上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
どうも、復活の狼煙を上げてたぶんすぐ下げるU1です。
今の仕事で久しぶりに「アルゼンチンアリ」の単語を見かけたのでついつい記事にします。
こんなところにも外来生物の影響が!っていう感じで面白いですよ。

今私は不動産業界にいるわですが、宅建(宅地建物取引士)試験に合格すると、(一財)不動産適正取引推進機構のメルマガに登録できるんです。そこでは行政やマーケットの動き、トラブル事例の紹介やトラブル予防のための知恵・心得などが配信されています。

今日送られてきたそのメルマガのトラブル予防の知恵・心得に、アルゼンチンアリが出てきたんですよ。
内容をまるっと書き写すと何か問題が起きそうなので、概略で説明しますね。

Q:戸建て住宅で部屋の中まで侵入してくるアリ(アルゼンチンアリ)がいるけれども、その状況って住宅を売るときに説明が必要ですか?
A:アルゼンチンアリの駆除にはすごい時間と費用がかかりそうですね。買った人が事前にそれを知らされてなかった場合、訴えられる可能性もありますからちゃんと買主や仲介業者さんには説明して了解をもらっておいてくださいね。

不動産取引では「口頭で説明しましたー了承もらいましたー」では済まず、重要事項説明書に残していかなければならないような内容ですから、不動産屋さんは私の概略を鵜呑みにせず専門家に相談したり調べなおすと思いますが、アルゼンチンアリが侵入してるお宅の売却を検討している方も必ず専門家や不動産屋さんに相談してほしいと思います。
まあ概ねこんなことがあるわけですね。

つまり、アルゼンチンアリのせいで不動産取引に手間が増えた。というか、住宅内にアルゼンチンアリがいることで、ちゃんと説明しないと訴訟を起こされる可能性が増えた。ということです。
場合によってはアルゼンチンアリがいるのが嫌で住宅の売買が滞ったり、購入者が付きにくくて住宅価格が若干下がるかもしれない、なんてことがあるのです。

外来生物の意外な影響を見た気がしました。昔は生態系への影響ばかりに目が行ってましたが、経済活動へも地味~に影響を与えていたのですね...。
アルゼンチンアリの殺虫剤を作る会社はそれはそれで儲かるのかもしれませんし、研究開発費を回収できるほどではないのかもしれませんので、どの程度その業界の経済活動に影響があるかは知りませんが、住環境に近いとそういった業界(ペストコントロール的な)へも影響を与えると思います。というか実際に影響しています。

いろいろ言いましたが、業界が変わらないと見えないものもあるんだなぁということでした。
以上!
2016.11.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ligustrum.blog21.fc2.com/tb.php/242-f7cd82f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。