上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ゆーにです。やることがたくさんあって現実逃避並みにブログの更新。

よろしくはないですけどやめられないんです・・・。

今日は久々のニュースから。チャネルキャットフィッシュです。

キャットフィッシュとはナマズのこと。アメリカでは食用とされており、日本にも食用として導入されました。通称アメリカナマズともいいます。

このチャネルキャットフィッシュは霞ヶ浦に導入され、他の場所では見られませんでしたが、今回霞ヶ浦以外でも発見されたそうです。以下記事いきまーす。

アメリカナマズ:涸沼で稚魚初確認 生態系への影響恐れ--県水産試験場 /茨城

 ◇固有種、食い荒らす例も
 特定外来生物に指定されている北米原産のチャネルキャットフィッシュ(通称・アメリカナマズ)の稚魚が、涸沼で捕獲されていたことが分かった。県水産試験場によると、涸沼での確認は初めて。汽水湖の涸沼は良質なシジミ、ハゼが生息しており、繁殖すれば生態系に影響が出る恐れがある。
 5月28日、涸沼北西の茨城町中石崎付近で、同試験場の職員が定置網にかかっていたアメリカナマズを確認した。体長約4センチで、生後1年の稚魚だという。
 アメリカナマズは71年ごろ、食用目的で輸入された。鋭いとげがあり、1メートルを超える成魚もいる。魚類、甲殻類、貝類などを食べることで知られており、大繁殖している霞ケ浦では、固有種を食い荒らしたり、魚網を破ったりする被害が出ている。
 涸沼への流入経路は不明だが、農業用水パイプを伝って涸沼の上流に霞ケ浦の水が流れ込み、その中にアメリカナマズが交ざっていた可能性が高いという。
 霞ケ浦での生態調査では、アメリカナマズの胃からテナガエビ、ハゼ、二枚貝、昆虫などが観察されている。
 涸沼の漁場への影響について、県内水面水産試験場は「水底をあさっている最中にシジミを吸い込むことはあり得る。淡水魚なので海水は苦手だが、爆発的に増える可能性はある」とみる。
 地元の漁業者約400人でつくる大涸沼漁協の桜井誠一事務局長は「アメリカナマズが捕れたという報告は聞いたことがない。固有種への影響が心配だ。注視したい」と話した。【山本将克】


まず涸沼(ひぬま)の位置確認。
涸沼

この霞ヶ浦より北東、海に近いですね。なるほど、確かに汽水域かもしれない。

チャネルキャットフィッシュは霞ヶ浦の漁業でも迷惑ものだ、と半年前くらいにTV番組「宇宙船地球号」でやってました。網を破る上にひれにトゲをもっており、手に刺さって怪我してしまうそうです。

このトゲのおかげで捕食を逃れることもできます。
食性は魚類・甲殻類・貝類・水生昆虫・小型の哺乳類等も捕食するそうで、多岐に渡っていますね。

霞ヶ浦に生息する肉食魚は多くが外来魚でしょう。日本の在来の肉食魚はナマズやウナギくらいです。ウナギくらいしかいないのかな。チャネルキャットフィッシュはそれもあって増えてきたんだと思います。

そのチャネルキャットフィッシュが霞ヶ浦を超えて現れた。ちょっと問題です。

というのも、一つの水系以外に魚が飛び出すことは基本無いんです。人が移動させない限り、水系を超えることはできません。なぜなら海に出た時点で死んでしまうから。

今回のケースは、農業用水パイプを伝って流れ込んだのでは、とされています。
そうなると、他の魚も在来外来含めて・・・というか違う水系に行った時点で全ての魚が外来魚ですが、入り込める可能性があるということですね。

つまり、人の手を介さなくても外来種問題が生じてしまうのです。
農業用水パイプは人の生活に欠かせないので、なくすことはできません。
パイプの中に魚よけみたいなのはついてなかったのでしょうかね?

どのくらいのチャネルキャットフィッシュが入り込んだかは記事に書いてありませんが、固有種の影響が心配で注視しますと言うよりも、即座に行動を起こした方がいいと思います。

パイプに魚よけの網をつけるなり、調査するなり。

ただ、生後1年の稚魚なので、網がついててもすり抜けてきた可能性もあります。
もし流入してきた稚魚量が少ないならば注視でもいいかもしれませんが、やはり何かしら対策は考えておくべきかもしれません。

外来種は予防が原則。忘れてはいけません。


引用元:毎日新聞 2008/06/04 『アメリカナマズ:涸沼で稚魚初確認 生態系への影響恐れ--県水産試験場 /茨城』
URL:http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20080604ddlk08040105000c.html
2008.06.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ligustrum.blog21.fc2.com/tb.php/72-d32ca880

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。