上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
またか!滋賀で外来種のハエが侵入していることが確認されました。ゆーにです。

最近琵琶湖周辺が外来生物の危機ですね。大丈夫なのか滋賀県。S・I・G・A滋賀。


~以下転載~

冬の風物詩のミノムシに寄生する外来種のハエが滋賀県内に侵入していることが23日、県立琵琶湖博物館(草津市下物町)が実施した調査で明らかになった。九州地方ではこのハエによってミノムシが姿を消しており、同博物館は「県内でも数が激減する可能性が高い」と危ぶんでいる。
 確認されたのは、東南アジアに分布するオオミノガヤドリバエ。木の枝などにぶら下がるミノムシ「オオミノガ」に寄生し、幼虫の養分を吸い取って死なせてしまう。
 調査結果では、県内で見つかったオオミノガ24匹のうち、3分の1でヤドリバエの寄生を確認。中には一つのみのに、ヤドリバエのサナギが100個以上もあるのが確認された。守山市や草津市など湖南地域で寄生の割合が高く、湖東地域では少ないことから、県内で分布が広がりつつあるとみられる。
 ヤドリバエは何らかの経緯で国内に入ってきたと考えられ、九州地方などで広がっている。1995年に確認された福岡県では、2年ほどでオオミノガがほぼ姿を消した、という。調査を担当した同博物館の桝永一宏主任学芸員(37)=昆虫学=は「調査員からも『以前より見かけなくなった』との報告がある。生態系への影響は不明だが、追跡調査などを行う必要がある」と話している。
 同博物館は2006年11月から07年2月にかけ、博物館調査を手伝う「フィールドレポーター」によるミノムシ分布調査を行った。


~以上転載~

これによると、このオオミノガヤドリバエってのは九州にすでに侵入していた模様ですね。

さらに中日新聞によると、~以下転載。

1995年秋にハエが発見された福岡県では、約2年間でオオミノガが姿を消しており、滋賀県でも生態系への影響が懸念されている。

 オオミノガヤドリバエは本来、中国南西部に生息。葉に卵を産み付ける。葉と一緒にその卵を食べたオオミノガに寄生する。ハエは卵からふ化すると、オオミノガの体を食べて成長。さなぎになるころには、オオミノガが死んでしまう。


以上転載~、みたいです。

とりあえずオオミノガヤドリバエをネットで検索中・・・。
検索結果。

オオミノガヤドリバエはオオミノガの終令幼虫(サナギになる寸前)を見つけて、幼虫が摂食する葉に産卵します。産卵された葉を食べてしまった幼虫は、体内にハエの卵を取り込んでしまいます。ハエの卵は消化器に達し、寄生します。寄生後は、幼虫の体内で孵化、成長し、幼虫体内から脱出してサナギになり、羽化していくのだそうです。
アメリカ映画がよろこんで映画化しそうですね。まさにエイリアン。

一般的な昆虫の寄生方法は、ハチなどでは直接卵を幼虫の体にうえ付けるのが普通ですが、このハエの寄生率の高さは、オオミノガの幼虫が葉を食べている目の前に舞い降りて、どんどん卵を産み、寄生させることに起因しています。みの当りの寄生率は5~9割だそうです。
この寄生率は九州に近づくほど高くなるので、中国からの侵入と考えられています。

このオオミノガヤドリバエは、1983年に大阪でオオミノガの寄生者を調査したときには見つからなかったそうです。1995年に福岡で九州大の方が調査されたときには、9割以上という高い寄生率になっていたようです。ハエの寄生状況は、その年の秋の段階で福岡市に限らず、熊本・鹿児島・岡山・京都でも確認されました。1997年には、オオミノガがほとんど見られなくなってしまいました。

・・・福岡や熊本では、オオミノガは絶滅に追いやられました。たった1年ほどで。

当たり前のようにいたオオミノガは、それ以来絶滅危惧種になってしまったのです。

外来種の影響っていうのは、すさまじいものなのです。このハエの場合は非意図的に日本に侵入したもののようで、進入経路もまだ不明ですが、外来生物を入れると、日本のように島嶼の生物はもろくてすぐにこんな事態になってしまうのです。

わかりますか?外来種なんかどうってこと無いじゃん!とか考えてる方々!

生物の絶滅スピードは、恐竜の時代には1年に0.001種でした。100年前で1年に1種、20年前では1年に1000種!いまや1年に4万種というほどです!

この原因が直接の環境破壊、温暖化などによる環境変化、熱帯雨林の伐採、人間による無理な捕獲、そして外来生物による生態系の撹乱です。

生物の減少は、人間の住んでいるところでは目に見えません。なぜならすでにそこに生き物は少ないから。だからこそ、もっと自然に目を向ける必要があるのです。


滋賀の皆さん、大丈夫ですか?最近琵琶湖周辺の外来生物がヒートアップしてますよ?目を向けていますか?

滋賀だけでなく、その他の地域でも必ず外来生物による弊害が起こっています。積極的に自然に目を向けてください。外来生物じゃなくても良いので。

生物が減り、多様性の減少した環境は人間も暮らすことができません。

我々の生活のためにも、もう少し自然に歩み寄りましょうね。

参考リンク
三枝先生のオオミノガヤドリバエの話
オオミノガと寄生バエ
wikipediaミノムシ

ネタ元:ミノムシに寄生するハエ、滋賀に 琵琶博で確認、数激減危ぐ 京都新聞2008/01/23
     ミノムシに寄生のハエを県内でも確認 生態系への影響懸念 中日新聞2008/01/24
2008.01.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ligustrum.blog21.fc2.com/tb.php/23-f45da11c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。