上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ども、ゆーになり。

久しぶりにトウネズミモチの記事を書いたと思ったらこれかい!!
みたいな記事です。

そう、タイトル通りトウネズミモチの種子・・・漢方名では女貞子と呼ばれますが、それを使って果実酒を作ろうと思い、実行しました。

トウネズミモチの研究については着々と進行中です。あと1年あるのでなんとか修士論文にはなりそうだと思います。

さすがに毎日トウネズの研究に携わっているので、ここで逐一報告するのは面倒なのです(^^;)

というわけでトウネズミモチ酒。女貞酒。
効用は滋養・強壮、白髪防止とか。

材料はコチラ↓
トウネズ酒材料

トウネズミモチ乾燥果実:200g(紙袋のやつ。電子はかりを用いたので200.00gです!スゴイ?)
ホワイトリカー:1.8リットル(35度のやつを使いましたが、25度でもいいそうです)
砂糖:50g(グラニュー糖を使うそうですが氷砂糖で代用)
容器:2リットルのものを使いましたが、ギリギリでした

容器にまず氷砂糖を投入、続いて女貞子投入。
トウネズ酒投入後


・・・。やばい、やばいぞゆーに。すでにトウネズの種子で容器が1/3ほど埋まっているッ・・・!!

いや、まぁ待て。ホワイトリカー1.8リットル、容器は2リットル。0.2リットル分の空きが埋まっただけだと思えば良いんだ!!

よし、いける!大丈夫だ!さぁ、ホワイトリカー投入!!
トウネズ酒ホワイトリカー

・・・。

・・・。

・・・。(汗)

・・・。(汗汗)

結果↓
トウネズ酒完了

ぬーん。あふれそう。

まぁ、結局ちゃんとふたも閉じれたからヨシとします!

6ヶ月間つけ込み、そのあと種子を取り出して濾します。それで熟成させれば完成!
熟成期間は6ヶ月とも1年ともいわれておりますが、早く飲みたければ種子を取り出したときには飲める状態です。

今日から約6ヶ月!11月9日に種子を取り出します!

来年の今日は良い飲み頃でしょう!!

期待して待て!!!
2008.05.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ligustrum.blog21.fc2.com/tb.php/63-6f21df52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。