然悪いことではないと思いますが。

漁師さんにとって外来魚はただの厄介者でしかなく、生態系影響とか生物多様性とかは気になさらない方が多いですから。

というか、気にしないのが普通です。

食えない売れないものが大量に取れてしまうのですから、厄介ですよね。
売り上げにもならない。

それを何とか売り上げにつなげ、雇用を増し、産業としようとするのが外来魚のペットフード化、ということでしょう。

いつも思うのが、では果たして産業化に成功し、軌道に乗ってしまったら将来的にどうするのか、ということです。
外来魚ですから、いつかはいなくなることを想定しているのでしょうか。
それともいなくならないように個体数を減らしつつ維持していくのでしょうか。

外来生物を有効利用するのは大賛成です。
資源として利用し、なおかつ生態系も守れるなんて一挙両得ですからね。

ただ、それを事業展開してしまって大丈夫なのか、と思うわけです。

企業でもなんでも、どんなことにも計画書なり企画書なりあると思います。
そのときには必ず将来の展望やその事業の持続性が書かれてあると思うのです。

その持続性や展望が気になるのです。

経済性も踏まえて、機会があれば是非お聞きしたいところですね。

引用元:京都新聞・yahooニュース
URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090609-00000002-kyt-l25
2009.10.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ligustrum.blog21.fc2.com/tb.php/176-c04ce78b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。