上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは。最近春めいてきましたね!!
そろそろ生き物が芽吹き&動き始めるので、写真を撮れれば外来生物写真館も充実させられるのですが・・・。
いつもコンパクトデジカメですので、一眼レフでちゃんとした写真を撮りたい今日この頃です。

さて、本日はまた鹿児島マングースのニュースのご紹介です。
まずは記事をご覧ください。

マングース北上危ぐ 鹿児島市で確認8ヵ月 70匹捕獲 専門家「本土の環境に適応か」 侵入経緯不明のまま

生態系に悪影響を及ぼす「特定外来生物」のマングースが、本土で初めて鹿児島市喜入地区に繁殖しているのが判明し、22日で8カ月が過ぎた。繁殖力が旺盛なのに同地区以外では捕獲されず、本土侵入の経緯も不明。一方で本土の環境に適応し、「進化」した形跡が確認された。専門家は「今のうちに根絶しないと、生息域が九州全域に広がってしまう」と警告する。

■寒さが阻む?

 「現段階で喜入は北限なのかも」。今月上旬、鹿児島県が開いた行政担当者と専門家の検討会で、環境省那覇自然環境事務所野生生物課の阿部慎太郎課長補佐は指摘した。

 原産は南アジア。猛毒を持ったハブの「天敵」とされ、ハブの駆除を目的に1910年に沖縄本島、70年代末に奄美大島に持ち込まれた。県は昨年6月、喜入地区での生息を確認。その後、79年に捕獲したはく製があることも分かり、少なくとも30年前から本土で繁殖していたとみている。

 鹿児島県は昨年7月に捕獲を開始。これまで約70匹がわなにかかった。捕らえたのはすべて同地区の中名(なかみょう)を中心とした南北12キロのエリア。また、目撃証言もほとんどが同地区だ。

 沖縄と奄美では、生息域が年に1キロ四方ずつ広がったとみられている。阿部補佐は「本土は寒さが拡大を阻んでいる可能性がある」と分析した。

■施設でショー

 そもそもどうやって本土に上陸したのか。喜入地区には世界最大級の石油備蓄基地があり、一時はタンカーに紛れ込んだ説も挙げられた。しかし、鹿児島国際大の舩越公威教授(哺乳(ほにゅう)類学)は「警戒心が強いのに、自ら船に乗るとは思えない。人が持ち込んだと考える方が自然」とみる。

 同地区に隣接する指宿市の池田湖畔には、69年ごろから99年まで、ハブとの決闘ショーを見せる観光施設があった。「『数回逃げた』と75年ごろ、ショーを運営する男性に聞いた」。近くのドライブインの支配人(57)は証言する。ところが男性はすでに死亡、事実確認は困難だ。

 県自然保護課も「侵入の経緯に関する複数のうわさを調査したが、どれも古い話で真偽は分からなかった」としている。

■「壁」の突破も

 検討会では舩越教授が、本土の個体は沖縄に比べ、寒さに耐えるよう体重が大きく、体長は小さく「進化」しているとの研究結果を報告した。

 食欲旺盛で天敵は皆無。喜入地区でまだ目立った被害はないが、沖縄と奄美では作物を食い荒らし、固有種のヤンバルクイナやアマミノクロウサギを絶滅の危機に追いやった。沖縄で1万匹、奄美で3万1千匹が捕獲されたが、根絶のめどは立っていない。

 「地球温暖化も重なり、やがては『北限の壁』を突破する」。舩越教授は危機感を訴えている。

=2010/02/23付 西日本新聞朝刊=


以上でした。

今回のニュースで気になるところは、まず70匹捕獲というところ
1月19日の時点で捕獲数が65で止まっておりましたので、1ヶ月ちょっとで5匹増えているということですね。
2月5日時点で67匹というニュースもありましたので、3週間程度で3匹増というところですか。

・・・やはり2月5日のニュースにあった、ワナを400個に増やす方針が実現されるのを待ちましょう。
早期根絶できますか、注目です。

さて、もう一つは侵入経路
どうやら記事を見る限りでは施設から逃げ出した説が濃厚ですね。
確かに事実確認ができないため結論は出せませんが、引用元の記事ではその施設の写真も載せているくらいですので、少なくともこの記事を書いた方はそう思われていることでしょう。

1979年に本土で見つかっており、1969~1999まで決闘ショーの観光施設が営業されていたようなので、可能性としては高い、と単純に考えられます。

しかし、あくまでも可能性です。
事実が確認できるまで、可能性で留めておいてください。

冤罪になってしまうこともありますから。
それに、私は侵入経緯のことは純粋な興味で知りたいわけであって、何も批判したり責任を求めたりしたいわけではないのです。
侵入経緯を知ることで、今後の駆除対策に役立てることができるからです。

もしタンカーに紛れ込んだならば、陸上動物が紛れ込まない対策をとらなければいけません。
これは、侵入元が観光施設であることよりも緊急に対処しなければいけない事態になります。
ほかの場所でも起こりえてしまうからです。

もし人が最近放したものだったら、何者かが故意に放したこと自体が問題です。
反政府・・・は言い過ぎかもしれませんが、生態系テロみたいなことが起こっていることになるからです。

もし観光施設から逃げ出したものならば、現在ほかの施設で特定外来生物を飼養している方々に注意を呼びかけ、私達も目を光らせていけばいいのです。
また、過去に外来生物を観光の目玉にしていた場所をチェックすればいいわけです。

侵入経緯がわからなければ、予防の方法を具体的に考えにくいのです。
早く侵入経路が判明するといいですね!


引用元:西日本新聞 2010/02/23 『マングース北上危ぐ 鹿児島市で確認8ヵ月 70匹捕獲 専門家「本土の環境に適応か」 侵入経緯不明のまま』
URL:http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/154139
2010.02.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ligustrum.blog21.fc2.com/tb.php/203-12ae4e84

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。