上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
みなさま、こんにちは。ゆーにです。

突然ですが、昨日の夜のテレビ番組、「世界の果てまでイッテQ」をご覧になったかたはいらっしゃいますか?

私はパソコンの片目に見ておりました。

すると、タイで巨大魚釣りをする特集が始まりました。

なんでもプラークラベーンという毒針を持つ巨大魚を釣るんだとか。

その巨大魚を捕獲するために、エサとなるナマズを釣るシーンになったときのことです。

とある魚ばかり釣れる。

その名もプラーニン。

見た目普通の魚です。


しかし、ここで私は思いました。

まて、この魚どっかで見たことあるぞ、と。

気になった私は、ネットで早速プラーニンという名を調べてみました。

やはり思ったとおりティラピア(ナイルティラピア)でした。

しかも、どうやらこのタイのナイルティラピアは日本と深い関係があるのだそうです。


みんなだいすきWikipediaより。

タイ王国の食糧事情を知った皇太子明仁親王(今上天皇)はタイ国王にティラピアを50尾贈り、「ティラピアの養殖」を提案。タイ政府はそれを受け、現在、タイでは広くティラピアが食されている。このエピソードにちなみ、タイでは華僑により「仁魚」という漢字がつけられ、タイ語でもプラー・ニンと呼ばれている。


だそうです。

プラーというのは、タイ語で魚類のこと。pla。
他の魚類も、タイ語だとほとんどプラーってついてるみたいですね!

冒頭のプラー・クラベーンも巨大淡水エイでした。

さらにさらに、ナンプラーってのもありますが、これもタイの魚醤。このプラーも魚のことなんでしょうね!

ちなみに、プラー・ニンのニンはタイ語でナイルのことだという説もあります(参考サイト参照)。
さらに、ニンはタイ語で瑠璃色のという意味もあるそうで、この3つのうちどの説がホントなんでしょうね。


さてさて、やはり気になるのはその部分ではなくティラピアを日本から送ったこと。

やはり、当時の食糧事情から考えるといたしかなかった・・・のでしょうね。
ブルーギルのときも、日本の国内事情を見回して、食糧確保に役立つと考えられる選択だったのでしょうから。

食糧難のときに、生物多様性を考えられるのは少ないでしょう。
生物多様性の概念が日の目を見たこと自体、最近のことですから。

考えなければいけないのは、これから、今からです。

テレビでは、プラー・ニン・・・ナイルティラピアをおいしそうに食べておりました。
タイでは受入れられているのでしょう。

駆除うんぬんの話はちょっと事情が複雑ですので、ここでは考えておかないことにしておきます。


それにしてもタイだけでなく、諸外国がどのくらい外来生物に対して考えているのか、興味があるのか、否定か肯定か、少し興味がありますね。


ちなみに、テレビ番組内では、プラー・クラベーン・・・巨大淡水エイが減少しているらしい、とありました。

まさかナイルティラピアが稚エイやエイのえさとなる生物を食べてしまっている、なんてことはないですよね?


参考:Wikipedia‐ティラピア
    THE THAI 食
   
2010.01.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ligustrum.blog21.fc2.com/tb.php/198-f816d3f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。