上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは、ゆーにです!梅雨なのに曇りばっかりでなかなか雨が降らないですねー。

いっそどばーっと降ってくれたらいいのに。そんな中、今日は晴れたし、友達の就職決定といういいニュースもあったので気分がいいです!!

それはさておき、千葉県いいですよー千葉県。外来生物対策が動いております。多分日本で一番・・・小笠原を除けば一番積極的なのかな?ニュースを見てる限り。

就職のとき千葉県も志望しようかな。

その千葉県でカミツキガメの駆除が開始されたようです!以下記事いきまーす。↓

カミツキガメ:印旛沼周辺の50カ所で駆除始まる--9月まで /千葉

 県自然保護課は8日、特定外来生物に指定されているカミツキガメの駆除作業を始めた。9月末までの予定で、印旛沼周辺の河川(総延長21キロ)で50カ所にわなを仕掛けて捕獲する。

 カミツキガメは北米から中南米に生息。成体は甲羅の長さ35~50センチ、体重約35キロにもなる。日本ではかつてペットとして人気があり、05年に輸入が禁止されるまで、数多く持ち込まれたという。生態系への影響や人への被害が懸念され、05年に環境省が特定外来生物に指定した。

 04、05年に行われた県の生息調査では、印旛沼周辺で約1000匹が生息していると推定。同課は07年度に特定外来生物の防除計画を策定し、07年7~10月に247匹を捕獲した。駆除費用として約560万円を計上している。

 捕獲したカミツキガメは2日間冷凍庫で保管した後、一般廃棄物として処理するか、大学などに研究材料として提供するという。

 現在、県が駆除に乗り出している特定外来生物はカミツキガメとアカゲザル。今後はアライグマとキョンを予定している。【中川聡子】

毎日新聞 2008年7月9日 地方版



印旛沼でカミツキガメがすごいのはこのまえニュースでやってました。

新報道プレミアAとかだったかな?実際にカミツキガメが産卵している現場を取り押さえていましたね。

特定外来生物のブラックバスやナガエツルノゲイトウもいるみたいだし、印旛沼、行かなくては!!!

そのカミツキガメの繁殖源となっている印旛沼での駆除開始です。
人が結構散歩しそうなところですから、攻撃性の高いカミツキガメは危険ですよね。

生息調査で約1000匹、というのは意外に少ないですねー。
少ないからこそ、まだ爆発的に増えているわけではないからこそ低費用で少ない期間で済みそうですね。

影響が出てない(わからない)から様子をみよう、なんていう人がいなそうで良かったと思います。
影響が出てからでは根絶なんて限りなく可能性が低くなりますから。

千葉県はカミツキガメとアカゲザル、アライグマとキョンを駆除対象にして根絶を目指していくようですが、頑張って欲しいですね!

とくに哺乳類駆除になると必ず愛護団体が出てきますから。

応援してます、千葉県!!!

他県の方々も応援してます!!頑張ってください!!

もちろん自分もがんばりまーす!!!


引用元:毎日新聞 2008/07/09 『カミツキガメ:印旛沼周辺の50カ所で駆除始まる--9月まで /千葉』
URL:http://mainichi.jp/area/chiba/news/20080709ddlk12040177000c.html
2008.07.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ligustrum.blog21.fc2.com/tb.php/83-c9539385

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。