上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
緊急速報!緊急速報!!

どうやら千葉県で特定外来生物ウチダザリガニが発見された模様です!

実は私mixiをやっておりまして、そこの外来種コミュニティで本日お昼ごろに一報が流れたのです!

情報元はこちらの千葉県生物多様性センターのページをご確認ください!!

場所は千葉県印旛郡栄町、長門川と呼ばれる川のようです。

利根川と印旛沼を結んでおります。以下yahoo地図の切抜きでご確認ください。

長門川
(yahoo!地図より。クリックで拡大します。)

捕獲されたのは2009年9月26日から10月7日までで4匹。

まだ少ないといえば少ないですが、これからどんどん出てくる可能性があります。
鹿児島のジャワマングースのように。

最近の記事でウチダザリガニを移動させないで、というパンフレットを紹介したと思ったらこれです。

ウチダザリガニは淡水性であり、また日本では北海道、福島、滋賀、長野でしか確認されておりませんので、意図的にせよ非意図的にせよ人間が持ち込んだことには違いありません。

悪意を持って誰かしらが入れたのか。
あるいは産業用の魚を放流するときに紛れ込んでいたのか。

原因はわかりませんが、確認されてしまった以上、緊急に対策を行い、個体数が少ないうちに根絶するのがよいでしょう。

印旛沼には昨年行ったことがあります。

水路にはブルーギルがおり、ナガエツルノゲイトウが生え、カミツキガメが生息する・・・。

水生外来生物天国(地獄)である琵琶湖や霞ヶ浦にならないよう、至急情報を集め、対策を練る必要があります。

皆様、情報をお持ちであれば、是非千葉県生物多様性センターや環境省関東地方環境事務所までご連絡ください。

なお、ホームページに載っている文章を全て引用するのははばかられましたが、この情報を後に残しておくためにコピー&ペーストし、保存するのをお許しください。

以下引用

千葉県内で捕獲された特定外来生物「ウチダザリガニ」について

平成21年9月26日および29日に、利根川水系長門川(印旛郡栄町)において、ウチダザリガニ2尾が捕獲されました。ウチダザリガニは、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)」の特定外来生物に指定されており、千葉県では初めて確認されました。

本種は、昭和元年から5年にかけて水産資源として導入され、現在国内では、北海道、福島県、長野県および滋賀県(ここではタンカイザリガニと呼ばれている)で定着しています。

千葉県には、競合するような在来のニホンザリガニは生息しておりませんが、本種は繁殖能力が高く、雑食性で魚類(卵を含む)、底生生物、水草などを捕食し、在来水生生物への捕食の影響や巣穴を掘ることによる土手の浸食、水カビ菌などの感染症の媒介などの影響があるとされています。

今後、関係者からの情報収集や現地調査等を行い、本種の生息動向を把握していきます。

○ 捕獲の状況
ウチダザリガニと思われるザリガニを捕獲したとの情報が平成21年9月29日にあり、千葉県生物多様性センター職員が現地を訪問したところ、ウチダザリガニであると判断されたため、緊急収容しました。
さらに、10月7日までの間に4尾が捕獲され、うち1尾は利根川本流の長豊橋付近で捕獲されています。


捕獲されたウチダザリガニ(メス)。はさみの可動指の付け根に白い斑があるのが特徴。


○ ウチダザリガニとは
ウチダザリガニは「外来生物法」の中で特定外来生物(生態系や人の身体等に影響を及ぼすおそれのある生物)として環境省から指定されている北米原産のザリガニの仲間です。
本種は繁殖能力が高く、魚類(卵を含む)、底生生物、水草などを捕食するほか、水草を切断するなど、生態系への影響が懸念されています。また、北海道では、在来のニホンザリガニとの競合が懸念されており、道内各地で防除活動が実施されています。


○ ウチダザリガニを見つけた場合
県内の湖沼や河川においてウチダザリガニを見つけた場合は、当センターまでご連絡ください。
外来生物法では、特定外来生物の「飼育」、「運搬」、「保管」、「譲渡・販売」、「野外に放つ」などの行為が禁止されています。捕獲することは禁じられていませんが、生きたまま持ち運ぶことは法律違反となります。
なお、外来生物法による防除としてウチダザリガニを捕獲する場合には、原則として、外来生物法に基づく防除の確認又は認定が必要です。(特定外来生物の防除の確認又は認定申請)
また、捕獲の際に漁具を用いる場合には、千葉県内水面漁業調整規則に基づく採捕の許可が必要です。(千葉県農林水産部水産局水産課)

外来生物法に関する相談については、環境省関東地方環境事務所もしくは当センターまでお問い合わせください。


○ 特定外来生物とは
特定外来生物とは、外来生物(もともと日本に生息していなかった生物)であって、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの、または及ぼすおそれがあるものの中から、外来生物法により指定されます。特定外来生物は、生きているものに限られ、個体だけではなく、卵、種子、器官なども含まれます。


○ 関連リンク
環境省自然保護局 「外来生物法」 、「特定外来生物同定マニュアル(甲殻類)」
国立環境研究所  「侵入生物データベース(ウチダザリガニ)」



引用元:千葉県生物多様性センター 2009/10/22 『千葉県内で捕獲された特定外来生物「ウチダザリガニ」について』
URL:http://www.bdcchiba.jp/alien/signal/index.html
2009.10.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ligustrum.blog21.fc2.com/tb.php/183-43c3b92f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。